金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

APRIL

14

新聞購読のお申込み

がんばれ!日本の金型産業特集
吉田金型 吉田 正生 社長

加工技術は一日にして成らず
DSC03742_R
挑戦と工夫で技術力向上へ

「3年連続でデンソー優秀仕入先表彰の品質賞を受賞し、日頃の企業努力が評価されて大変嬉しい」と吉田社長。金型加工技術の先を見据え、現場を鍛えてきた結果だ。同社はダイカスト金型を主にハイブリッド車のコンバータやケース、ガス器具や自転車部品などを手掛ける。主要取引先のデンソーとは良好な取引関係を築き、東日本大震災やタイの洪水で困った時、無茶な納期要求も「顧客が困っている時に応えてこそ協力企業」と必死でサポート。その企業姿勢が顧客の心をつかんだ。吉田社長は「商売は義理と人情」と話す。

技術力でも一歩先手を打つ。3年連続品質賞受賞したデンソー協力企業はなかなかなく、受賞要因を「現場で品質レベルを向上させる姿勢」と分析。ダイカスト金型は精度・品質が重要で、顧客が納得する精度保証を続けるには現場の意識レベルを上げなければならない。「顧客要求以上の加工技術・精度を常に目指し、顧客要求が上がった時に即答で応えられる企業であり続ける事が大事」とすることで、顧客に加工技術を提案できる。

吉田社長の目は他分野にも広がる。「金型だけでは波があり厳しい」と、鋳造品を切削加工(仕上げ)するために、今年6月のものづくり補助金を得て、5軸マシニングセンタと洗浄機を導入、切削加工の仕事も請け負える体制に。社訓は「常に挑戦心をもち、仕事に創意工夫し、信頼を勝ち取ろう」。金型製造のプロとして、顧客満足を得るために日々の研鑽を創業以来忘れていない。

DSC03745_R
沖縄で人材採用、近く設計拠点も

「沖縄県は求人倍率、平均給与が低いと言われていますが、逆に若者人口が多い県でもあります」と話す吉田社長。愛知県の企業でありながら、なぜ沖縄県に触れたかというと、沖縄県で採用活動を行っているからだ。

人材採用、若手育成など金型メーカーにとって頭の痛い問題である。採用活動を行っても応募が集まらないという企業が後を絶たない。吉田社長は「愛知県は製造業の集積地で大手企業が多数あり、大学出の優秀な人材はまず大手企業への就職を望む。金型企業へ就職を望む人は少ない」と大都市であり、製造業の街での採用の難しさを語る。

そこで機転を利かし、沖縄県に着目。15~64歳までの生産年齢人口が全国で4位(総務省)と高い同県内に設計事務所を設立することを決め、「採用は2パターンあり、愛知県永住の現場組と沖縄へ帰り、設計事務所で働く設計・CAM組とを分け、適任者を選任する」。

また、企業間の連携も積極的に乗り出す。異業種メーカーに声をかけ、設計事務所を共同運営しようと検討している。「もう1社は設備関係企業なので、シーケンスに強く、モデリングは弱い。逆に当社はその逆なので、互いに弱みを補填できる」と共同運営のメリットを話す。沖縄での採用活動をきっかけに次なる手を模索する。


会社メモ

DSC03728_R
代表者=吉田 正生社長
創立=1945年3月
住所=愛知県大府市横根町坊主山1番地の589
事業内容=ダイカスト金型設計・開発・製造、各種金型設計・製造、精密部品製作、製品サンプル外販など。
従業員数=62人
電話=0562・48・3456
FAX=0562・46・1135
E-mail=yoshida@yb-m.com
ホームページ=http://www.yb-m.com/
主な設備=高速マシニングセンタ(安田工業、牧野フライス製作所、ソディック)、立形マシニングセンタ(牧野フライス製作所)、ワイヤー放電加工機(三菱電機)、3DCAD/CAM(NX、ソリッドワークス、ソリッドワークス、キャムツールなど)、3次元測定機(東京精密)樹脂造形3Dプリンター(ディメンジョン)など。
社是=夢の実現


金型新聞 平成27年(2015年)8月10日号

関連記事

武林製作所 「ITADAKI」ブランド

ボトルコースター発売 愛飲家やギフトに 歯ブラシのプラスチック金型を手掛ける武林製作所(大阪府八尾市、072・998・1207)は、自社ブランド「ITADAKI」のボトルコースターを発売した。富士山のフォルムや細かな花の…

自動で5軸の干渉回避
C&Gシステムズ

キャムツールの新版  C&Gシステムズは4月、効率的な干渉回避を自動で算出するなど、同時5軸加工に対応する機能を盛り込んだ「CAM‐TOOL(キャムツール)」の新版「V15・1」を発売した。  今回追加した「同…

この人に聞く
トヨタ自動車 大竹 知之部長

100年に一度の変革期 どうする金型づくり  エンジン、トランスミッション、カムシャフト、最近では電池やモータなど、自動車を動かすほぼ全ての内蔵部品の金型を手掛けるトヨタ自動車のパワートレーン工機部。豊田章男社長が「自動…

伊藤製作所 テクニカルセンタを開設 金型部門を集約

稼働状況をモニタリング 順送り金型やプレス加工を手掛ける伊藤製作所(三重県四日市市、059-364-7111)は本社近くにテクニカルセンタを設立し、金型部門を集約。IoTを用いて稼働状況の可視化を図るほか、センシング技術…

【年頭所感】素形材センター会長・青木 宏道

激変に果敢に挑戦  今回の新型コロナウイルスというブラック・スワンが惹起した新しい潮流は、その衝撃が極めて大きく、それが故にそれへの対応は大きなビジネス機会ともなり得るものです。国も環境変化に呼応して、デジタル庁を設置し…

関連サイト