金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

28

新聞購読のお申込み

2018年1月の金型生産実績

前年同月比 14.4%減の283億5,800万円

プレス型が23.0%減、ダイカスト型は10.1%増

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2018年1月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)16.0%減の3万7,166組、重量では11.9%減の1万1,055㌧、金額は14.4%減の283億5,800万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量22.9%減7,352組、重量21.6%減の5,650㌧、金額23.0%減の101億1,000万円。鍛造型は数量1.1%増の8,403組、重量18.9%増の923㌧、金額8.7%増の26億7,200万円。鋳造型は数量3.5%減の356組、重量25.2%増の273㌧、金額2.0%増の6億700万円。ダイカスト型は数量2.0%減の712組、重量25.4%増の1,770㌧、金額10.1%増の40億5,900万円。

プラスチック型は数量26.6%減の2,465組、重量17.3%減の2,189㌧、金額17.8%減の95億3,300万円。ガラス型は数12.7%減の1万2,100組、重量0.9%減の108㌧、金額3.6%減の1億8,900万円。ゴム型は数量2.4%増の1,120組、重量14.4%減の107㌧、金額6.3%減の7億1,300万円。粉末冶金型は数量33.4%減の4,658組、重量30.0%減の35㌧、金額32.2%減の4億7,400万円。

内製型は43.2%減63億7,700万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比11.4%減の5,885組、金額は前年同月比43.2%減の63億7,700万円となった。

プレス型=数量1,798組(同24.2%減)、金額15億8,000万円(同64.6%減)。鍛造型=2,500組(同2.5%減)、金額14億4,000万円(同12.7%増)。鋳造型=数量39組(同9.3%減)、金額1億2,500万円(同16.7%減)。ダイカスト型=数量157組(同11.8%減)、金額13億4,600万円(9.9%減)。

プラスチック型=数量470組(37.5%減)、金額16億800万円(54.4%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量190組(同13.6%減)、金額2億4,500万円(同14.9%減)。粉末冶金型=数量831組(22.4%増)、金額3,400万円(同10.5%減)。

関連記事

8月の金型生産実績

8月の金型生産実績

前年同月比 5.8%増の305億6,600万円 プレス型は2.6%増、プラ型は17.5%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年7月の金型生産実績をまとめた。それによ…

金型6月生産実績 前年同月比16.7%増の264億1900万円

プレス用金型は3.3%減、プラ用金型は14.5%増  2022年6月の金型生産は、前年同月比2.6%増の290億6,500万円となった。前月比でも10.0%増と大きく増えた。数量は前年同月比5.8%減、、前月比でも9.4…

2023年10月金型生産実績 前年同月比2.0%増の278億円

プレス用金型は7.4%増、 プラ用金型は9.7%減 2023年10月の金型生産は、前年同月比2.0%増の278億円と9カ月ぶりに前年を上回った。前月比では13.3%の増。数量は前年同月比2.8%減、前月比では18.4%の…

2023年4月金型生産実績 前年同月比 7.5%減の258億6,700万円

プレス用金型は8.3%減、プラ用金型は8.0%減 2023年4月の金型生産は、前年同月比7.5%減の258億6,700万円、前月比では23.6%の大幅増となった。前月比の大幅減は、3月期末の駆け込み需要の影響とみられる。…

2022年の鍛圧機械受注見通し 3840億円に上方修正

日本鍛圧機械工業会(北野司会長、アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2022年の鍛圧機械受注額が前年比15.8%増の3840億円になると発表した。当初予想から440億円上方修正した。国内外ともにEV(電気自動車)関連…

関連サイト