機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

search menu

JUNE

22

新聞購読のお申込み

【Breakthrough!】熱間材&コーティング
日本エリコンバルザース

高い密着性と耐摩耗性

金型用被膜 「BALINIT FORMERA」

 日本エリコンバルザースが初めて金型専用向けに開発したコーティング。近年増える過酷な金型環境に対応するため、密着性と耐摩耗性を大幅に向上させた。特にホットスタンピング(HS)のメッキ材の凝着対策から、ハイテンなど高面圧下における成形に最適だ。

 CrAI系被膜は、Cr含有量が多く、HS成形でネックとなるメッキの凝着を抑制、低減することに成功した。また、密着性を向上させ、10μmを超える厚膜処理が可能で、金型のメンテナンス性の向上・高寿命・高耐磨耗を実現した。

製品スペック

  • 被膜色:シルバーライトグレー
  • 最高硬さ:2800HV
  • 平均膜厚:6~12μm
  • 最高使用温度:900+℃
  • 摩擦係数:0.35(対スチール)

金型新聞 2021年4月10日

関連記事

金型に押し寄せるCASE

 100年に一度の変革期と言われる自動車業界。それを語るときに欠かせないキーワードが「CASE」だ。「C=コネクテッド(つながる)」、「A=オートノマス(自動運転)」、「S=シェア(共有)」、「E=エレクトリック(電動化…

【特集】どうする?金型人材の確保と育成
人材確保編

解決策はトップが動く 3S活動で清潔な職場離れた地域でも採用  「人手不足」は業種・業態を問わず、人材難が企業経営に深刻な課題として顕在化。少子高齢化や働き方の多様化など社会の変化で製造業を希望する若手が減ったとも言われ…

【特集】最新技術の使いこなし術

 工作機械や工具、ソフトウェアなど金型づくりを支えるツールの進歩はすさまじい。こうしたツールの進化によって、加工精度は飛躍的に向上した。加工速度や微細化、自動化、計測技術なども数年前とは比較にならないほど性能や機能が進化…

【特集】どうする?金型人材の確保と育成
〜あの指導が成長につながった〜

 人材育成が難しいのは、教える方法が人や状況によって、千差万別ということだけでなく、一方通行な指導や言葉だけではうまくいかないからだ。教える側と教わる側の互いが信頼を持ったうえで、コミュニケーションを深めることが重要にな…

新春特別企画 時代をリードする8人にインタビュー⑤
垣金型製作所 取締役 稲垣 武洋氏

常識にとらわれない金型 イノベーションを起こし新しい収益モデルを創る 〜新ビジネス〜  1975年生まれ、静岡県出身。98年立命館大学卒業後、富士通に入社し、システム販売などに従事。2004年稲垣金型製作所に入社、18年…

トピックス

関連サイト
一般社団法人日本工作機械工業会
日本機械工具工業会
一般社団法人日本工作機器工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学測定機工業会
全国作業工具工業組合
日本精密機械工業会
日本工作機械輸入協会 jmtia
日本金型工業会 jmtia