金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

12

新聞購読のお申込み

金型5月生産実績 前年同月比16.7%増の264億1900万円

プレス用金型は44.2%増、プラ用金型は3.6%増

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2022年5月の金型生産は、前年同月比16.7%増の264億1,900万円と大幅に増加した。前月比では6.9%減となった。数量は前年同月比2.2%減、、前月比では4.9%増の4万2,641組、重量は前年同月比20.5%増と大幅に増えたが前月比では18.6%減の9,526トンとなった。

プレス用金型の金額は111億1,100万円で前年同月比44.2%増と大きく伸長したが、前月比では3.6%の微減となった。数量は前年同月比で16.2%の大幅増だが、前月比では横ばい。重量ベースでも同様に前年同月比34.8%増と大きく昨年を上回ったが、前月比では21.0%の減少となった。

プラスチック用金型は、金額が93億6,100万円で前年同月比3.6%増、前月比では11.3%減と100億円を割り込んだ。数量は前年同月比4.4%減(前月比では14.8%の減少)、重量は同8.2%増(前月比では24.8%の減少)と前年同月より増加したものの、前月比では大きく減少した。

ダイカスト用金型は前年同月比11.0%増の27億6,200万円、粉末冶金用金型も同21.2%増の6億円と前年を上回った。一方、鍛造用金型は同9.6%減の14億3,700万円、鋳造用金型も同28.1%減の3億9,200万円、ガラス用金型も6.9%減の1億8,800万円、ゴム用金型も同4.1%減の5億6,700万円と前年を下回った。合計では増加傾向にあるものの、型種別には月ごとにまだら模様が続いている。

金型新聞 2022年8月10日

関連記事

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比 9.0%増の309億5,200万円 プレス型は23.9%増、プラ型は4.9%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年4月の金型生産実績をまとめた。それ…

12月の金型生産実績

12月の金型生産実績

前年同月比5.5%増の277億6、200万円 プレス型は10・1%増、プラ型は2・3%減   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成25年12月の金型生産実績をまとめた。それ…

2023年6月金型生産実績 前年同月比 10.0%減の259億4,000万円

プレス用金型は15.3%減、プラ用金型は13.8%減 2023年6月の金型生産は、前年同月比10.0%減の259億4,000万円、前月比では6.0%の増加となった。数量は前年同月比7.2%増、前月比では22.3%の大幅増…

新金型産業ビジョン<br>6つのテーマから金型業界の未来を考える

新金型産業ビジョン
6つのテーマから金型業界の未来を考える

逆境乗り越え、攻め 需要の国内回帰広がる  厳しい経営環境が続いてきた日本の金型業界。 しかし、 ここに来て円安によるユーザーの国内回帰や、一部で需給バランスが改善するなど、好転の兆しも見え始めた。 過酷な時期を乗り越え…

日鍛工 22年受注予想・4.6%増3400億円

EV、デジタル投資が活発化 日本鍛圧機械工業会(北野司会長・アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2022年の鍛圧機械受注額が前年比4.6%増の3400億円になる見通しを発表した。半導体などの部材不足や海運混乱などの懸…

関連サイト