金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

09

新聞購読のお申込み

産業とくらしのグランドフェア2015
独自色溢れる新技術

インテックス大阪 9月18~19日
出展371社 最新から主力機まで
★DSC00173_R
★DSC00140_R
★DSC00128_R

 9月18日、19日の2日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)で「産業とくらしのグランドフェア2015」(以下GF)が開かれる。出品メーカー371社(テーマゾーン109社、9月1日時点)が参加し、ものづくりに必要な高効率性・高生産性・高機能を追求した最新鋭機器や成長分野である環境・エネルギー・国土強靭化に貢献する様々な商材を展示する。

防災や光エネルギーも

 岡部文雄支社長は「展示会は新しいものを取り入れるきっかけとなる。独自性を発揮した展示会を目指し、『ユアサらしさ』ではなく『ユアサならでは』と呼ばれる展示会にしたい」と、ほかでは見られない数々の最新技術、情報を披露する総合展示会として、来場者に新しい可能性を訴求していく。

 今回のGFは「Challenge!New Value&Resilience~最先端技術の結集で未来をカタチにします~」をテーマに、部門別展示ゾーンとキーワードで構成されたテーマゾーンを設けている。部門別展示ゾーンでは工場向けを主に工作機械・板金機械、切削工具、ソフトウェア、工作機械周辺機器、コンプレッサー、物流関係、油・空圧・制御機器、環境機器など、あらゆる製造業に役立つ最新鋭機器、主力中核機器を集め、ものづくり現場での省エネ・省力化、高生産性などを提案する。

 さらにテーマゾーンは、「レジリエンス」、「ニューバリュー」のキーワードを元に成長分野の商材、技術を披露する。「レジリエンス」ゾーンは、災害時に役立つ防災・減災、BCP、同社のレジリエンスステーション構想の4つを軸とする関連商品を展示し、これらの商品を有事と平時の両方で活用するノウハウなどを合わせて訴求するほか、特別講演に富士通総研・ビジネスレジリエンス事業部長の伊藤毅氏を招き、「事象体験型アプローチセミナー~有事の対応ストーリーから導き出される実効的なBCPと防災備蓄品の整備~」のテーマによる危機発生を想定した体験型のアプローチで課題の洗い出し、BCPの見直し、教育と備品の選定、導入をなど事前対策の導き方を解説する。

 「ニューバリュー」ゾーンはエネルギーに光を当て、「太陽光発電」・「風力発電」・「蓄電システム」などエネルギーのスマート化と関連する最新技術と製品を提案。エネルギー分野ではソフト面の充実も図っており、「太陽光システムのオペレーション&メンテナンス」コーナーを設置し、既存設備の維持・管理の相談に応じる。

——————————————————

  特別講演会  

事象体験型アプローチセミナー
~有事の対応ストーリーから導き出される
 実行的なBCPと防災備蓄品の整備~

9月18日(金)11:00~12:30
インテックス大阪6号館2階F会議室

【講師】富士通総研 執行役員
ビジネスレジリエンス事業部長
    伊藤 毅氏
【内容】ユアサ商事と富士通総研は災害対応に対するソリューション事業を共同で推進していく業務提携を締結。災害発生時に起こる危機により速く、効率的に機能するBCP(事業継続計画)の策定など危機対応プロセスの改善活動のサポートを行う。
 同セミナーでは危機発生を想定した体験型アプローチにより、課題の洗い出し、BCPの見直し、教育、備品の選定など導き方について解説。

金型新聞 平成27年(2015年)9月10日号

関連記事

関東グランドフェア2016課題を「スマート」に解決

ロボットや5軸最新の自動化を提案 幕張メッセ7月8日㈮〜9日㈯  「産業とくらしの関東グランドフェア」が7月8日㈮・9日㈯、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕する。今年はテーマを「Smart Power,Resilience…

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比5.4%増の283億1,300万円 プレス型は6・0%減、プラ型は2・6%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年4月の金型生産実績をまとめた。それによると…

三起精工 大関専務が社長に就任

油圧プレスメーカーの三起精工(栃木県足利市、0284-72-2002)は4月1日、大関敏也専務が社長に就任したと発表した。仙波勝弘社長は代表権のない会長に就任した。 大関俊也(おおぜき・としや)氏は1971年生まれ。88…

第8回UMモールドフェア会場マップインテックス大阪5号館

第8回UMモールドフェア会場マップインテックス大阪5号館

金型新聞 平成29年(2017年)1月20日号

DMG森精機 EVで金型向け受注が好調

DMG森精機 EVで金型向け受注が好調

 DMG森精機は2020年度通期決算で、売上高3283億円(前年比32.4%減)、営業利益107億円(同71.4%減)と発表した。コロナ禍で受注環境が悪化したものの、デジタルツインショールームやオンライン展、オンラインセ…

関連サイト