金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

APRIL

17

新聞購読のお申込み

11月の金型生産実績

前年同月比3.3%増の291億3,900万円
プレス型は15・6%増、プラ型は5・9%減
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年11月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)3・1%減の5万4,794組、重量は22・5%増の1万2,361㌧、金額は3・3%増の291億3、900万円となった。
型別の生産実績は次のとおり
プレス型は数量10.7%増の1万1、205組、重量49・7%増の7,331㌧、金額15・6%増の113億1,200万円。鍛造型は数量3・3%増の11,834組、重量6・8%減の784㌧、金額2・4%減の23億9,800万円。鋳造型は数量7・3%増の457組、重量32・1%増の362㌧、金額19・9%増の6億7,600万円。ダイカスト型は数量5・4%減の651組、重量0・2%増の1,229㌧、金額5・8%増の34億5,900万円。
プラスチック型は数量0・1%増の3、105組、重量5・0%減の2,385㌧、金額6・1%減の100億5,100万円。ガラス型は数量14.6%減の2万1、379組、重量7.3%減の127㌧、金額13・0%減の2億5、800万円。ゴム型は数量30.0%減の515組、重量27・7%減の94㌧、金額28.0%減の4億2,900万円。粉末冶金型は数量4.3%増の5,648組、重量4・2%減の49㌧、金額2・6%減の5億5,600万円。

内製型は5.5%減の74億700万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比3.1%減の6,669組、金額は前年同月比5.5%減の74億700万円となった。
プレス型=数量2、213組(同7.0%減)、金額23億7,100万円(1.5%増)。鍛造型=2,687組(4.6%減)、金額9億9,700万円(7.2%減)。鋳造型=数量66組(3・2%増)、金額9,800万円(1.0%増)。ダイカスト型=数量116組(12.8%減)、金額8億9,200万円(6・8%減)。
プラスチック型=数量613組(6.8%増)、金額28億1、300万円(9.8%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量88組(2・3%減)、金額1億9、400万円(7.2%増)。粉末冶金型=数量886組(18.7%減)、金額4,200万円(42.5%減)。

金型新聞 平成27年(2015年)2月10日号

関連記事

【金型生産実績】2020年8月 26.8%減の238億3,700万円

【金型生産実績】2020年8月 26.8%減の238億3,700万円

プレス型は28.9%減、プラ型は17.9%減  2020年8月の金型生産は、前年同月比26.8%減の238億3,700万円と大きく落ち込んだ。前年8月は17.6%増と前々年よりも大きく伸びており、変動幅が大きくなった。前…

5月の金型生産実績

5月の金型生産実績

前年同月比 14.5%増の329億7,900万円 プレス型は25%増、鋳造型は40%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年5月の金型生産実績をまとめた。それによ…

本紙アンケート×統計データで読み解く金型の現況<br>金型メーカー業績回復

本紙アンケート×統計データで読み解く金型の現況
金型メーカー業績回復

需要戻り、社数減少  金型業界に激震が走ったリーマン・ショック(2008年)から約8年半経ち、金型メーカーの業績が回復している。自動車や半導体向けの需要が回復した一方で社数が減り、勝ち残った会社に仕事が集まっている。ただ…

2023年鍛圧機械受注見通し 前年並みの3715億円

日本鍛圧機械工業会(北野司会長・アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2023年の鍛圧機械受注額が前年並みの3715億円になると発表した。国内外ともに電気自動車(EV)関連や、半導体製造装置関連、省エネ設備関連向けの設…

2021年の金型生産額 20年比3.9%減の3443億7900万円

鍛造やダイカストは回復 経済産業省が発表した機械統計によると、2021年の金型生産額は3.9%減の3443億7900万円だった。4年連続で前年を下回った。 8型種のうち鍛造型やダイカスト型などの3型種で回復したが、プレス…

関連サイト