2018年12月19日(水)

インターモールド2018~金型の未来~ 開幕いよいよ!!
注目のセミナー・シンポジウム

 国内最大の金型加工技術の展示会「インターモールド2018」が4月18日、開幕する。最大の見どころは金型づくりに関連する工作機械や工具、機器などの新製品だが、一方で注目しておきたいのが開催期間中に開かれるセミナーやシンポジウム。今回は、金型の研究者や技術者が金型産業の動向や自動車製造業の将来について語る。金型の知見を広げる絶好の機会になるに違いない。

試作・デザイン・解析&3Dプリンティングフェア 特別講演〈特別協力:オートデスク〉

『開発・製造プロセスに変革をもたらすAIおよび最新技術動向と活用事例』

3DプリンティングやAIの最新技術動向を、エアバス社のジェネレーティブデザインを活用した軽量化と製品強度を両立させた実用化事例とともに紹介する。

オートデスク 辻野氏
オートデスク 辻野氏
スピーカー:オートデスク デジタルマニュファクチャリンググループ
アジアパシフィック担当ディレクター 辻野 浩司 氏
日時:2018年4月18日(水) 13:30〜15:00
会場:インテックス大阪 国際会議ホール
定員:約350名(聴講無料、事前登録制)
※事前登録者のみの聴講となります。
※当日キャンセルがある場合、当日受付を行う場合があります。
https://www.intermold.jp/seminar/sp/3/

金属プレス加工技術展2018 特別講演

『自動車生産の最新事情と将来を探る』

世界企業への展開を進める日本の自動車製造と生産技術をプレス技術の観点から、その将来像の再考を試みる。

東京大学名誉教授 中川氏
東京大学名誉教授 中川氏
企画・総合司会:東京大学 名誉教授 工学博士 中川 威雄 氏
日時:2018年4月20日(金) 13:00〜17:00
会場:インテックス大阪 国際会議ホール
定員:約350名(聴講無料、事前登録制)

講演1『電動化と知能化が拓くインテリジェントモビリティの時代』
日産のビジョンである「ニッサン インテリジェント モビリティ」を支える”電動化・知能化“の技術の現状と課題を共有する。エネルギーソースの変化と合わせて、それらがもの造りやビジネスに与える中長期的なインパクトを多面的に論議する。
日時:2018年4月20日(金) 13:00~14:20
講師:日産自動車 久村 春芳 氏

講演2『環境保全・安全・快適さを追求する自動車を支える車体用材料とその成形技術』
地球環境対応からの駆動源の転換(エンジンから、EV、燃料電池車)、自動運転の導入など自動車は大きな変革期を迎えている軽量化、安全対策の車体の高強度化・高剛性化などを実現するためにハイテン、アルミニウム合金、CFRPなどマルチマテリアル化と車体を構成する材料は多様化している。最近の車体用材料の状況とそれらの加工技術の課題を紹介する。
日時:2018年4月20日(金) 14:30〜15:30
講師: (元)理化学研究所 工学博士 林 央 氏

講演3『注目集まるインド自動車産業の最新動向』
インド自動車産業のの変化と、今年(2018年)2月に開催されたオートエキスポの調査から得られた情報をもとにインド自動車産業の将来像を考えてみる。
日時:2018年4月20日(金) 15:40〜17:00
講師:東京大学 大学院 経済学研究科 ものづくり経営研究センター 特任研究員 伊藤 洋 氏
https://www.intermold.jp/seminar/sp/2/

金型シンポジウム

『関西の金型業界の現状と今後を検証する』

関西圏、大阪地区の抱える固有の問題点を捉まえて現状把握とそのあるべき将来像のために金型企業が取り組むべき課題は何であるかを考察する。人材確保や人材育成などの経営課題を重ね合わせ、各パネラーの立場から経験を踏まえて意見交換、提言を行う。

日時:2018年4月21日(土) 11:00〜12:30
会場:テクニカル・ワークショップ〈第1会場〉
主催:日本金型工業会・金型協会
特別協力:日本工作機械販売協会
総合司会:タイ国裾野産業連合会 顧問 前川 佳徳 氏(元型技術協会 会長)
パネラー:日本金型工業会 会長 牧野 俊清 氏
日本金型工業会 副会長 西部支部長 山中 雅仁 氏
金型協会 代表理事 永田 淳也 氏
日本工作機械販売協会 副会長 赤澤 正道 氏
定員:80名
https://www.intermold.jp/seminar/sp/12/

金型新聞 平成30年(2018年)4月16日号

[ 展示会 ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

IoT、AI 活用広がる    JIMTOF総集編

IoT、AI 活用広がる JIMTOF総集編

   11月1日から6日間、東京ビッグサイト開かれた「日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」。最新の加工技術に加え、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の活用など、ものづくりの未来を提示した。こうし […]

「メイドイン中部」を世界へ    エムエス製作所

「メイドイン中部」を世界へ エムエス製作所

  ゴム金型のエムエス製作所(愛知県清須市)をはじめ、ものづくり企業など11社がコラボレーションし、新次元のアイアンヘッド「MUQU(ムク)」を製造し発売した。中小企業が持つコア技術や伝統工芸を用いて製造されたアイアンの […]

UMモールドフェア  植田機械

UMモールドフェア 植田機械

 IoTや自動化 JIMTOFで注目集めた技術一堂   金型設備総合商社の植田機械(大阪府東大阪市、06・6743・0110)は来年1月25~26日の2日間、インテックス大阪5号館(大阪市住之江区)で工作機械総合展示会 […]

トピックス

関連サイト