金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

21

新聞購読のお申込み

7月の金型生産実績

前年同月比 1.8%減の311億7,400万円

プレス型は16.7%減、プラ型は18.4%増

金型暦年実績(10年の推移)

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年7月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)16.6%増の5万4,002組、重量は13.4%減の1万1,192㌧、金額は1.8%減の311億7,400万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量2.4%減の9,398組、重量28.9%減の5,206㌧、金額16.7%減の99億5,200万円。鍛造型は数量20.2%減の9,578組、重量4.1%減の751㌧、金額7.1%減の24億4,000万円。鋳造型は数量0.2%減の433組、重量5.4%増の311㌧、金額7.1%減の6億7,600万円。ダイカスト型は数量1.2%増の794組、重量9.6%減の1,608㌧、金額6.6%減の39億6,900万円。

プラスチック型は数量10.0%増の3,210組、重量23.5%増の3,024㌧、金額18.4%増の126億3,100円。ガラス型は数量66.8%増の2万4,083組、重量3.5%増の118㌧、金額0.8%減の2億3,600万円。ゴム型は数量6.0%増の1,337組、重量10.7%減の133㌧、金額10.9%減の7億4,200万円。粉末冶金型は数量6.6%増の5,169組、重量5.4%増の39㌧、金額12.8%増の5億2,800万円。

内製型は14.9%増の97億3,300万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比6.7%減の6,764組、金額は前年同月比14.9%増の97億3,300万円となった。

プレス型=数量2,145組(同9.6%減)、金額34億1,700万円(18.9%増)。鍛造型=2,728組(3.1%減)、金額11億8,500万円(7.1%増)。鋳造型=数量57組(50.0%増)、金額1億4,900万円(23.9%減)。ダイカスト型=数量186組(24.0%増)、金額12億9,100万円(7.1%増)。

プラスチック型=数量563組(2.6%増)、金額33億8,000万円(25.9%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量247組(3.4%増)、金額2億7,300万円(8.3%増)。粉末冶金型=数量838組(20.8%減)、金額3,800万円(25.5%減)。

金型新聞 平成28年(2016年)10月10日号

関連記事

前年同月比 6.9%減の312億円
9月金型生産実績

プレス型は15.0%増、プラ型は8.7%減  2020年9月の金型生産は、前年同月比6.9%減の312億円と減少したが、3カ月ぶりに300億円台となった。前月比では30.9%の増加。数量は前年同月比15.0%増の4万5,…

8月の金型生産実績

8月の金型生産実績

前年同月比14.2%増の273億400万円 プレス型は19・4%増、プラ型は15・8%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年8月の金型生産実績をまとめた。それによる…

金型メーカーアンケート 値上げ進むも道半ば【特集:どうする値上げ】

材料費や電気代の高騰が続き値上げが不可避の中、金型メーカーのユーザーへの価格転嫁は進んでいるのか。本紙はその実態を調べるため、金型メーカーにアンケートを実施した。結果から、値上げが受け入れられるようになりつつあるものの道…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比 0.4%減の345億3,500万円 プレス型は4.4%増、プラ型は6.3%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

金型業界の経営トップアンケート 事業戦略に関する調査

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが「5類」へと移行し、社会・経済活動が活発化しつつある中、資源高、電気料金の値上げなどによって、製造業は依然として厳しい状況下にある。中でも金型業界は、取引条件の課題や価格競争など…

関連サイト