機械や工具の最新情報金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

search menu

APRIL

11

新聞購読のお申込み

【特集】最新技術の使いこなし術入曽精密

超小径工具で微細加工

100㎛のサイコロを加工

100㎛のサイコロ

ワーク自動持ち替えロボ

 高い微細精密切削技術で知られる入曽精密(埼玉県入間市、04-2934-4633)。その技術力の象徴ともいえるワークの一つが世界最小で1辺の長さが100μmのサイコロ(写真)だ。

 切削の溝幅は1μmという細さ。この加工を実現したのは、自社開発した精密位置決めできるワーク自動持ち替えロボット「ORIGAMI」と、日進工具の超微細加工用ボールエンドミル「マイクロボール」だ。

 かつて300μmのサイコロを加工した際、あい路となったのが「工具径のサイズ」(齋藤清和社長)。そORIGAMIの時出会ったのが当時世界最小だったR0・03のマイクロボール。100μのサイコロでは3分の1サイズのR0・01の工具で加工した。日進工具を採用した理由について「刃先先端Rとシャンクの中心軸がぴったり合っているから。この工具が無いと実現は不可能だった」という。

 マシニング加工の第一人者と言われる齋藤社長は、切削加工で重要な技術要素を「機械の分解能と切削工具の性能だ」という。だからこそ「加工を進化させるには性能の良い小径工具が必要で、日進工具はもはや同志」と笑う。自身については「これからもずっと最高の切削加工を追求し続けたい」。

匠が選んだ工具

ボールエンドミル「マイクロボール」 −日進工具−

Rサイズ0.005から標準化

 世界で初めてRサイズ0.005から標準化を実現した超微細加工用超硬ボールエンドミル。日進工具独自のR部の形状を採用したことで、高い仕上げ面が得られる。アルミから一般鋼まで幅広い加工に適応できるのが特長だ。

金型新聞 2021年3月10日

[ 特集 ][ 金型新聞 ][ 技術・設備 ] カテゴリの関連記事

初のオンライン展である『中小ものづくり技術展』を開催中
テクノア

4月1日から7月30日まで 日本各地の中小製造業28社も出展 加工技術など紹介動画ほか、工場見学LIVEや補助金セミナーも実施  生産管理システムなどを手掛けるテクノア(岐阜県岐阜市)は同社初主催となるオンライン展示会『…

ファイバーレーザーマーカーで実演加工ゲートジャパン

ファイバーレーザーマーカーで実演加工ゲートジャパン

主な出展製品 金型部品・ファイバーレーザーマーカー・ピンゲージ。 出展ブースの見どころ 多品種・小ロット・低価格の部品加工と超低価格のレーザー加工機を展示中。 注目の出展製品 ファイバーレーザーマーカー 超低価格のレーザ…

鏡面磨きの最新技術を紹介ヤマシタワークス / 日本スピードショア

主な出展製品 エアロラップはブラスト工法を用いて、粘弾性の湿式研磨材にて異形状の金型部品を鏡面仕上げしていく装置です。切削工具・表面処理・樹脂などに対応。 出展ブースの見どころ 鏡面磨仕上げ装置エアロラップ「YT-300…

関連サイト
一般社団法人日本工作機械工業会
日本機械工具工業会
一般社団法人日本工作機器工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学測定機工業会
全国作業工具工業組合
日本精密機械工業会
日本工作機械輸入協会 jmtia