金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

キヤノンモールド 誰でも簡単に見積もりできる仕組み作り 【特集:営業ってどうする?】

AI機能搭載の図面検索システムを導入

精密プラスチック金型を手掛けるキヤノンモールドは、キヤノン生産技術部門と共同で開発したAI機能搭載の「類似図面検索システム」を2022年に導入。これを活用し、誰でも簡単に見積もり算出できる仕組み作りを進めている。

営業担当は見積もりを依頼された際、顧客からもらった製品図を同システムにアップロード。独自のアルゴリズム(計算手法)を活用することで、過去に手掛けた類似図面を瞬時に出力できる。図面に紐づいた材料費や工数、原価などの情報を基に、経験の浅い営業担当者でも素早く、精度の高い見積もりが可能だ。

見積もりを依頼された際、過去に手掛けた類似図面を瞬時に出力

同社はこれまで1万種類以上の金型を手掛けており、類似の図面を探すのは一苦労。「ベテラン社員でも図面検索に45分位かかるケースがあった。システム導入後は、最短90秒で欲しい図面を出力できるようになり、見積もりにかかる時間を大きく削減できた」(営業統括センター竹江聡所長)。

これに加え、自動で出力された類似図面に対し合否判定を実施。AIが学習を重ねることで、検索精度を向上していく。また、見積もり件数がデータとして残るため、これを基に自社の景況感を正確に分析することもできる。

これまで1万種類以上の精密プラスチック金型を手掛けている

間接業務削減し営業に専念

取り組みの狙いは見積もりなどの間接業務を削減し、営業にかける時間を増やすことだ。「本来の営業の仕事は顧客の悩みを聞き、課題解決に導く提案をすることだと思う。間接業務の仕事を効率化し、顧客との接点をもっと増やさなければならない」(竹江所長)。

事業を継続する上で必要な情報を残すことも目的の一つ。「昔の図面情報は、ベテラン社員の頭の中に残っている。しかし、このような社員がいなくなれば、過去に見積もりした金型の情報などが分からなくなる。事業継続するために必要なデータを会社として残さなければならないと考えた」(竹江所長)。

本社・友部事業所

システムを導入してから、日が浅いこともあり、改善点も少なくない。「業種や型種、キーワードなどさまざまな検索方法があるため、使いこなすにはテクニックが必要だ。このシステムに慣れていない人は使いづらいという意見もある」(竹江所長)。

同社では、勉強会を定期的に開催することで、システムの活用を定着させていく考えだ。「普及させるには、若手営業担当が率先して使いこなす必要がある。将来的には、システムを使う必要性が低いベテラン社員の利用率も上げたい」(竹江所長)。

今後について竹江所長は「同システムは現状2Dの図面のみ対応可能。今年中には、3Dの図面に対応したシステムを追加し、使い勝手を向上させていく」と話した。

会社概要

  • 本社:茨城県笠間市柏井812-2
  • 代表者:斎藤憲久社長
  • 設立:1972年
  • 従業員:499人
  • 事業内容:精密プラスチック金型の設計・製作。

金型新聞 2024年5月10日

関連記事

【特集】ダイカスト金型<br>アルミ使用量増加 構造部品など採用進む

【特集】ダイカスト金型
アルミ使用量増加 構造部品など採用進む

 北米のアルミニウム協会などの調査によると、自動車の1台当たりのアルミ使用量は軽量化のために増えていくという。プレスや押し出しもあり、アルミ=ダイカストと限らないが、アルミの動向はダイカスト型にとって影響は少なくない。で…

【特集】金型メーカー新春座談会(第1部) 5氏が語る〜地平拓く人材〜

【特集】金型メーカー新春座談会(第1部) 5氏が語る〜地平拓く人材〜

経営支える中核人材を  金型メーカーを取材すると必ずと言っていいほど話題になるのが人材育成の苦労や確保の難しさ。少子高齢化に伴う人材不足に加え、金型づくりで求められる人材像が変わってきていることも大きな理由だ。そこで、今…

関東製作所 渡邉社長インタビュー 【特集:営業ってどうする?】

デジタルマーケティングで見込客を獲得 近年は国内の金型市場が縮小しており、いかに新規開拓を行うかが大きな課題となっており、効率良く営業活動を展開するための仕組みやシステムの構築も求められる。年間の新規引き合い件数500件…

杉山電機システム ミス検出やカス上がり検出【金型応援隊】

杉山電機システムは、プレス加工時の異常を検出し機械を自動停止させるミス検出器やカス上がり検出器の専門メーカー。基板(電子回路)からプログラム作成など自社で設計・製作する一貫生産体制を構築し、顧客ニーズに一早く応えている。…

TOWA 22年3月期、売上・利益、過去最高へ

半導体向け需要拡大続く TOWAの2021年3月期連結決算は売上高297億円(前期比17.6%増)、営業利益33億8800万円(同5.5倍増)で増収増益となった。 新型コロナウイルスの世界的な流行で厳しい状況が続いたが、…

関連サイト