機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

search menu

JUNE

22

新聞購読のお申込み

【Breakthrough!】熱間材&コーティング
日本コーティングセンター

2~3倍の耐久性

ホットスタンプ向け被膜 「デラックス・ヴィーナス」

 日本コーティングセンターの「デラックス・ヴィーナス」は、ハイテン材加工(冷間プレス、ホットスタンピング)に適したPVDコーティング。PVDコーティング「ヴィーナスシリーズ」が持つ機能(硬さ、耐熱性、滑り性)を維持しながら、従来3μmに対して、10μm程度の厚膜化に成功した。

 高ハイテン材プレス試験では、従来のPVDコーティングに比べて耐久性が2~3倍に向上した。また、同社では窒化処理、DLCコーティングを組み合わせた複合処理も可能で、用途に応じた提案ができる。

製品スペック

  • 被膜色:黒灰色
  • 最高硬さ:3000~3500HV
  • 平均膜厚:10μm
  • 最高使用温度:1100℃
  • 摩擦係数:0.45(対スチール)

金型新聞 2021年4月10日

関連記事

【座談会】金型メーカー・自動車メーカーが語る
次世代自動車の登場で金型づくりはどう変わるのか
ー2030年の金型業界ー 第2部

〝知能〟と〝智能〟を区別 金型メーカーなりの自動化   前号では、「次世代自動車の登場で金型がどう変わるか―2030年の金型業界―」について、現状の課題や見通し、考え方などいろいろな意見が出された。2回目の今月号は、そう…

守りから攻めへ<br>ー本紙金型メーカーアンケートー

守りから攻めへ
ー本紙金型メーカーアンケートー

生産性向上や技術開発 守りから攻めの設備投資に転じる金型メーカーが増えている。日本工作機械工業会によると、金型メーカー向けの受注額の4―9月期累計は前年度比で4割超増加した。これまでの買い控えの反動や、補助金や減税などの…

【特集】どうする、金型人材の確保と育成
人材確保編 〜解決策はトップが動く〜

3S活動で清潔な職場離れた地域でも採用 「人手不足」は業種・業態を問わず、人材難が企業経営に深刻な課題として顕在化。少子高齢化や働き方の多様化など社会の変化で製造業を希望する若手が減ったとも言われる。これまで金型作りを支…

【検証】変わる金型基金 新たな船出2
3つの大きな課題解決へ

 日本金型工業厚生年金基金(上田勝弘理事長、以下金型基金)が今秋に制度移行を進める狙いは、現制度で抱える課題を解決するとともに、退職金の年金化など福利厚生の持続可能な制度の構築にある。以降2号にわたり、今の大きな3つの課…

【特集】どうなる、5Gで求められる金型技術 5Gが生み出す金型の新需要

スマホ、PC、自動運転、ロボット… 高速通信規格「5G」の社会実装が本格化することで、IoT機器に関連する金型の需要増が期待されている。日本情報技術産業協会(JEITA)の2019年のレポートで、18年に3.6兆円だった…

トピックス

関連サイト
一般社団法人日本工作機械工業会
日本機械工具工業会
一般社団法人日本工作機器工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学測定機工業会
全国作業工具工業組合
日本精密機械工業会
日本工作機械輸入協会 jmtia
日本金型工業会 jmtia