機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

JULY

23

新聞購読のお申込み

4月の金型生産実績

前年同月比5.4%増の283億1,300万円
プレス型は6・0%減、プラ型は2・6%増
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年4月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)10・8%増の5万9,584組、重量は5・6%減の1万579㌧、金額は5・4%増の283億1、300万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量3・6%増の9,428組、重量22・5%減の5,068㌧、金額5・9%減の93億4、800万円。鍛造型は数量9・1%減の10,261組、重量3・2%増の732㌧、金額2・1%増の24億2,900万円。鋳造型は数量6・5%増の427組、重量7・5%減の283㌧、金額1・4%減の5億8,200万円。ダイカスト型は数量15・2%増の728組、重量65・0%増の1,683㌧、金額52・0%増の39億7,800万円。

プラスチック型は数量7・3%増の3、245組、重量5・8%増の2,511㌧、金額2・6%増の103億6,700万円。ガラス型は数量22.9%増の2万8、871組、重量3.4%減の115㌧、金額9・1%減の2億2,900万円。ゴム型は数量119.1%増の1,308組、重量51・6%増の147㌧、金額82.2%増の8億4,900万円。粉末冶金型は数量1.7%増の5,316組、重量6・8%減の41㌧、金額2・1%増の5億3,100万円。

内製型は16.8%増の63億3,500万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比9.1%増の6,258組、金額は前年同月比16.8%増の63億3、500万円となった。
プレス型=数量1、910組(同26.2%増)、金額13億5,800万円(32.9%増)。鍛造型=2,517組(4.1%増)、金額10億600万円(3.6%増)。鋳造型=数量56組(30・2%増)、金額1億9、400(78.0%増、ダイカスト型数量139組(16.8%増)金額10億3、500万円(59.2%増)
プラスチック型=数量552組(5.8%増)、金額24億円(0.3%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量237組(22.9%増)、金額3億300万円(50%増)。粉末冶金型=数量847組(17.0%減)、金額3,900万円(36.1%減)。

金型新聞 平成27年(2015年)7月2日号

関連記事

金型が国内回帰

金型が国内回帰

高付加価値の型を求めて  金型の国内回帰を実感している金型メーカーが増加している。日本金型工業会のアンケートによると、昨年10―12月期に「海外から戻ってきた金型を作った、もしくは作ったことがある」と回答した企業が、4―…

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比 9.0%増の309億5,200万円 プレス型は23.9%増、プラ型は4.9%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年4月の金型生産実績をまとめた。それ…

1月の金型生産実績

1月の金型生産実績

前年同月比8.9%増の288億7,800万円 プレス型は1・3%減、プラ型は15・9%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年1月の金型生産実績をまとめた。それによる…

2017年11月の金型生産実績

2017年11月の金型生産実績

前年同月比 5.2%減の329億6,300万円 鍛造型が2.0%増、ダイカスト型は4.3%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年11月の金型生産実績をまとめた。…

金型に押し寄せるCASE

 100年に一度の変革期と言われる自動車業界。それを語るときに欠かせないキーワードが「CASE」だ。「C=コネクテッド(つながる)」、「A=オートノマス(自動運転)」、「S=シェア(共有)」、「E=エレクトリック(電動化…

トピックス

関連サイト