機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

23

新聞購読のお申込み

11月の金型生産実績

前年同月比3.3%増の291億3,900万円
プレス型は15・6%増、プラ型は5・9%減
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年11月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)3・1%減の5万4,794組、重量は22・5%増の1万2,361㌧、金額は3・3%増の291億3、900万円となった。
型別の生産実績は次のとおり
プレス型は数量10.7%増の1万1、205組、重量49・7%増の7,331㌧、金額15・6%増の113億1,200万円。鍛造型は数量3・3%増の11,834組、重量6・8%減の784㌧、金額2・4%減の23億9,800万円。鋳造型は数量7・3%増の457組、重量32・1%増の362㌧、金額19・9%増の6億7,600万円。ダイカスト型は数量5・4%減の651組、重量0・2%増の1,229㌧、金額5・8%増の34億5,900万円。
プラスチック型は数量0・1%増の3、105組、重量5・0%減の2,385㌧、金額6・1%減の100億5,100万円。ガラス型は数量14.6%減の2万1、379組、重量7.3%減の127㌧、金額13・0%減の2億5、800万円。ゴム型は数量30.0%減の515組、重量27・7%減の94㌧、金額28.0%減の4億2,900万円。粉末冶金型は数量4.3%増の5,648組、重量4・2%減の49㌧、金額2・6%減の5億5,600万円。

内製型は5.5%減の74億700万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比3.1%減の6,669組、金額は前年同月比5.5%減の74億700万円となった。
プレス型=数量2、213組(同7.0%減)、金額23億7,100万円(1.5%増)。鍛造型=2,687組(4.6%減)、金額9億9,700万円(7.2%減)。鋳造型=数量66組(3・2%増)、金額9,800万円(1.0%増)。ダイカスト型=数量116組(12.8%減)、金額8億9,200万円(6・8%減)。
プラスチック型=数量613組(6.8%増)、金額28億1、300万円(9.8%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量88組(2・3%減)、金額1億9、400万円(7.2%増)。粉末冶金型=数量886組(18.7%減)、金額4,200万円(42.5%減)。

金型新聞 平成27年(2015年)2月10日号

関連記事

つながる、運ぶ、測る
広がる金型づくりのスマート化

 新しい技術を活用して製造プロセスを効率化する、金型づくりのスマート化が広まっている。IoT(モノのインターネット)技術で機械の稼働状況を監視・分析したり、様々なサービスを提供したり、無人搬送車(AGV・AIV)でワーク…

1月の金型生産実績

1月の金型生産実績

前年同月比 7.1%増の309億1,900万円 プレス型は14.1%増、プラ型は1.9%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年1月の金型生産実績をまとめた。それによ…

工業統計から読む 日本の金型の競争力

 かつて世界一の生産額を誇り、“金型大国”と呼ばれていた日本の金型産業。ピーク時には、年間で2兆円近い金型を日本で生産していた。しかし2000年以降、自動車や電機といったセットメーカーの相次ぐ海外移転による国内需要の減少…

ー測定機器ー<br>精度・スピードが進化、活用領域が拡大

ー測定機器ー
精度・スピードが進化、活用領域が拡大

付加価値生み差別化  金型メーカーのなかで、測定を重視する動きが広がっている。かつては「生産に貢献しないもの」とされてきた測定だが、測定技術の進歩によって品質の安定化や、生産性の向上など活用の領域が広がりつつあるからだ。…

金型も緊急事態<br> 新型コロナ

金型も緊急事態
新型コロナ

受注相次ぎキャンセル部品調達しにくく  新型コロナウイルスの感染拡大が金型業界にも大きな影響を及ぼしている。金型新聞社が全国の金型メーカーを対象に実施したアンケート調査では、半数以上の企業が「受注が延期もしくはキャンセル…

トピックス

関連サイト