機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

23

新聞購読のお申込み

2月の金型生産実績

前年同月比 4.3%増の341億8,300万円

プレス型は1.0%増、プラ型は4.7%増

金型暦年実績(10年の推移)
金型生産〈2月〉

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年2月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)6.4%減の5万1,294組、重量は8.9%減の1万4,109㌧、金額は4.3%増の341億8,300万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量0.2%増の9,644組、重量15.4%減の8,276㌧、金額1.0%増の133億2,700万円。鍛造型は数量1.6%減の12,473組、重量3.3%増の805㌧、金額6.6%増の27億2,500万円。鋳造型は数量2.4%減の414組、重量5.1%減の245㌧、金額11.5%減の5億9,500万円。ダイカスト型は数量16.5%増の825組、重量9.6%増の1,710㌧、金額16.7%増の43億2,100万円。
プラスチック型は数量9.9%減の2,908組、重量0.7%減の2,797㌧、金額4.7%増の117億円。ガラス型は数量14.9%減の1万8,319組、重量4.8%減の120㌧、金額9.2%減の2億2,800万円。ゴム型は数量11.3%増の1,313組、重量5.8%減の114㌧、金額14.5%増の7億4,900万円。粉末冶金型は数量1.1%減の5,398組、重量2.4%増の42㌧、金額2.2%減の5億3,800万円。

内製型は2.5%減の94億9,400万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比0.4%減の6,612組、金額は前年同月比2.5%減の94億9,400万円となった。
型別の直使用分(内製型)は次ぎのとおり。
プレス型=数量2,112組(同16.6%減)、金額36億200万円(17.2%減)。鍛造型=2,690組(5.6%増)、金額11億9,200万円(12.4%増)。鋳造型=数量50組(25.0%増)、金額1億3,800万円(9.5%増)。ダイカスト型=数量193組(9.9%減)、金額16億3,700万円(55.3%増)。
プラスチック型=数量492組(2.2%減)、金額26億6,200万円(9.3%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量213組(169.6%増)、金額2億2,500万円(34.7%増)。粉末冶金型=数量862組(6.7%増)、金額3,800万円(7.3%減)。

金型新聞 平成28年(2016年)5月14日号

関連記事

3月の金型生産実績

3月の金型生産実績

前年同月比11.6%増の385億3,100万円 プレス型は9・1%増、プラ型は8・8%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年3月の金型生産実績をまとめた。それによる…

【金型生産実績】2021年4月 9.5%減の267億8,700万円

プレス型は18.6%減、プラ型は3.7%減 2021年4月の金型生産は、前年同月比9.5%減の267億8,700万円なった。前月比では35.8%減と大きく落ち込んだ。3月が決算期であることも影響したと考えられる。数量は前…

クローズアップ 金型時事

クローズアップ 金型時事

需給ギャップが改善し、明るさも戻り始めた金型業界。後押しの一つとなっているのが、一部で言われる金型の国内回帰だ。果たして本当に国内に回帰しているのか。どんな金型が戻っているのか。一方、ここにきて「職人」不足を危惧する金型…

2月の金型生産実績

2月の金型生産実績

前年同月比17.5%増の327億6,200万円 プレス型は21・4%増、プラ型は15・9%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年2月の金型生産実績をまとめた。それに…

待ちから攻めへ

待ちから攻めへ

方向見極め、変化し攻める  昨年は補助金や投資減税などアベノミクスによる諸施策が奏功し、まだら模様ながら日本の製造業を明るいものにした。円安で輸出型の大手企業を中心に業績急回復。金型業界にもその影響は波及しつつあり、複数…

トピックス

関連サイト