金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

28

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】前年同月比 16.6%減の302億9,100万円

プレス型は45.1%減、プラ型は5.5%減

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2021年10月の金型生産は、前年同月比16.6%増の302億9,100万円となった。前月比では3.3%減。数量は前年同月比10.5%減で、前月比でも5.5%減の3万7,233組、重量は前年同月比37.3%の大幅増、前月比ではほぼ横ばいの1万2,594トンとなった。

プレス用金型の金額は前年同月比では45.1%増と大きく増えたが、前月比では0.9%増とほぼ横ばいの136億5,400万円だった。数量は前年同月比で3.4%減と微減で、重量ベースでは同74.8%増と大幅に増加した。

プラスチック用金型は、金額では前年同月比5.5%減、前月比では5.9%減の97億4,300万円だった。数量は前年同月比11.5%減(前月比では1.8%の減少)、重量は同19.7%減(前月比では16.4%の減)と減少した。

鍛造用金型は、前年同月比で8.0%増の16億8,300万円と5か月連続で前年を上回った。前月比では3.3%の減少だった。鋳造用金型は、前年同月比19.7%の減少となり5億3,400万円。前月比でも12.5%減と大きく減った。ゴム用金型は前年同月比7.0%増の6億5,900万円。ダイカスト用金型は前年同月比21.1%増の33億4,700万円。粉末冶金用金型は前年同月比14.6%増の4億5,400万円、ガラス用金型は同16.5%減の2億1,700万円となった。金型生産は金額、数量、重量とも型種によって変動はあるものの、概ね堅調に推移している。

金型新聞 2022年1月10日

関連記事

つながる、運ぶ、測る
広がる金型づくりのスマート化

 新しい技術を活用して製造プロセスを効率化する、金型づくりのスマート化が広まっている。IoT(モノのインターネット)技術で機械の稼働状況を監視・分析したり、様々なサービスを提供したり、無人搬送車(AGV・AIV)でワーク…

12月の金型生産実績

12月の金型生産実績

前年同月比5.5%増の277億6、200万円 プレス型は10・1%増、プラ型は2・3%減   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成25年12月の金型生産実績をまとめた。それ…

前年同月比16.2減の276億2,500万円
7月金型生産実績

表の見方 : 型種別生産の数量、重量、金額と前年同期比増減率(%)を記しています。内製は合計の内数です。2011~2019年は1年、2019年7月~2020年7月は1カ月の値です。 プレス型は5.5%減、プラ型は8.5%…

ー測定機器ー<br>精度・スピードが進化、活用領域が拡大

ー測定機器ー
精度・スピードが進化、活用領域が拡大

付加価値生み差別化  金型メーカーのなかで、測定を重視する動きが広がっている。かつては「生産に貢献しないもの」とされてきた測定だが、測定技術の進歩によって品質の安定化や、生産性の向上など活用の領域が広がりつつあるからだ。…

待ちから攻めへ

待ちから攻めへ

方向見極め、変化し攻める  昨年は補助金や投資減税などアベノミクスによる諸施策が奏功し、まだら模様ながら日本の製造業を明るいものにした。円安で輸出型の大手企業を中心に業績急回復。金型業界にもその影響は波及しつつあり、複数…

関連サイト