金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

27

新聞購読のお申込み

ファロージャパン 3次元測定器を使って金型や設備を簡単に評価〈AD〉

製造業における課題として、できあがった製品だけでなく、生産設備や型に問題がないかを確認したいという声が増えている。

今までは、製造工程の最終段階で全数検査もしくは抜き取り検査をして製品の合否を判定し、不具合が発生すれば原因を分析して該当箇所を修正するという手順だった。もし工程上流における設備や型が原因で不具合が発生した場合、下流における加工やアセンブリの工程すべての時間や材料、コストがムダになってしまう。そのため、早い段階で不具合を見つければ、不具合が発生する前に原因の特定ができ、手戻りもなく品質も向上する。

それでは、設備や型はどのようにして評価し、これが正しい、と判定できるのだろうか?ここでは、その評価の方法と、3次元測定器を使ったその他の用途について述べたい。

設備や金型の評価は、現場で簡単に
金型の品質検査、再設計、アーカイブが短時間で完了

設備や型は持ち運べない。だから測定器を現場へ

一番の問題は、設備や型は検査室へ運べないことが多く、またノギスやレイアウトマシンでの測定は困難を極めるということだ。そのため、現場で簡単に測ることができる測定機器が必要になる。

FAROのポータブル3次元測定器は、軽くて小型、三脚や定盤上にマウントして使用可能なため、設備や型のある所へ持ち運んで測定可能。例えば、重くて持ち運びができない金型にヒビや割れ、ゆがみなどの不具合がないか、摩耗や経年劣化がないかを、その場でスキャンデータを取得することで可視化することができる。

3Dスキャンデータ。設計データやマスターデータと比較しカラーマップで表示すると、凹凸やキズ、摩耗などが一目で把握できる

3Dデータで設計変更や素材変更にも柔軟に対応

また、モデルが変わって型を新しく再設計する時や摩耗により再作成する時、型の材料を軽量素材に変更する時に、古い型だと元データが存在しないことも多々ある。その場合は、型をスキャンして3Dデータを得ることで、簡単にリバースエンジニアリングが可能になる。

(上)アルミプレス品(下)3Dスキャナーでスキャンしたデータから作成したNURBSサーフェスデータ

型や部品のアーカイブや経年劣化の傾向管理

大型の金型になると、大きくて重く、保管場所の確保など管理維持に手間がかかる。もう使うことのない古い型でも、記録のために保存している場合も多いと思う。そのような場合、実物をスキャンして3Dデータにしアーカイブすることで、場所を取らずに保存することができる。そのデータを使えば、将来、設計変更や新たに型を作ることも可能となる。また、設備や型を定期的にスキャンすることで、摩耗や位置精度の変化などの経年変化を把握することができ、不具合にすぐに対処することができる。

光沢のある部品や型も、シールやスプレーなしでスキャン可能

ファロージャパンは、11月8日から東京ビッグサイトで開催される【日本国際工作機械見本市 JIMTOF2022】に出展します

設備や型の維持管理に課題をお持ちの方は、ブースにてご相談ください。実機にてデモを行いながら、貴社の課題解決につながるソリューションを提案いたします。

小間番号:東7ホール E7012
展示会情報はこちら

FAROのポータブル3次元測定器

FARO Quantum Max ScanArm

接触測定とスキャニングの両方を1台で行うことができるアーム型3次元測定器。疲れにくい設計で長時間の測定にも最適。温度補正機能により検査室だけでなく現場で測定することが可能。

<仕様>
  • 接触測定精度:最高24μm
  • 非接触測定精度:最高30μm
  • 重量:9.5 Kg~10.2 Kg (モデルによる)
  • 非接触3Dスキャナー(レーザーラインプローブ):精度とライン幅により、xR、xP、xSの3種類
  • 8軸ターンテーブル:250mm、500mmのテーブル、耐荷重100Kgまで。部品を回転させて測定/スキャンすることができるため、測定器の再設置や部品の移動が不要で効率よく作業を完了。
    <Quantum Max ScanArmカタログダウンロードはこちら>

FARO Gage Max

測定範囲1.5mまでの小型部品の測定に最適なアーム型3次元測定器。同じ部品を測定する場合は、プログラム作成により、ガイドに従って誰でも同じ測定が可能。ISO10360-12に準拠。

<仕様>

FARO Vantage Max Laser Tracker新製品

航空機部品のような大型部品の測定や機械のアライメントに最適なレーザートラッカー。オプションの新しい6Probeを使い、レーザーが届かない箇所や複雑な形状も、測定することができる。

<仕様>

FAROでは、貴社にて実機を使ったオンサイトデモ、インターネット経由でリアルタイムに質問もできるオンラインデモを受付中。ご相談はお気軽に

【お問い合わせ先】
ファロージャパン株式会社
営業部
電話:052-890-5011
メール:3dm.japan@faro.com
ウェブからのお問合せはこちら

金型新聞 2022年11月1日

関連記事

48時間超の高精度加工
三菱電機

超高精度油ワイヤ放電加工機MXシリーズ 三菱電機公式製品紹介は、こちらから 現場の課題 小形の精密電子部品やモータコアなどの中形自動車用駆動部品をはじめとした高精度金型では、長時間の安定したワイヤ放電加工が求められており…

鋳造に独自の新工法
マツダ

特集 次世代車で変わる駆動部品の金型鋳造に独自の新工法  次世代自動車の技術は電動化に限らない。注目されるのがエンジンの進化だ。燃費性能を追求する新型エンジン「スカイアクティブ」。多くの自動車メーカーが電動化に力を入れる…

中小製造業をマッチング
ファクトリーエージェント

クラウドサービスを開始  ファクトリーエージェント(東京都中央区)は、製造業マッチングクラウドサービスの提供を7月から本格開始したとオンライン発表した。  同社は、ジェイテクトの100%出資子会社・ジェイテクトFAとして…

自動で空間誤差を補正
三菱重工工作機械

金型クリアランス 調整が不要に  三菱重工工作機械が大形高精度加工機「MVR・Fx」に搭載できる「空間誤差補正システム」が注目を集めている。経年変化や環境温度変化で生じるXYZ位置の空間誤差を自動的に検知し校正するもので…

刃先交換式工具を拡充
MOLDINO

荒、仕上げ用など3製品  MOLDINO(東京都墨田区、03-6890-5101)はこのほど、刃先交換式工具シリーズから高送りラジアスミルなど3製品を発売した。製品ラインアップを拡充し、金型加工の多様なニーズに対応する。…

トピックス

関連サイト