金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

日本M&Aセンター 愛知、岐阜で11月30日~12月2日セミナー 金型業界での成長戦略を考える

日本M&Aセンター(東京都千代田区、03-5220-5454)は11月30日~12月2日の3日間、愛知県と岐阜県の東海地区で製造業経営者を対象としたM&A(合併・買収)セミナーを開催する。参加費は無料。

テーマは「東海地方の金型・成型業界における成長戦略セミナー」。金型・成型業界を取り巻く事業環境の変化に対する成長戦略の紹介と、M&Aを実行した企業の体験談を紹介する。

講師は日本M&Aセンターダイレクトマーケティング部の前島拓弥氏と香山勇輝氏。M&A体験談では、愛知県蒲郡市にあるプラスチック射出成形メーカーのミスギ工業で代表取締役を務め、大阪府のシステムエンジニアリング会社に株式譲渡を実行した杉浦晃浩氏(現日本M&Aセンター顧問)が、M&Aを実行していく中での思いや背景などを語る。

日程や会場は次の通り。▽11月30日:AP名古屋(名古屋市中村区)▽12月1日:産業振興センター(愛知県刈谷市)▽12月2日:じゅうろくプラザ(岐阜県岐阜市)。開催時間はいずれも13~15時。定員は各30人。申し込みはこちらから。参加申し込みは各開催日の前日まで。

金型新聞 2022年11月10日

関連記事

大分県で金型のプロが技術指導、保全技能レベルの底上げを図る

大分県で操業する自動車部品メーカーの技術者が金型の保全技術を学ぶ「金型保全技術者育成講座」。熟練のノウハウを持つ金型のプロが実践さながらの保全技術を指導する。大分県ではいまも県内で金型保全を補完できる環境が整っていない。…

日本金型工業会西部支部 ウェブセミナーを開催

M&A、中小企業生き残り戦略 日本金型工業会西部支部(山中雅仁支部長・ヤマナカゴーキン社長)は2月18日、オンラインセミナーを開き、「M&Aとは何か~中小企業の生き残り戦略としての活用法~」をテーマに、池…

型青会 日本ツクリダスの工場を見学

多品種少量の部品や金型、紙とシステムで効率化 日本金型工業会西部支部の若手会員でつくる型青会(清水一蔵会長・福井精機工業社長)は6月16日、アナログとデジタル技術によって多品種小ロットの金属部品や金型部品を効率良く生産す…

岐阜県金型工業組合 工業高校生金型コンテスト、県内の10校が参加

人材の定着を促進  岐阜県内の工業高校生を対象にした第3回工業高校生金型コンテストが12月8日、岐阜県立国際たくみアカデミー(岐阜県美濃加茂市)で開かれ、県内10校、関係者も含め約90人が参加した。 可児工業と高山工業が…

工作機械受注8月 金型向けが約3倍増

補助金が下支え 金型向け工作機械受注が好調だ。日本工作機械工業会が発表した2021年8月の金型向け国内受注額は前年同月比約3.3倍の33億300万円となった。「事業再構築補助金」などの補助金が需要を下支えした。 金型向け…

関連サイト