金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

01

新聞購読のお申込み

1月の金型生産実績

前年同月比 7.1%増の331億2,300万円

プレス型は7.0%増、プラ型は12.0%増

金型生産10年の推移06年〜 金型生産1年の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年1月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)12.9%減の4万4,223組、重量では14.0%減の1万2,544㌧、金額は7.1%増の331億2,300万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量1.5%増9,534組、重量21.4%減の7,207㌧、金額7.0%増の131億2,600万円。鍛造型は数量30.9%減の8,316組、重量7.9%増の776㌧、金額0.7%増の24億5,800万円。鋳造型は数量7.3%増の369組、重量12.5%減の217㌧、金額16.0%増の5億9,500万円。ダイカスト型は数量7.9%減の698組、重量17.2%減の1,411㌧、金額3.8%減の36億8,500万円。

プラスチック型は数量26.2%増の3,359組、重量0.1%減の2,648㌧、金額12.0%増の116億400万円。ガラス型は数量26.8%減の1万3,855組、重量2.7%減の109㌧、金額13.3%減の1億9,600万円。ゴム型は数量8.2%減の1,094組、重量9.3%増の125㌧、金額5.4%増の7億6,100万円。粉末冶金型は数量24.5%増の6,998組、重量22.0%増の50㌧、金額24.4%増の6億9,900万円。

内製型は30.3%増の112億3,200万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比2.5%増の6,646組、金額は前年同月比30.3%増の112億3,200万円となった。

プレス型=数量2,371組(同0.3%減)、金額44億6,100万円(18.9%増)。鍛造型=2,564組(同0.2%減)、金額12億57,800万円(80.7%増)。鋳造型=数量43組(同16.2%増)、金額1億5,000万円(同80.7%増)。ダイカスト型=数量178組(28.1%増)、金額14億9,500万円(39.5%増)。

プラスチック型=数量592組(21.8%増)、金額35億2,300万円(49.2%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量220組(30.2%増)、金額2億8,800万円(同41.9%増)。粉末冶金型=数量678組(4.2%減)、金額3,800万円(同5.6%増)。

金型新聞 平成29年(2017年)4月12日号

関連記事

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比 4.7%減の295億1,100万円 ゴム型は27.5%増、プレス型は20.4%減   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年4月の金型生産実績をまとめた。そ…

7月の金型生産実績

7月の金型生産実績

前年同月比15.3%増の316億4,800万円 プレス型は30・7%増、プラ型は11・9%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年7月の金型生産実績をまとめた。それに…

2022年の鍛圧機械受注見通し 3840億円に上方修正

日本鍛圧機械工業会(北野司会長、アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2022年の鍛圧機械受注額が前年比15.8%増の3840億円になると発表した。当初予想から440億円上方修正した。国内外ともにEV(電気自動車)関連…

2017年12月の金型生産実績

2017年12月の金型生産実績

前年同月比 0.3%増の343億1,900万円 プレス型が11.6%増、ダイカスト型は9.6%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年12月の金型生産実績をまとめ…

導入の裾野広がる
―5軸加工特集―

精度・操作性が進化  金型メーカーに5軸加工機がかなり浸透してきた。制御技術や干渉チェック機能の向上、精度アップなど工作機械が進歩し、安心して使える機能が充実してきたからだ。だが何より、CAD/CAMの進化が大きい。多く…

トピックス

AD

ジーエルサイエンス 0.1μmの超薄膜コーティング「InertMask」の適用効果〈AD〉

ジーエルサイエンスでは、離型性が高い超薄膜コーティング「InertMask」の用途開発を行っている。元々、分析技術の精度向上などを目的に開発したコーティングだったが、開発品の評価... 続きを読む

AD

ファロージャパン 測定の省力化が生み出す新たな価値を提供<AD>

製造工程の中でも「測定」はボトルネックになりやすい工程の一つです。特に測定専任者がいなくて、それぞれの人がさまざまな業務をこなしている企業にとっては、「測定」は、最も時間短縮を実... 続きを読む

関連サイト