金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

28

新聞購読のお申込み

1月の金型生産実績

前年同月比3.9%増の265億1,300万円
プレス型は6・3%増、プラ型は6・3%減
 
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年1月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)20・1%増の5万2,821組、重量7・5%増の1万996㌧、金額3・9%増の265億1千3百万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量7.5%増の9、925組、重量8・2%増の6,455㌧、金額6・3%増の108億9,000万円。鍛造型は数量22・0%増の11,712組、重量40・4%増の764㌧、金額30・0%増の24億300万円。鋳造型は数量19・3%減の397組、重量29・8%減の200㌧、金額35・9%増の4億4、800万円。ダイカスト型は数量7・2%減の658組、重量3・2%減の1,171㌧、金額13・1%増の29億1,900万円。
プラスチック型は数量7・5%増の2、686組、重量9・2%増の2,170㌧、金額6・3%増の87億7,400万円。ガラス型は数量33.6%増の2万2,211組、重量0.0%の115㌧、金額8・4%減の2億2、800万円。ゴム型は数量12.8%減の498組、重量5.8%減の81㌧、金額0・5%増の4億2,300万円。粉末冶金型は数量11.5%増の4,734組、重量21・2%増の40㌧、金額10・0%増の4億2,800万円。

内製型は29.3%増の78億1,200万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比22.6%増の6,994組、金額は前年同月比29.3%増の78億1,200万円となった。
プレス型=数量2、368組(同14.7%増)、金額34億6,800万円(69.2%増)。鍛造型=2,688組(33.3%増)、金額10億900万円(39.2%増)。鋳造型=数量55組(27・9%増)、金額1億1,800万円(38.8%増)。ダイカスト型=数量106組(7.0%減)、金額8億4,800万円(13・1%減)。
プラスチック型=数量506組(12.4%増)、金額21億5、500万円(6.9%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量76組(45・6%増)、金額1億5,800万円(4.6%増)。粉末冶金型=数量1,195組(26.6%増)、金額5,500万円(34.2%増)。

金型新聞 平成26年(2014年)4月16日号

関連記事

日鍛工 22年受注予想・4.6%増3400億円

EV、デジタル投資が活発化 日本鍛圧機械工業会(北野司会長・アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2022年の鍛圧機械受注額が前年比4.6%増の3400億円になる見通しを発表した。半導体などの部材不足や海運混乱などの懸…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比 0.4%減の345億3,500万円 プレス型は4.4%増、プラ型は6.3%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

金型業界の経営トップアンケート 事業戦略に関する調査

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが「5類」へと移行し、社会・経済活動が活発化しつつある中、資源高、電気料金の値上げなどによって、製造業は依然として厳しい状況下にある。中でも金型業界は、取引条件の課題や価格競争など…

金型12月生産実績 前年同月比 2.6%増の313億900万円

プレス型は0.3%増、プラ型は2.2%増 2021年12月の金型生産は、前年同月比2.6%増の313億900万円となった。前月比では29.6%増。数量は前年同月比6.7%増で、前月比でも10.3%増の4万3,713組、重…

金型取引適正化へ<br>経産省が報告書

金型取引適正化へ
経産省が報告書

分割支払いや契約書面化  金型取引の適正化に向けた動きが本格化してきた。昨年12月に経済産業省がまとめた報告書で、発注時点での分割支払いについて言及したほか、契約内容の書面化徹底を促すなど金型取引の改善に向け、原則を示し…

関連サイト