機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

JULY

23

新聞購読のお申込み

7月の金型生産実績

前年同月比15.3%増の316億4,800万円
プレス型は30・7%増、プラ型は11・9%増
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年7月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)6・4%増の6万592組、重量は15・1%増の1万3,100㌧、金額は15・3%増の316億4、800万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量5.9%増の9、843組、重量29・9%増の7,902㌧、金額30・7%増の126億3,700万円。鍛造型は数量1・8%増の11,747組、重量0・4%減の753㌧、金額2・0%増の24億円。鋳造型は数量6・9%減の420組、重量33・8%減の341㌧、金額50・6%減の5億5、300万円。ダイカスト型は数量6・8%減の689組、重量6・6%増の1,306㌧、金額23・8%増の35億8,700万円。
プラスチック型は数量9・1%増の3、115組、重量0・8%増の2,507㌧、金額11・9%増の111億3,200万円。ガラス型は数量18.1%増の1万9,116組、重量2.3%増の134㌧、金額1・5%減の2億6、300万円。ゴム型は数量15.5%減の612組、重量16.7%減の110㌧、金額17.1%減の5億1,600万円。粉末冶金型は数量8.4%減の5,050組、重量2・1%減の46㌧、金額0・9%減の4億5,6,000万円。

内製型は14.5%増の91億100万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比3.7%減の7,116組、金額は前年同月比14.5%増の91億100万円となった。
プレス型=数量2、403組(同2.2%減)、金額32億9,600万円(24.4%増)。鍛造型=2,762組(3.7%減)、金額10億4,800万円(27.6%減)。鋳造型=数量42組(27・6%減)、金額1億1,500万円(82.1%減)。ダイカスト型=数量157組(27.6%増)、金額11億2,100万円(48・3%増)。
プラスチック型=数量587組(14.4%増)、金額32億7、900万円(28.0%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量67組(32・3%減)、金額1億8、200万円(19.8%減)。粉末冶金型=数量1,098組(13.7%減)、金額5,900万円(19.2%減)。

金型新聞 平成26年(2014年)10月20日号

関連記事

汎用機で技能伝承

汎用機で技能伝承

若手に金型づくりの基礎 NC操作、発想力育む  金型メーカーで汎用機を社員教育に活用する動きが広がっている。黒田精工では汎用機を設備した研修施設を新設。昭和精工やチバダイスでも汎用機をベースとした人材育成に力を入れている…

12月の金型生産実績

12月の金型生産実績

前年同月比5.5%増の277億6、200万円 プレス型は10・1%増、プラ型は2・3%減   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成25年12月の金型生産実績をまとめた。それ…

特集 : 金型づくりを変える6大テーマ

 次世代自動車による自動産業の変革や、少子高齢化による人手不足など金型産業を取り巻く環境は大きく変化し、新型コロナウイルスの感染拡大によって、そのスピードはさらに加速している。一方で、金型づくりを支える製造技術も進化を遂…

【国内金型メーカーアンケート】「足元の業況と未来を拓く次の一手」<br>6割がリーマン超え

【国内金型メーカーアンケート】「足元の業況と未来を拓く次の一手」
6割がリーマン超え

課題はさらなる顧客開拓  金型新聞はこのほど、国内の金型メーカー112社に「足元の業況と未来を拓く次の一手」についてアンケート調査を実施した。その結果、60%を超す会社が、自動車業界の好調などを背景に、好調だったリーマン…

2013年 金型メーカーの工作機械設備投資

広がる設備強化 国内17%増、海外23%増  国内外の金型メーカーは昨2013年、日本製工作機械を約510億円設備投資した。1台当りの工作機械を仮に2000万円とすると、2550台の投資をしたことになる。目的は、金型生産…

トピックス

関連サイト