金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

16

新聞購読のお申込み

9月の金型生産実績

前年同月比7.0%増の345億5,500万円
プレス型は6.3%減、プラ型は19.2%増
金型生産金額
金型生産数量

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年9月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)0.3%減の5万6,701組、重量は9.3%減の1万3,378㌧、金額は7.0%増の345億5,500万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量1.9%減の12,004組、重量27.3%減の7,255㌧、金額6.3%減の133億8,700万円。鍛造型は数量5.5%減の11,955組、重量4.2%増の776㌧、金額2.0%減の24億8,200万円。鋳造型は数量3.3%増の464組、重量0.6%増の328㌧、金額10.4%増の5億7,900万円。ダイカスト型は数量12.5%増の746組、重量50.6%増の1,908㌧、金額12.7%増の46億
9,700万円。
プラスチック型は数量19.1%増の3,497組、重量29.7%増の2,785㌧、金額19.2%増の115億4,200円。ガラス型は数量0.7%増の2万156組、重量13.2%増の129㌧、金額7.2%増の2億5,200万円。ゴム型は数量93.3%増の1,247組、重量33.0%増の149㌧、金額61.9%増の8億5,500万円。粉末冶金型は数量8.7%減の6,632組、重量19.0%減の50㌧、金額7.7%減の6億5,600万円。

内製型は12.1%増の97億2,900万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比9.0%増の8,511組、金額は前年同月比12.1%増の97億2,900万円となった。
プレス型=数量3,615組(同14.0%増)、金額41億円(24.5%増)。鍛造型=2,703組(3.4%増)、金額11億500万円(1.2%減)。鋳造型=数量42組(3.4%増)、金額1億8,900万円(21.2%増)、ダイカスト型=数量178組(1.7%増)、金額15億9,900万円(42.9%増)。
プラスチック型=数量603組(1.0%増)、金額24億1,000万円(12.3%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量216組(191.1%増)、金額2億6,100万円(44.2%増)。粉末冶金型=数量1,154組(3.9%増)、金額6,600万円(11.9%増)。

金型新聞 平成27年(2015年)12月10日号

関連記事

本紙アンケート×統計データで読み解く金型の現況<br>金型メーカー業績回復

本紙アンケート×統計データで読み解く金型の現況
金型メーカー業績回復

需要戻り、社数減少  金型業界に激震が走ったリーマン・ショック(2008年)から約8年半経ち、金型メーカーの業績が回復している。自動車や半導体向けの需要が回復した一方で社数が減り、勝ち残った会社に仕事が集まっている。ただ…

2013年10月金型生産(数量、重量、金額)データ

12月の金型生産実績

12月の金型生産実績

前年同月比 4.2%増の326億5,700万円 プレス型は13.6%増、プラ型は3.0%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年12月の金型生産実績をまとめた。それに…

ネットワーク化進む  金型関連企業

ネットワーク化進む 金型関連企業

「力」合わせる時 技術交流、共同受注 技術力を誇る日本の金型メーカーが、連携・組織化なりチーム・ネットワーク化を始めている。何れも好調な滑り出しで、20人以下の事業所が89%(2012年工業統計)を占める業界に新たな事業…

工業統計から読む 日本の金型の競争力

 かつて世界一の生産額を誇り、“金型大国”と呼ばれていた日本の金型産業。ピーク時には、年間で2兆円近い金型を日本で生産していた。しかし2000年以降、自動車や電機といったセットメーカーの相次ぐ海外移転による国内需要の減少…

関連サイト