2018年4月25日(水)

研削盤約60台を展示
岡本工作機械製作所 安中工場で自社展

岡本工作機械製作所 自社展
毎年にぎわう会場
 岡本工作機械製作所は8月3、4日の2日間、安中工場(群馬県安中市)でプライベートショー「OPENHOUSE2017」を開催する。今春に発売した新製品の汎用研削盤など60台以上の研削盤を展示するほか、加工実演や講演会も行う。研削周辺機器メーカーも出展するなど、研削工程全体の加工提案を披露する。

 同展は2年に1度、安中工場で開催している。今回は、高能率、複合、全自動、超精密、IoTなど全10テーマに分けて展示する。とくに注目は、今春に発売した新製品の汎用平面研削盤「PSG‐SA1」。発売以来30年以上のロングセラー機種「PSG‐DX」の後継機で、新機能を追加し、性能を向上させた。同展では、全サイズ(6種類)を展示する。

 また、加工実演では、門型研削盤による切込み量100μmの高能率研削や、全自動研削システム「MUJIN」による自動研削などを披露。講演会では、伊藤暁技術開発本部長が「研削盤の未来について」をテーマに講演する。

 そのほか、砥石やチャック、ろ過装置、ソフトなど周辺機器メーカーが約20社出展する。石井常路社長は、「今回の展示会を通じて、新たな研削加工を提案し、研削工程に革命を起こしていきたい」としている。

金型新聞 平成29年(2017年)7月4日号

[ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

INTERMOLD2018〜金型の未来〜<br>世界の加工技術一堂

INTERMOLD2018〜金型の未来〜
世界の加工技術一堂

最先端 競演378社 4月18日〜21日 インテックス大阪  4月18日(水)から21日(土)まで、大阪市住之江区のインテックス大阪で、インターモールド2018が開かれる。5軸制御マシニングセンタ(MC)やバレル工具、高 […]

CAM、CAE、機上測定の最新動向セミナー
申し込みは5月14日まで

 型技術協会は5月24日、慶応義塾大学矢上キャンパス(横浜市港北区)で「金型加工技術の最新動向―CAMから機上測定まで―」と題したセミナーを開く。  CAM、CAE、シミュレーションツールや機上測定技術の最新動向を紹介す […]

ダイカスト型を見える化
魚岸精機工業 富山大学らと共同で

付加価値向上へ  ダイカスト金型メーカーの魚岸精機工業(富山県射水市、魚岸力社長、0766・52・2222)は富山大学らと共同で、ダイカスト金型に様々なセンサを取り付け、成形条件の「見える化」を進めている。温度や冷却水の […]

トピックス

関連サイト