金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

26

新聞購読のお申込み

がんばれ!日本の金型産業特集
中辻金型工業 戸屋 加代 総括部長

頂いた依頼は断らない
DSC01578_R
試作品で金型技術を披露

「お客様が作りたいということを実現するのが仕事」と同社の戸屋総括部長は言う。
1974年創業した当時はプレス金型製造していた。そこから時代の流れに合わせ、プレス金型から板金プレス(多品種小ロットから量産まで)、厚板0.1~12mm、メンテナンス、溶接から機械加工まで、金属加工に関するあらゆる困り事、顧客ニーズに対応する企業を目指してきた。同社は10年ほど前からITの活用に着目。ホームページを見てもらえれば分かるが、「顧客の困り事」の事例や目指している方向性を記載し、閲覧した人がどんな企業なのかが分かるように工夫。フェイスブック、ブログも掲げ、従来の顧客から飛び込みの顧客も対応。
「依頼を断らない」の中には常に技術向上したいという同社の固い決意を感じる。製品デザインにも取り組んだ。「金型屋は依頼されたモノを作ることはできても、機能性や思考を設計するのは苦手」と戸屋総括部長。デザイン商品の製作に取り組んだことで、課題も浮かび上がる。
「金型屋がやらないことをやってみよう」。ホームページ上では分かりにくい金型技術を見える化するため、技術を披露できる試作品の研究を始めた。戸屋総括部長は「自転車操業で10数年やってきた。今やっと土俵に上がった感じ。金型技術で私たちができることをやっていこうと思う。将来はその技術を活かして多くの人、企業と一緒にモノづくりをやっていきたい」。

10361027_801960959837327_6413313800675155731_n_R
自社のものづくりを知ってもらいたい

同社を取材すると“ものづくりが好き”と感じる。
同社の工場には日本の高度成長期を支えてきたプレス機械、ランプなどの設備があり、今でも大活躍中だ。「このプレス機でないと加工できない製品もある」と戸屋総括部長。モノを大切にするところも日本の企業だ。中辻儀治社長も根っからの職人だという。工場内でこんなものがあったら便利と思われるものは自分で作ってしまう。この現場、雰囲気をいかに一般の人にも認知してらえるかが問われている。金型屋とはどんな仕事なのか、それが何なのか分からないという特殊性もあり、金型を知っている人は稀だ。
同社は今年多くの人に知ってもらおうと、企業個人問わずモノづくりに興味を持つ人を対象に金型作りを体験できるワークショップを開く予定だ。キーホルダー作りを通じて、金型の組立からプレス成型までを体験することで、自社のモノづくりを知ってもらおうという取り組みだ。
「会社を引っ張っているのは30代、40代」。ベテランといえる職人は社長を含め2人。柔軟な発想で全社員が新しいことにチャレンジしている。同社の社員教育はこれだ。現場責任者の了解を得られれば、各工程を自分で工夫して取り組むことが認められている。「創意工夫がなければ、楽しくない」と試行錯誤しながら仕事をする姿勢を重要視している。現場に入ると、挨拶から始まり、職人さんから笑みがこぼれる。


DSC01562_R
会社メモ

代表者=中辻 儀治氏
設立=1974年
資本金=1000万円
所在地=東大阪市長田西4-1-16(管理工場)
東大阪市長田西6-1-23(生産工場)
TEL:06・6746・0056
FAX:06・6746・0039
ホームページ:http://www.nkk-24.co.jp/
ブログ、フェイスブックなど多数。
従業員数:13人
主な設備:マシニングセンタ(大阪機工、ヤマザキマザック)、ワイヤー放電加工機(西部電機)、平面研削盤(岡本工作機械製作所)、プレス(アイダ、ワシノなど)、測定機(ファロージャパン)、ダイヘンロボット溶接機、パナソニックロボットCO2溶接機、CAD/CAM(アンドール、C&Gシステムズ、ヴェロジャパン)など。
経営指針:日本一、「人を笑顔にする金型屋」にします。


金型新聞 平成27年(2015年)2月10日号

関連記事

前澤金型と福井県工業技術センターは金属AMを活用してどんな金型を開発したのか

金型や部品の造形で金属AMを活用する際、必ず指摘されるのがコスト。装置の価格はもとより、粉末材料が高価なことに加え、設計や解析などに多くの工数が発生するため、どうしても製造コストは高くなる。一方で、高い冷却効果による生産…

アマダマシナリー 新型プロファイル研削盤

デジタルプロジェクター搭載 自動で計測や補正が可能 アマダマシナリーはデジタルプロジェクターを搭載したプロファイル研削盤「DPG‐150」の販売を始める。自動計測や補正機能を持ち、経験の浅い技術者も高精度な加工ができる…

高硬度材を切削<金型向けの工具、続々>

高硬度材を切削<金型向けの工具、続々>

新たな被膜や刃形 高硬度材を加工できる金型向けの切削工具の種類が豊富になっている。切削工具メーカーが昨年から、新たな被膜や刃形の高硬度材用の工具を相次いで発売。焼き入れ鋼をはじめ、超硬合金を直彫りできる工具も登場している…

IoT、AI 活用広がる    JIMTOF総集編

IoT、AI 活用広がる JIMTOF総集編

11月1日から6日間、東京ビッグサイト開かれた「日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」。最新の加工技術に加え、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の活用など、ものづくりの未来を提示した。こうした最新…

5月の金型生産実績

5月の金型生産実績

前年同月比 14.5%増の329億7,900万円 プレス型は25%増、鋳造型は40%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年5月の金型生産実績をまとめた。それによ…

トピックス

関連サイト