2019年6月17日(月)

5月の金型生産実績

前年同月比 14.5%増の329億7,900万円

プレス型は25%増、鋳造型は40%増

金型生産10年の推移 

 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年5月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)4.5%減の4万6,099組、重量では13.4%増の1万2,310㌧、金額は14.5%増の329億7,900万円となった。

 型別の生産実績は次のとおり

 プレス型は数量12.3%増9,179組、重量25.6%増の6,760㌧、金額25.0%増の116億1,300万円。鍛造型は数量11.1%減の8,580組、重量11.5%増の793㌧、金額4.6%増の24億4,400万円。鋳造型は数量11.0%増の405組、重量50.0%増の252㌧、金額40.0%増の6億900万円。ダイカスト型は数量13.0%増の798組、重量1.8%減の1,493㌧、金額1.7%減の37億1,300万円。

 プラスチック型は数量8.6%減の3,162組、重量2.8%減の2,731㌧、金額12.6%増の129億3,100万円。ガラス型は数量6.9%減の1万7,179組、重量12.3%減の100㌧、金額6.2%減の1億9,700万円。ゴム型は数量4.1%増の1,176組、重量27.8%増の138㌧、金額27.3%増の8億7,700万円。粉末冶金型は数量3.4%減の5,620組、重量0.0%の42㌧、金額0.2%増の5億9,600万円。
 

内製型は23.8%増の89億1,700万円

 自家使用分(内製型)は数量が前年同月比0.8%減の5,949組、金額は前年同月比23.8%増の89億1,700万円となった。

 プレス型=数量1,848組(同3.2%減)、金額18億9,400万円(22.7%増)。鍛造型=2,520組(同3.4%増)、金額12億6,000万円(5.3%増)。鋳造型=数量49組(同18.3%減)、金額1億1,700万円(同35.6%増)。ダイカスト型=数量154組(15.8%減)、金額11億3,200万円(20.7%減)。

 プラスチック型=数量538組(11.6%増)、金額41億3,400万円(54.6%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量248組(11.2%増)、金額3億3,100万円(同45.8%増)。粉末冶金型=数量592組(15.7%減)、金額2,800万円(同15.1%減)。

金型新聞 平成29年(2017年)8月10日号

[ 統計データ(金型新聞) ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

金型づくりを変える 注目の技術<br>インターモールド 2019 総集編

金型づくりを変える 注目の技術
インターモールド 2019 総集編

 4月19〜22日、東京ビッグサイト青海展示棟で開催された国内最大の金型加工技術展「インターモールド2019」。注目を集めたのは、自動化や3Dプリンティング、IoTやAIなどより進化した次世代の技術だ。かつては夢物語だっ […]

この人に聞く
トヨタ自動車 大竹 知之部長

100年に一度の変革期 どうする金型づくり  エンジン、トランスミッション、カムシャフト、最近では電池やモータなど、自動車を動かすほぼ全ての内蔵部品の金型を手掛けるトヨタ自動車のパワートレーン工機部。豊田章男社長が「自動 […]

トヨタ紡織と技術協定<br>岩手大学

トヨタ紡織と技術協定
岩手大学

 今年3月、岩手大学と自動車部品メーカーのトヨタ紡織は生産技術開発を中心とした連携で包括協定を結んだ。両者は今後6年に渡り、生産技術のほか、幅広い分野で共同研究を進めていく。「大学全体で連携し、技術開発だけでなく、学生の […]

トピックス

関連サイト