金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

26

新聞購読のお申込み

冷間圧造工具の一大生産拠点
三豊機工(愛知県春日井市)

64チタンねじ金型を製品化
国内製造の利点生かす
鹿児島工場
鹿児島工場

 冷間圧造工具で高いシェアを誇る三豊機工(舟橋佳孝社長、本社・愛知県春日井市)の生産拠点、鹿児島工場は、今年度も工作機械など最先端機械・装置の設備投資を継続し、技術革新に磨きを掛けている。「海外で生産するのでなく国内で生産することで最大の利点を生かす」(舟橋社長)ことがその背景にある。約2万㎡の広大な敷地にあるA~I棟まで9棟の工場(約8500㎡)では、高精度金型の生産と新製品開発が着々と進められていた。

 鹿児島工場(鹿児島県南九州市川辺町)は、鹿児島県薩摩半島の中央部に面した盆地にある。1991年に操業し、2009年4月に本社と鹿児島に分散していた冷間圧造工具の生産拠点を鹿児島に集約し、一貫生産体制を整えた。
 工場の他には、グループ会社が経営する薩摩黒豚や名古屋コーチンの飼育、さらには約450ヤード打ちっぱなしの天然芝のゴルフグランドなどがある。一口で言い表せば壮大で優雅で実益を伴ったところに工場がある。

②最新鋭の工作機械が並ぶ

 冷間圧造工具は、鋼材の切断から切削加工、熱処理、研削加工、型彫り・ワイヤ放電加工、5軸マシニングセンタ加工を経て、ラップ、表面処理し、最後に寸法・形状を検査し出荷する。
 設備機械は、標準品のように見えても特殊仕様に改造されているものが多く、舟橋社長が特に拘る工程は「焼入れ」。同社はサイズごとに炉を使い分け、最適処理を施している。焼入れのムラ、バラつき、硬さ不足、変形を一切嫌うためで、焼入れ後に全数硬度検査をする。
 500台を超す設備機械・装置も目を見張らせる。頭の先から最終工程まで、全て内製で行っているところは類を見ない。日本の高精度工作機械のショールームと思わせるほど。

温間圧造した64チタンのねじ

 同社は過去、バブル崩壊、リーマンショックによる受注激減(Max70%減)の時も、売上高の10%の設備充実を図ってきた。舟橋社長曰く「10年前に比べ、現在の最新鋭工作機械の能力は3割向上、精度も高く、古い機械を3台入れ替えれば、4台分の仕事をしてくれるものもある」からで、金型は「良い時も悪い時も工場能力のレベルアップ」に欠かせないとしている。
 また、同社は「拡大より充実」に力を入れる。日本国内で製造することで、最適な設備機械の入手と優秀な人財を確保することができる。特に、「鹿児島という立地は、人財確保の上でも大規模企業が多い他府県に比べて優位」とは舟橋社長。人と設備が充実すれば、品質が向上し、納期も短縮できることが鹿児島進出の決め手になった。その結果、受注が増え、売上げ拡大にもつながった。
 昨年の売上高は約35億円。うち特殊品の受注が増えている。「標準品ではいくら品質が良く長寿命で、コストパフォーマンスが高くても、価格競争にさらされる」(舟橋社長)ためで、数年前から特殊品に注力している。
 また、ここ最近特に取り組んでいるのが64チタンのねじ成形用金型。テスト用にホットフォーマーを導入し、部品メーカーの引き合いを増やしている。舟橋社長は、「こういう圧造用金型が欲しい。難しい型だが三豊機工に相談してみよう・・・という文化を定着させたい」(舟橋社長)と、違いが分かるメーカーを目指している。

金型新聞 平成27年(2015年)10月20日号

関連記事

【INTERMOLD・金型展・金属プレス加工技術展 総集編】
金属プレス加工技術展

新素地、軽量化に対応 海外でのサポート力も  自動車業界がCASEによって大変革期にある中、金型メーカーだけでなく、プレス部品メーカーも大きな変革に迫られている。こうした中で、20数社が出展した金属プレス加工技術展では、…

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比 9.0%増の309億5,200万円 プレス型は23.9%増、プラ型は4.9%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年4月の金型生産実績をまとめた。それ…

【新社長に聞く】アカマツフォーシス  稲波 孝 社長

【新社長に聞く】アカマツフォーシス 稲波 孝 社長

技術提案力磨き、生産効率高める 信頼されるパートナーに いなみ・たかし1968年生まれ、大阪府四条畷市出身。86年太成高校(現太成学院大学高校)卒、赤松合金工具に入社。2006年営業技術部長、19年総括本部長、20年12…

―成形をゆく― <br>藤川金属工業(大阪市西成区)

―成形をゆく―
藤川金属工業(大阪市西成区)

アルミインパクトプレス加工 車載用高精度品を強化  「インパクトプレス成形」という工法を藤川金属工業(大阪市西成区、藤川浩史社長)ではじめて知った。自動車パーツ部品などの機能部品を平板から金型1型で三次元形状品に絞る順送…

電動車で変わるプレス機械のニーズ 高精度、大型化が加速する[プレス加工技術最前線]

高張力鋼板(ハイテン材)の増加や、自動車の電動化で必要となるプレス部品の精密化などにより、プレス金型は高度化している。金型はプレス機の精度や剛性に倣ってしまうため、これまで以上に金型とプレス機の両方の知見が重要になってい…

トピックス

関連サイト