金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

19

新聞購読のお申込み

がんばれ!日本の金型産業特集
東郷 東 成生 社長

ナノ金型に挑む
地下工場で徹底した温度管理
★桜島_R

ICリードフレーム(L/F)やモータコアなどの精密プレス金型を手掛ける東郷の本社工場は鹿児島市の市街地から少し離れた小高い山の山頂部にある。この工場そのものが、精密にこだわる同社の金型づくりの象徴だ。山頂部を切り取るようにしてある4つの工場の大半は地下にある。桜島からの火山灰の影響をシャットアウトできる2重ドア構造で、徹底的に管理された室温環境の中で金型が生み出されている。

作る金型はもちろん高精度での超精密な金型ばかり。写真にある桜島を模したワークは厚さ80μmのリン青銅で、溝幅50μm、ピッチは0.1㎜の超微細ワークだ。L/F金型では最狭インナーリード先端ピッチ0.14㎜加工技術を確立。研削加工でも面粗さ0.2S以下を実現している。

高精度ばかりではない。短納期も強みだ。ICL/F用金型であれば約3週間。コネクタ金型であれば仕様確定後であれば2週間で納品できる体制を整えている。

ここまでしてもニーズに応える金型づくりに終わりはない。全面地下にあるメーン工場の温度は23度±0.8度以内に管理。それでも東成社長は「まだ甘い。機械で発生する熱を全て外に出すようにして、±0.3度に抑える」と更なる上を目指す。その先に見据えるのは「ナノ金型」だ。「現在実用的なナノレベルの金型はない。測定もできてお客に評価してもらえる、そのレベルの金型を作りたい」と次世代の金型づくりに挑む。

挑戦の歴史が人を育てる
★東郷P1_R

環境が人を育てると言われる。東郷では「挑戦」し続ける環境が育成につながっている。不思議にも同社は約10年ごとに挑戦してきた歴史がある。1985年、ものづくり基盤の少ない鹿児島で、社長自らフライス盤一つで会社を興したことも挑戦だ。当時「金型重量=価格」(東社長)だった時代に、半導体向けの微細金型に挑み、高付加価値路線に舵を切った。

10年後の96年。「顧客の精度要求に応える」ために、地下工場を建設。ICL/Fの金型に参入したのもの同時期だ。それも挑戦する同社らしい。既存顧客の半導体ユーザーの海外進出が決まり、「仕事がなくなる崖っぷちの状況」のなか、「お金はいらないから検証して欲しい」と独自の手法で作った金型を持ち込み、受注につなげた。05年には「自動車向けの仕事がしたい」と願いを叶えるべく、モータコアの金型に着手。そして2015年。ナノレベル金型に挑戦し、量産も本格化させる予定で、「他にも挑戦を考えている」(東社長)と言う。

たゆまぬ挑戦を重ねることで人も育ってきている。13年にタイに拠点設立したこともあって、最近は若い社員から「次はアメリカ進出だ」と言う意見も聞こえてくるそう。そんな声を聞いて東社長は「9割以上思った時点で夢は叶う」と嬉しそうに話す。人材やものづくりの基盤が揃った今「これからが楽しみ」と話す東社長。今後は会社のモットーとして掲げる「一流の世界企業を目指す」ことに挑み続ける。


会社メモ
★東社長_R

代表者=東 成生社長
資本金=9000万円
売上高=約12億円
創業=1985年
従業員数=70人
本社工場=鹿児島県鹿児島市川田町2194
電話=099・298・8050
FAX=099・298・7942
主な業務内容=精密プレス金型の設計製造。
設備機械=マシニングセンタ「AZ150」(ソディック)など3台、ジグボーラー「YBM850V」(安田工業)1台、型彫り放電加工機「AP1L」(ソディック)など3台、ワイヤ放電加工機「AP650L」など14台、平面研削盤「SGC94」(ナガセインテグレックス)など7台、成型研削盤「SHSD-80」(ナガセインテグレックス)など9台、トライプレス「MXM-80」(山田ドビー)など7台、CAD「NeoSolid」(C&Gシステムズ)など10台など。
会社方針=「挑戦・誠意・創意工夫」


金型新聞 平成28年(2016年)1月10日号

関連記事

【検証】変わる金型基金 新たな船出<br>解散後、新制度に移行

【検証】変わる金型基金 新たな船出
解散後、新制度に移行

 今年11月をめどにいったん解散し、新制度への移行を進める日本金型工業厚生年金基金(上田勝弘会長)。なぜ制度移行なのか。加入者にどんな影響があるのか。基金の存在意義や、制度移行を連載企画で検証する。1回目は年金制度の仕組…

「大型レーザーや自動化に注力し、生産性向上、現場改善を提案する」 木元武一氏(ALPHA LASER JAPAN取締役COO)【この人に聞く】

独・アルファレーザー社は1994年に設立されたレーザーシステムメーカー。世界で初めて移動式レーザー溶接機を開発し、肉盛溶接現場に革新をもたらしてきた。近年では高出力モデルの開発や、3Dプリンタ事業などにも注力する。日本市…

ウェブ上で実機デモ
テクノコート

金型の肉盛溶接機  テクノコート(静岡県藤枝市、054-646-1721)はこのほど、ウェブ上で実機によるデモンストレーションが見られるサービス「ライブ実演デモ」を開始した。  対応機種は、ファイバーレーザー肉盛・溶接装…

「新規事業に挑戦、やってみなければ分からない」藤井精工社長・藤井福吉氏

会社の未来を考え新規事業に挑戦やってみなければ分からない 金型メーカーに生産計画はありません。受注産業で顧客次第ですから。「来月どうしようか」。これを毎月のように繰り返しています。当社も創業から46年間、同じように事業を…

日本金型工業会会長・小出悟氏 挑む金型新時代

次代を担う人財作り 金型マスターが道開く 平成31年の新年を迎えるにあたり、会員の皆様を始め関連官公庁、関連団体の皆々様に謹んで新春のお喜びを申し上げます。 日本の経済はリーマンショック後10年を過ごし、それ以前の水準に…

関連サイト