2019年5月25日(土)

2018年1月の金型生産実績

前年同月比 14.4%減の283億5,800万円

プレス型が23.0%減、ダイカスト型は10.1%増

 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2018年1月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)16.0%減の3万7,166組、重量では11.9%減の1万1,055㌧、金額は14.4%減の283億5,800万円となった。

 型別の生産実績は次のとおり

 プレス型は数量22.9%減7,352組、重量21.6%減の5,650㌧、金額23.0%減の101億1,000万円。鍛造型は数量1.1%増の8,403組、重量18.9%増の923㌧、金額8.7%増の26億7,200万円。鋳造型は数量3.5%減の356組、重量25.2%増の273㌧、金額2.0%増の6億700万円。ダイカスト型は数量2.0%減の712組、重量25.4%増の1,770㌧、金額10.1%増の40億5,900万円。

 プラスチック型は数量26.6%減の2,465組、重量17.3%減の2,189㌧、金額17.8%減の95億3,300万円。ガラス型は数12.7%減の1万2,100組、重量0.9%減の108㌧、金額3.6%減の1億8,900万円。ゴム型は数量2.4%増の1,120組、重量14.4%減の107㌧、金額6.3%減の7億1,300万円。粉末冶金型は数量33.4%減の4,658組、重量30.0%減の35㌧、金額32.2%減の4億7,400万円。
 

内製型は43.2%減63億7,700万円

 自家使用分(内製型)は数量が前年同月比11.4%減の5,885組、金額は前年同月比43.2%減の63億7,700万円となった。

 プレス型=数量1,798組(同24.2%減)、金額15億8,000万円(同64.6%減)。鍛造型=2,500組(同2.5%減)、金額14億4,000万円(同12.7%増)。鋳造型=数量39組(同9.3%減)、金額1億2,500万円(同16.7%減)。ダイカスト型=数量157組(同11.8%減)、金額13億4,600万円(9.9%減)。

 プラスチック型=数量470組(37.5%減)、金額16億800万円(54.4%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量190組(同13.6%減)、金額2億4,500万円(同14.9%減)。粉末冶金型=数量831組(22.4%増)、金額3,400万円(同10.5%減)。

[ 統計データ(金型新聞) ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

金型づくりを変える 注目の技術<br>インターモールド 2019 総集編

金型づくりを変える 注目の技術
インターモールド 2019 総集編

 4月19〜22日、東京ビッグサイト青海展示棟で開催された国内最大の金型加工技術展「インターモールド2019」。注目を集めたのは、自動化や3Dプリンティング、IoTやAIなどより進化した次世代の技術だ。かつては夢物語だっ […]

造形の歪み1/10に
ソディック

金属3Dプリンタ新工法  ソディックはこのほど、金属3Dプリンタの造形後のワークの歪みを10分の1に抑える新技術「SRT工法」を開発した。これにより、樹脂型などで多く使われるステンレス系の素材での造形も可能になるなど、金 […]

ウェブ受付を開始
ミツトヨ

測定工具の校正、修理  ミツトヨ(川崎市高津区、044・813・8201)はこのほど、測定工具の校正や検査、修理引き取りサービスのウェブ受付を開始した。同社ホームページからアクセス可能。受付時の煩雑な手続きや手戻りを減ら […]

トピックス

関連サイト