2020年7月16日(木)

2018年1月の金型生産実績

前年同月比 14.4%減の283億5,800万円

プレス型が23.0%減、ダイカスト型は10.1%増

 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2018年1月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)16.0%減の3万7,166組、重量では11.9%減の1万1,055㌧、金額は14.4%減の283億5,800万円となった。

 型別の生産実績は次のとおり

 プレス型は数量22.9%減7,352組、重量21.6%減の5,650㌧、金額23.0%減の101億1,000万円。鍛造型は数量1.1%増の8,403組、重量18.9%増の923㌧、金額8.7%増の26億7,200万円。鋳造型は数量3.5%減の356組、重量25.2%増の273㌧、金額2.0%増の6億700万円。ダイカスト型は数量2.0%減の712組、重量25.4%増の1,770㌧、金額10.1%増の40億5,900万円。

 プラスチック型は数量26.6%減の2,465組、重量17.3%減の2,189㌧、金額17.8%減の95億3,300万円。ガラス型は数12.7%減の1万2,100組、重量0.9%減の108㌧、金額3.6%減の1億8,900万円。ゴム型は数量2.4%増の1,120組、重量14.4%減の107㌧、金額6.3%減の7億1,300万円。粉末冶金型は数量33.4%減の4,658組、重量30.0%減の35㌧、金額32.2%減の4億7,400万円。
 

内製型は43.2%減63億7,700万円

 自家使用分(内製型)は数量が前年同月比11.4%減の5,885組、金額は前年同月比43.2%減の63億7,700万円となった。

 プレス型=数量1,798組(同24.2%減)、金額15億8,000万円(同64.6%減)。鍛造型=2,500組(同2.5%減)、金額14億4,000万円(同12.7%増)。鋳造型=数量39組(同9.3%減)、金額1億2,500万円(同16.7%減)。ダイカスト型=数量157組(同11.8%減)、金額13億4,600万円(9.9%減)。

 プラスチック型=数量470組(37.5%減)、金額16億800万円(54.4%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量190組(同13.6%減)、金額2億4,500万円(同14.9%減)。粉末冶金型=数量831組(22.4%増)、金額3,400万円(同10.5%減)。

[ 統計データ(金型新聞) ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

情報動画サイトを開設<br>ナガセインテグレックス

情報動画サイトを開設
ナガセインテグレックス

 ナガセインテグレックスは、研削加工で知っておくと得する耳寄りな情報を紹介する動画サイトを、同社ホームページ上に7月1日から立ち上げた。  今回は、「耳寄りお役立ち情報 その1」として、砥石の動バランスを自動測定するバラ […]

展示会サイトを開設<br>三菱重工工作機械

展示会サイトを開設
三菱重工工作機械

 三菱重工工作機械は、小型から大型まで様々な金型加工をサポートする同社の加工機や技術をオンラインで提案する「INTERMOLD2020 ONLINE」サイト(クリックで移動)を7月1日から同社ホームページ上に開設した。 […]

特集〜世界の需要どう取り込む〜
金型のサムライ世界で挑む –欧州–

 新天地を求めて、世界に進出していった日本の金型メーカーは、何を考え、どんな苦労や課題を乗り越えて、取り組みを進めてきたのか。また、さらなる成長に向け、どんな青写真を描いているのか。中国、タイ、メキシコ、アメリカ、欧州そ […]

トピックス

関連サイト