金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

海外人材の採用と育成の心得 佐藤 修一氏(東栄精工 社長)【この人に聞く】

人手不足や採用難で悩む金型メーカーは多い。対応策として海外人材や女性など多様な人材活用の重要性が指摘されている。しかし、そうした人材を生かすには職場の環境や社員の意識を変えるなど簡単ではない。プラスチック金型メーカーの東栄精工(川崎市高津区、044・811・7030)は従業員5人と小規模ながら、ベトナム人技術者を採用して社内の活性化につなげている。「次はミャンマーの方を採用してもっと多様性のある職場にしたい」と話す、佐藤修一社長に海外人材の活用のコツを聞いた。

海外人材を「戦力」として評価

東栄精工 社長 佐藤 修一 (さとう・しゅういち)氏
1994年、家業である東栄精工に入社。96年一旦同社を離れ、11年間プラスチック金型メーカーに勤務し、超精密金型づくりに従事。2007年東栄精工復帰。19年社長。47歳、神奈川県出身。

海外人材の採用のきっかけは。

当社に限らないと思うが、中小企業では日本人にかかわらず採用は難しい。また、採用しても「これから」って時に退職してしまうケースが続いていた。そんなとき、ユーザーの成形メーカーでベトナム人技術者が戦力として頑張っている姿を見たことに加え、海外人材採用支援のワンテラス(東京都千代田区)とつながりができたことがきっかけだ。

採用に不安は。

コロナ禍で「現状維持では何も変わらない」と痛感していたので、不安より危機感のほうが強かったと思う。何より、ウェブ面談したベトナム人は現地の工科大を卒業するなど優秀な人材が多かった。また「日本で働きたい」と強く望む人や、バイタリティのある人材が多かったので、「採用してみよう」と思うことができた。

採用に当たり心がけたことは。

まず、前提として単なる労働力としてではなく、将来を担う「戦力」として採用した。だから、徹底して技術も教えるし、やったらやった分だけ、正当な評価と報酬を渡すように心掛けた。

あとは、寄り添うこと。単純に自らに置き換えて想像してみたら理解できると思う。「一人で海外に行き、言葉が通じない中で働く」ことがどれだけ不安なことか。なので、従業員を交えた食事会や、様々な行事に誘うなど、寄り添うことを意識した。

言葉の問題は。

ワンテラスで日本入国前に、教育はしてくれていたが、完璧ではない。しかし、今は翻訳アプリもあるし、さほど問題は感じない。きちんと情報共有できれば、十分に意思疎通は図れる。うまく伝わらないのは伝える側にも問題がある。確認を復唱してもらうなどの工夫が必要だ。

海外人材の採用の影響は。

向上心があって覇気のある人が一人でもいると社内の雰囲気は変わる。また、ほかの従業員も良い意味で初心を思い出させてもらうなど、社内でも刺激になっている。人手不足の状況は変わらないので、あと数名は採用したい。次はミャンマーなどの海外人材を採用して、グローバル化を図りたい。

金型新聞 2023年6月10日

関連記事

マイクロヴェルト 技能問わずどこでも使える測定機【金型応援隊】

マイクロヴェルトは4月にもレーザー式の回転工具外径測定機「マイクロヴェルトナノ9」を発売する。設置環境や技術者のスキルを問わず、極めて短い時間で高精度に測定できる。 工具を独自のVブロックにセット。ボタンを押すと工具が回…

J-MAX 新工場建設や船活用でCO2削減【特集:カーボンニュートラルに向けたはじめの一歩】

自動車の大型プレス用金型及び部品を製造するJ‐MAX。特に、ハイテン材・超ハイテン材用の金型で高い技術を有し強みを発揮している。「2030年度までに、CO2排出量を2013年度比半減、50年度にはカーボンニュートラル実現…

現場の思いを尊重<br>天青会 野口 賢太郎 会長

現場の思いを尊重
天青会 野口 賢太郎 会長

企業見学会に注力  日本金型工業会東部支部の若手経営者らが集まる天青会の会長に今年5月、就任した。現場至上主義を自身のテーマとして掲げ、「今年は、工場見学会など現場に足を運ぶということをメインに活動していきたい」と意気込…

この人に聞く2015 <br>製造業コンサルティング <br>O2(オーツー)松本 晋一社長

この人に聞く2015
製造業コンサルティング
O2(オーツー)松本 晋一社長

潜在する魅力引き出す 製造×サービスで価値を創造  プラスチック金型メーカーの安田製作所は今春、社名を「IBUKI」に変更した。昨年9月、同社を傘下に収めた、製造業向けのコンサルティング会社O2(東京都港区)の松本晋一社…

【金型の底力】日本精機 金属3Dプリンタの技術や知見を蓄積

ダイカスト金型メーカーの日本精機は金属3Dプリンタを活用した金型づくりに本格的に乗り出す。7月に金属3Dプリンタ2台を導入した。きっかけはSKD61相当材で造形が可能になり、金型への適用領域の可能性が広がってきたこと。ま…

関連サイト