機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

06

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】2020年6月 5.2%増の314億3,900万円

表の見方 型種別生産の数量、重量、金額と前年同期比増減率(%)を記しています。内製は合計の内数です。2011~2019年は1年、2019年6月~2020年6月は1カ月の値です。

プレス型は16.7%増、プラ型は18.0%増

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

 2020年6月の金型生産は、前年同月比5.2%増の314億3,900万円、前月比で18.7%増と回復傾向となった。数量は前年同月比27.7%減の3万3,272組、重量は12.1%増の11,342トンとなった。

 中でもプレス用型は、数量が前年同月比23.8%減少したものの、金額は同16.7%増の129億6,200万円、プラスチック用金型も数量が同18.5%増の2,968組、金額は同18.0%増の121億3,100万円と大きく回復した。一方で、鍛造用金型は同58.9%減の11億3,100万円、ゴム用金型も同33.9%減の5億9,600万円と大幅に減少した。自動車生産減少の影響が考えられる。ダイカスト用金型も、同3.4%減の35億800万円、鋳造用金型は、同3.9%減の4億9,600万円、粉末冶金用金型は、同15.6%減の4億2,300万円と落ち込んだ。ガラス用金型は、同4.4%増の1億9,100万円と微増した。

 機械工具業界では、6~7月に底打ち感があるものの、やはり自動車生産・開発の一層の回復に期待したい。中国だけでなく、欧米やアジア地域の経済回復も待たれる。

金型新聞 2020年9月10日

関連記事

導入の裾野広がる
―5軸加工特集―

精度・操作性が進化  金型メーカーに5軸加工機がかなり浸透してきた。制御技術や干渉チェック機能の向上、精度アップなど工作機械が進歩し、安心して使える機能が充実してきたからだ。だが何より、CAD/CAMの進化が大きい。多く…

8月の金型生産実績

8月の金型生産実績

前年同月比 5.8%増の305億6,600万円 プレス型は2.6%増、プラ型は17.5%増 プレス型は数量8.8%減の8,978組、重量2.1%減の6,123㌧、金額2.6%減の111億500万円。鍛造型は数量8.8%減…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比7.0%増の345億5,500万円 プレス型は6.3%減、プラ型は19.2%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

金型も緊急事態<br> 新型コロナ

金型も緊急事態
新型コロナ

受注相次ぎキャンセル部品調達しにくく  新型コロナウイルスの感染拡大が金型業界にも大きな影響を及ぼしている。金型新聞社が全国の金型メーカーを対象に実施したアンケート調査では、半数以上の企業が「受注が延期もしくはキャンセル…

工業統計から読む 日本の金型の競争力

 かつて世界一の生産額を誇り、“金型大国”と呼ばれていた日本の金型産業。ピーク時には、年間で2兆円近い金型を日本で生産していた。しかし2000年以降、自動車や電機といったセットメーカーの相次ぐ海外移転による国内需要の減少…

トピックス

関連サイト