機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

23

新聞購読のお申込み

がんばれ!日本の金型産業特集
東郷 東 成生 社長

ナノ金型に挑む
地下工場で徹底した温度管理
★桜島_R

ICリードフレーム(L/F)やモータコアなどの精密プレス金型を手掛ける東郷の本社工場は鹿児島市の市街地から少し離れた小高い山の山頂部にある。この工場そのものが、精密にこだわる同社の金型づくりの象徴だ。山頂部を切り取るようにしてある4つの工場の大半は地下にある。桜島からの火山灰の影響をシャットアウトできる2重ドア構造で、徹底的に管理された室温環境の中で金型が生み出されている。

作る金型はもちろん高精度での超精密な金型ばかり。写真にある桜島を模したワークは厚さ80μmのリン青銅で、溝幅50μm、ピッチは0.1㎜の超微細ワークだ。L/F金型では最狭インナーリード先端ピッチ0.14㎜加工技術を確立。研削加工でも面粗さ0.2S以下を実現している。

高精度ばかりではない。短納期も強みだ。ICL/F用金型であれば約3週間。コネクタ金型であれば仕様確定後であれば2週間で納品できる体制を整えている。

ここまでしてもニーズに応える金型づくりに終わりはない。全面地下にあるメーン工場の温度は23度±0.8度以内に管理。それでも東成社長は「まだ甘い。機械で発生する熱を全て外に出すようにして、±0.3度に抑える」と更なる上を目指す。その先に見据えるのは「ナノ金型」だ。「現在実用的なナノレベルの金型はない。測定もできてお客に評価してもらえる、そのレベルの金型を作りたい」と次世代の金型づくりに挑む。

挑戦の歴史が人を育てる
★東郷P1_R

環境が人を育てると言われる。東郷では「挑戦」し続ける環境が育成につながっている。不思議にも同社は約10年ごとに挑戦してきた歴史がある。1985年、ものづくり基盤の少ない鹿児島で、社長自らフライス盤一つで会社を興したことも挑戦だ。当時「金型重量=価格」(東社長)だった時代に、半導体向けの微細金型に挑み、高付加価値路線に舵を切った。

10年後の96年。「顧客の精度要求に応える」ために、地下工場を建設。ICL/Fの金型に参入したのもの同時期だ。それも挑戦する同社らしい。既存顧客の半導体ユーザーの海外進出が決まり、「仕事がなくなる崖っぷちの状況」のなか、「お金はいらないから検証して欲しい」と独自の手法で作った金型を持ち込み、受注につなげた。05年には「自動車向けの仕事がしたい」と願いを叶えるべく、モータコアの金型に着手。そして2015年。ナノレベル金型に挑戦し、量産も本格化させる予定で、「他にも挑戦を考えている」(東社長)と言う。

たゆまぬ挑戦を重ねることで人も育ってきている。13年にタイに拠点設立したこともあって、最近は若い社員から「次はアメリカ進出だ」と言う意見も聞こえてくるそう。そんな声を聞いて東社長は「9割以上思った時点で夢は叶う」と嬉しそうに話す。人材やものづくりの基盤が揃った今「これからが楽しみ」と話す東社長。今後は会社のモットーとして掲げる「一流の世界企業を目指す」ことに挑み続ける。


会社メモ
★東社長_R

代表者=東 成生社長
資本金=9000万円
売上高=約12億円
創業=1985年
従業員数=70人
本社工場=鹿児島県鹿児島市川田町2194
電話=099・298・8050
FAX=099・298・7942
主な業務内容=精密プレス金型の設計製造。
設備機械=マシニングセンタ「AZ150」(ソディック)など3台、ジグボーラー「YBM850V」(安田工業)1台、型彫り放電加工機「AP1L」(ソディック)など3台、ワイヤ放電加工機「AP650L」など14台、平面研削盤「SGC94」(ナガセインテグレックス)など7台、成型研削盤「SHSD-80」(ナガセインテグレックス)など9台、トライプレス「MXM-80」(山田ドビー)など7台、CAD「NeoSolid」(C&Gシステムズ)など10台など。
会社方針=「挑戦・誠意・創意工夫」


金型新聞 平成28年(2016年)1月10日号

関連記事

【金型応援隊】ワンテラス 豊富な人材ネットワークで日本のものづくりに貢献

ベトナム人技術者の採用支援 ワンテラスは、ベトナムを中心にアジア人の機械加工、設計に特化した人材の採用支援を行う。昨年度は、168人のベトナム人らの日本企業への採用をサポートした。 高い実績を誇る理由は豊富な人材のネット…

第5回プレス・板金・フォーミング展 MF–Tokyo 2017<br>今回の見どころは?

第5回プレス・板金・フォーミング展 MF–Tokyo 2017
今回の見どころは?

ハイテン、CFRPの加工技術 IoTや計測機器も 塑性加工に関する最新技術が一堂に集まる「MF-Tokyo 2017第5回プレス・板金・フォーミング展」が7月12日から15日まで、東京ビッグサイトで開かれる。主催は日本鍛…

ヴェロソフトウェア WORKNCの新版

異形工具に対応  ヘキサゴングループ(スウェーデン)のヴェロソフトウェア(東京都港区、03-5777-2945)はこのほど、CAMシステム「WORKNC」の最新版を発売した。異形工具のツールパス計算サポートや仕上げ加工パ…

武林製作所、角谷工場長が「なにわの名工」

武林製作所、角谷工場長が「なにわの名工」

卓越した仕上げの技能  ▲「なにわの名工」に選ばれた角谷工場長  歯ブラシのプラスチック金型メーカー、武林製作所(大阪府八尾市、072・998・1207)に、金型の耐久性や成形の品質を高める、仕上げの技能を持つ人がいる。…

テクノア 初のオンライン展『中小ものづくり技術展』を開催中

4月1日から7月30日まで 日本各地の中小製造業28社も出展 加工技術など紹介動画ほか、工場見学LIVEや補助金セミナーも実施  生産管理システムなどを手掛けるテクノア(岐阜県岐阜市)は同社初主催となるオンライン展示会『…

トピックス

関連サイト