金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

20

新聞購読のお申込み

名古屋精密金型 植物由来の樹脂でタンブラー製作

自動車用ヘッドランプなどプラスチック金型を手掛ける名古屋精密金型(愛知県知多郡東浦町、0562・84・7600)は昨年、渡邊祐子氏が社長に就任し、金型メーカーの新たな可能性に挑戦。地元である東浦町の特産品であるぶどうを原料とする環境配慮型プラスチック(植物由来の樹脂)でオリジナルタンブラーを製作。摘果ぶどうを活用した商品作りで地域創生やSDGsを念頭に、『100年後も地域に貢献しながら金型を作り続ける』企業を目指す。

100年後も地元で金型作る

「当社は創業50周年を迎える。今後は地域貢献やSDGsに取り組み、100年後も地元で金型を作り続ける企業を目指したい」と渡邊社長は抱負を語る。同社は1975年に名古屋市で創業し、九州事業部(熊本工場・宮崎工場)、ベトナム工場を展開。金型設計や大物加工から微細加工まで幅広い加工技術、職人技の鏡面磨きを得意とし、培った金型技術でユーザーの課題を解決してきた。

同社が新たに着目したのが地域密着とSDGs。東浦町はぶどうの名産地だが、巨峰は間引き剪定するのが通例で、取り除いたぶどうは廃棄される。渡邊社長は「プラスチック業界も同じく、マイクロプラスチックなど環境や廃棄に課題を抱えており、東浦町から相談されたのがきっかけ」と語る。

そこで渡邊社長は補助金を活用し、摘果ぶどうを原料とする樹脂の開発に着手。研究開発用の金型を製作し、多方面からアドバイスを受けながら改良を重ね、オリジナルタンブラーを製作。本体はぶどう色で、ほのかな香りも漂う。渡邊社長は「ぶどう農家や自治体とも話し、地域のブランディングにつながる商品に育てたい」と意気込む。これまでなかったSNS発信やSDGsの展示会にも出展し、「自社商品の金型を持つ成形メーカーなど同じ志を持つ異業種交流も深まった」と、成形メーカーの倉庫に眠っていた金型をDIYで再活用するなどSDGsの輪を広げている。

変化したのが社員たちだ。渡邊社長は「実はプロジェクトチームはない」という。その理由を「プロジェクトだと関われる人が限定される。SDGs宣言通り、誰ひとり取り残さないことを掲げた」と説明。プロジェクトでなくても製造現場や女性社員たちが協力し合い、自主的に商品展示や広報活動を展開。九州事業部も地域に根差した取り組みを始めるなど社内に新しい波が起き始めている。「100年後も企業を存続させるには地元への貢献が前提」。地域に愛される企業をテーマに、ぶどうだけでなく、米や焼酎粕が原料のタンブラーにも挑戦。今後はバイオマス含有率の向上や耐熱性強化など研究を進め、日用品として商品化を図る。

金型新聞 2024年2月10日

関連記事

エムディー精密 「高精度」「精密加工」を追求し、さらなる高難度加工に挑む

車載用コネクタやモータコアなどのプレス加工品の金型から試作、量産までを手掛けるエムディー精密(茨城県高萩市、0293-23-8255)。創業以来、「高精度」「精密加工」を追求し、加工技術力を高めてきた。2018年からは積…

ササヤマ 機械加工棟を稼働し、効率化とDXを推進

自動車部品などのプレス金型を手掛けるササヤマ(鳥取県鳥取市、0858・85・3380)は、本社工場に増築した機械加工棟を稼働した。3次元レーザー加工機など新たに設備を導入したほか古海工場を集約。生産体制を改善し、金型の製…

DMG森精機 EVで金型向け受注が好調

DMG森精機 EVで金型向け受注が好調

 DMG森精機は2020年度通期決算で、売上高3283億円(前年比32.4%減)、営業利益107億円(同71.4%減)と発表した。コロナ禍で受注環境が悪化したものの、デジタルツインショールームやオンライン展、オンラインセ…

電極工程の自動化で9割のコスト削減に成功 キャノンモールド【特集:利益を生むDX】

DXの本質は利益を生み出すことにある。以降では、DXによって「売上げを上げて利益を生み出す」方法と「コストを下げて利益を生み出す」企業のそれぞれの取り組みを取材した。 電極の測定プログラム自動作成 精密プラスチック金型を…

キヤノンモールド 誰でも簡単に見積もりできる仕組み作り 【特集:営業ってどうする?】

AI機能搭載の図面検索システムを導入 精密プラスチック金型を手掛けるキヤノンモールドは、キヤノン生産技術部門と共同で開発したAI機能搭載の「類似図面検索システム」を2022年に導入。これを活用し、誰でも簡単に見積もり算出…

関連サイト