金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

DECEMBER

04

新聞購読のお申込み

2月の金型生産実績

前年同月比11.9%増の278億7、200万円
プレス型は14・5%増、プラ型は20・0%増
2014年2月金型生産金額の推移
2014年2月金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年2月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)0・4%減の5万6,591組、重量16・1%増の1万1,623㌧、金額11・9%増の278億7千2百万円となった。
型別の生産実績は次のとおり
プレス型は数量3.2%減の8、888組、重量21・5%増の6,835㌧、金額14・5%増の108億7,900万円。鍛造型は数量11・6%増の11,746組、重量28・8%増の809㌧、金額18・8%増の24億1,000万円。鋳造型は数量28・9%減の385組、重量14・3%増の360㌧、金額1・6%減の7億1、800万円。ダイカスト型は数量2・7%減の677組、重量8・2%減の1,101㌧、金額20・0%減の29億7,600万円。
プラスチック型は数量0・4%減の2、667組、重量14・4%増の2,243㌧、金額20・0%増の96億3,800万円。ガラス型は数量5.3%減の2万26,323組、重量2.2%減の135㌧、金額11・6%減の2億6、600万円。ゴム型は数量15.7%減の547組、重量6.2%減の91㌧、金額13.7%減の4億3,400万円。粉末冶金型は数量12.0%増の5,718組、重量11・6%増の48㌧、金額10・6%増の5億5,200万円。

内製型は15.2%増の69億5,900万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比5.3%増の6,856組、金額は前年同月比15.2%増の69億5,900万円となった。
プレス型=数量2、195組(同1.7%減)、金額21億9,100万円(3.9%増)。鍛造型=2,592組(12.7%増)、金額10億1,500万円(14.8%増)。鋳造型=数量54組(10・0%減)、金額3億1,800万円(171.8%増)。ダイカスト型=数量126組(11.3%増)、金額8億9,900万円(2・5%減)。
プラスチック型=数量462組(5.3%減)、金額23億600万円(28.3%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量72組(1・4%増)、金額1億6,300万円(7.2%増)。粉末冶金型=数量1,353組(8.8%増)、金額6,700万円(15.5%増)。

金型新聞 平成26年(2014年)5月14日号

関連記事

2022年の鍛圧機械受注見通し 3840億円に上方修正

日本鍛圧機械工業会(北野司会長、アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2022年の鍛圧機械受注額が前年比15.8%増の3840億円になると発表した。当初予想から440億円上方修正した。国内外ともにEV(電気自動車)関連…

特集 : 金型づくりを変える6大テーマ

 次世代自動車による自動産業の変革や、少子高齢化による人手不足など金型産業を取り巻く環境は大きく変化し、新型コロナウイルスの感染拡大によって、そのスピードはさらに加速している。一方で、金型づくりを支える製造技術も進化を遂…

【金型生産実績】2020年6月 5.2%増の314億3,900万円

表の見方 型種別生産の数量、重量、金額と前年同期比増減率(%)を記しています。内製は合計の内数です。2011~2019年は1年、2019年6月~2020年6月は1カ月の値です。 プレス型は16.7%増、プラ型は18.0%…

5月の金型生産実績

5月の金型生産実績

前年同月比 14.5%増の329億7,900万円 プレス型は25%増、鋳造型は40%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年5月の金型生産実績をまとめた。それによ…

重要度増す測定機器

重要度増す測定機器

職人技から計測へ 金型メーカーが測定機器の設備を充実させている。製品形状の高度化が一段と高まり、複雑・多様・緻密化され、加えて新商品導入の短縮と海外生産の比重が高くなるユーザーニーズに応えることが発端になっている。リーマ…

関連サイト