金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

12

新聞購読のお申込み

金型メーカー座談会
経営者5人が語る、どうなる2015年 第二部

他社と連携し受注安定
海外展開 戦う土俵に立つため

  出席者  

迫田社長1_R

エムエス製作所
社長 迫田 幸博氏

小出社長1_R

小出製作所
社長 小出 悟氏

牧野会長2_R

長津製作所
会長 牧野 俊清氏

加藤相談役1_R

日進精機
相談役 加藤 忠郎氏

堀口社長1_R

野田金型
社長 堀口 展男氏


1月号では各社の取り組みや現状などを報告してもらった。本号では、ユーザー業界の変化、海外展開のやり方のほか、それらを支援する金型工業会の取り組みなどについて議論が深まった。

…前号からの続き

―海外に複数拠点を持たれているのも、需要があるからですね。ただ、各国への進出の仕方が異なります。

迫田 中国とインドネシアは単独で進出しましたが、タイは金型工業会の方と、メキシコも金型工業会員の池上金型工業さんと組んで進出しています。中国とインドネシアは金型製作、タイとメキシコはメンテナンスを手掛けています。

―タイとメキシコはメンテナンスだけですか。

迫田 両国とも人口が少なく、金型のインフラが整っておらず、金型を生産するより、メンテナンスをしてお客さんをサポートするという戦い方にしていこうと考えました。人が多ければ将来的に車を買う人も多いですから、市場として拡大が期待できるので、中国とインドネシアは自前で工場を持ちました。また、金型専業だと、海外で仕事をキープするのは難しいですから、2社3社と集まって協力関係を結んで受注の安定化につなげています。

―ほかに海外に出る目的はありますか。

迫田 今の自動車業界は世界同時立ち上げというのが主流です。国内は国内、海外は海外という話ではなく、同じ型を複数拠点分全て一括での受注になります。仕事が取れればいいですけど、取れなければゼロという戦いになっていますので、海外に拠点を持っていなければその土俵にすら立てない。まずは土俵に立つために、海外に拠点を持っています。

―一括受注とは。

迫田 ある部品に関しては全ての生産拠点分ということです。安価に作れ、品質の均等化を図るには一つの会社に任せるのが一番良いとユーザーも判断したようです。一社に渡して展開した方がユーザーも楽ですよね。ユーザーの拠点の近くに我々の拠点がないと仕事がもらえなくなりますので、そういう意味でも海外に拠点を持つことは重要です。部品メーカーもそういう流れになっていると思います。品質の安定があれば、量を増やしてコストを下げるという基本的な考えは変わらないので、拠点を増やして仕事を追いかけているというのが現状です。

―課題はありますか。

迫田 生産能力です。いかに効率良く生産するか、いかに金型を短期間で作るかという戦い方がこれからの課題です。

―取り組んでいることは。

迫田 生産方式、設計、機械も全て日本と同じやり方、仕組みで海外も展開することです。海外の従業員も日本で研修しているので、思想も共通にしています。そうすると意思の疎通が図れ、よりスムーズに生産できます。

―生産方法について具体的に教えて下さい。

迫田 簡単に言うと、生産工程の見える化です。さすがに一個流しは難しいですが、3品流しという方式を取っています。どこの工程が遅れているのか、どこに人が足りないかなどが見えるようになり、生産状況がよく分かります。従来のように、従業員が各々で作業をしていると、売上が伸びていなくても忙しいから良いと勘違いしていまいます。見える化をすることによって、経営者だけでなく作業者も全体の状況を把握できるようになり、生産性が向上しました。さらに進めて、海外にも展開しようとしています。

―部品の共通化というと、エアバック問題がありましたが影響はありますか。

迫田 ありますね。今まで以上に安心できる金型が求められるようになると思います。とくに保安部品や機能部品というのは、日本の自動車メーカーはシビアになっていくと思います。そうした時にきちんとした金型ができるというのはやはり必要です。金型は安ければ良いみたいな安易な考え方はなくなると思います。メキシコに行った時に、車体メーカーのトップの方も海外の金型のレベルを熟知していて、やっぱり日本の金型は良い技術を持っているというのは認識されています。ただ、コストメリットを考えると、部品共通化の流れは変わらないと思いますね。いかに品質を安定させて供給していくかが課題で、それを解決した会社がより大きくなり、出来ない会社は生産量が減り、儲からなくなって淘汰されていくと思います。

…次号に続く

金型新聞 平成27年(2015年)2月10日号

関連記事

【特集】どうなる、5Gで求められる金型技術

高速通信規格「5G」の社会実装が本格化することで、金型にはどんな影響があるのか。また、どんな金型技術が求められるようになるのか。日本情報技術産業協会(JEITA)や先進企業などへの取材を通じ、今後の方向性を探る。 目次P…

金型づくりを変える 注目の技術<br>インターモールド 2019 総集編

金型づくりを変える 注目の技術
インターモールド 2019 総集編

 4月19〜22日、東京ビッグサイト青海展示棟で開催された国内最大の金型加工技術展「インターモールド2019」。注目を集めたのは、自動化や3Dプリンティング、IoTやAIなどより進化した次世代の技術だ。かつては夢物語だっ…

デジタル活用し設備全体をCAE解析する【変わるトヨタの型づくり】

PART1:デジタル活用 精密金型の生産性を向上 トヨタ自動車が型造りで注力する取り組みの一つがデジタル活用だ。精密部品向けの金型を手掛けるモノづくりエンジニアリング部では、デジタルデータを活用することによって、金型だけ…

迫る金型の技術革新
岐阜大学 三田村一広特任教授に聞く

 「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)に代表されるように、「百年に一度の変革期」と言われる自動車業界。金型にとってもその影響は大きく、舵取り次第では将来の成長を左右しかねない。特に、金型へのインパ…

-混沌の時代を切り拓く- 金型メーカーの連携

金型広がる協力の輪  金型メーカー同士や異業種、加工技術などを軸とした様々な形での連携や協業の重要性が高まっている。ユーザーの海外展開に伴うサポートや需要開拓、技術の複合化や高度化などによって、金型メーカー単独では顧客の…

関連サイト