金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

SEPTEMBER

24

新聞購読のお申込み

SAT eラーニングにベトナム語字幕版

技術・現場系資格の教材やeラーニングコンテンツの作成・販売を手がけるSAT(大阪府吹田市、06・6310・1666)はこのほど、日本で働くベトナム人に向けて「高圧・特別圧電気取扱者特別教育」と「動力プレスの金型等に係る特別教育」のベトナム語字幕対応版を開講した。

これまで専門的・技術的な事項に関する日本語の理解力が十分でない外国人労働者には、通訳を付けて受講させる必要があった。

同社では講座内の専門用語に字幕をつけることで、通訳なしで外国人労働者が特別教育を受けられるようにした。今年の1月からベトナム語字幕対応を行ってきており、2022年の3月までに全ての講座の対応を終える予定。

2020年の日本の外国人労働者は約142万人。その中で最も多いのがベトナム人で、今後もベトナム人を中心とした外国人労働者の増加が予想される。一方で、日本語が分からないために不当な扱いを受ける外国人労働者も少なくない。「当社では、教育という観点から労働者の安全を守り、待遇を改善していく。今後は、より広い外国人労働者の方に対応できるよう、英語やネパール語にも対応していく予定」(二見哲史社長)。

金型新聞 2021年12月10日

関連記事

大垣商工会議所 金型人材の育成口座を開催

8~9月で 大垣商工会議所は会員向けに、金型に関する業務の従事者、または今後金型事業を計画している事業所の若手社員を対象とする「金型人材育成講座」を8月から9月にかけて実施する。講座は座学(オンラインでの録画配信)と実技…

大阪産業創 MGNETの武田社長が講演

「無形デザイン」で企業価値向上 大阪産業創造館は4月12日、大阪産業創造館(大阪市中央区)でマーケティングセミナーを開く。新潟県燕市の金型メーカー武田金型製作所の子会社・MGNETの武田修美社長が、「無形デザイン」による…

三条市立大学 共和工業が10億円寄付し、開学

製造業の中核人材を育成  今年4月、技術とマネジメント教育を中心に、製造業に必要な中核的人材を育てること目的とした、三条市立大学(新潟県三条市、アハメド・シャハリアル学長)が開学した。地元のプラスチック金型メーカー、共和…

群馬積層造形プラットフォーム 金属積層造形の普及推進

日本ミシュランタイヤ(東京都新宿区)と群馬県内の自動車部品メーカーなどの企業を中心に今夏設立した「群馬積層造形プラットフォーム」が活動を開始した。 金属積層造形(AM)技術の基礎知識を学ぶ初級教育プログラムを実施。今後は…

関連サイト