2018年9月25日(火)

MF – TOKYO2019 出展募集開始

最新の塑性加工が一堂

 日本鍛圧機械工業会と日刊工業新聞社は7月12日から、来年7月に東京ビッグサイトで開かれる「第6回MF‐TOKYO2019プレス・板金・フォーミング展の出展募集を開始する。早期割引申込は11月13日、最終申込は1月31日に締め切る予定。

 毎回、鍛圧機械や自動化装置、関連機器、金型など最新の塑性加工技術が紹介され、プレスや板金、フォーミング加工の技術者などが来場する。

前回展では、約3万1千人が来場した(写真)

 今回は「つながる技術、ひろがる未来」を副題とし、会期は2019年7月31日~8月3日。東京ビッグサイト西1・2ホールと現在建設中の南1・2ホールで開催し、3万2000人以上の来場者を見込む。

 お問い合せは、日刊工業新聞社「MF‐TOKYO2019」事務局=03・5644・7221もしくは日本鍛圧機械工業会=03・3432・4579。

金型新聞 平成30年(2018年)7月4日号

[ 展示会 ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

IT、汎用機、資格の取得 技能者の育成、新時代
~匠の技 機械や工具で~

 最適な金型の構造を考えたり、納期短縮やコスト削減の手法を生み出したりできる技能者の育成がこれまで以上に重要になっている。従業員の減少や分業化で金型を総合的に理解する人が減っているためだ。金型づくりで差別化できる工程が金 […]

自動化金型工場が躍動  24時間フル稼働<br>アマダツールプレシジョン

自動化金型工場が躍動 24時間フル稼働
アマダツールプレシジョン

最短3時間で出荷 アマダグループの金型工場であるアマダツールプレシジョンT876工場(岐阜県土岐市、山川雄一社長)がほぼフル稼働に入り、金型供給体制が一層強化された。  「T876工場」の命名の由来は「年間8760時間稼 […]

2018東京国際包装展  開催迫る

2018東京国際包装展 開催迫る

東京ビッグサイト 10月2日(火)~5日(金)  2018東京国際包装展(主催:日本包装技術協会、村本守弘実行委員長、03・3543・1189)が10月2日(火)~5日(金)の4日間、東京ビッグサイト・東館1~6ホールで […]

トピックス

関連サイト