金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

12

新聞購読のお申込み

【インタビュー】テラスレーザー常務・齋藤祐司氏「高品質・低価格で金型補修」

 テラスレーザー(静岡市駿河区、054-270-7798)は、2019年に設立された金型補修用レーザー溶接機メーカー。高品質でありながら低価格を実現し、独自技術を活かしたユーザビリティの高い製品を提供する。「『直す』という再生補修技術を通じて、金型業界の発展に貢献していきたい」と話す齋藤祐司常務に会社設立の経緯や強み、注力製品、今後の展開などを聞いた。

さいとう・ゆうじ
1980年生まれ、静岡県出身。金型メンテナンス機器メーカーで15年ほど営業担当として勤めた後に、2019年にテラスレーザーを設立、常務取締役に就任し、現在に至る。

誰でも使いこなせる独自の機能

放電の原理を応用した肉盛り

会社設立の経緯は。

 金型のメンテナンス機器は、サービスも含めてここ何年もそれほど大きな進化がみられていない。ユーザー側に立ってみると、こうした状況は決して良いとは言えない。そこで、金型補修において革新を起こすべく、レーザーや金型、ロボット分野に長けたエンジニアを集めて会社を立ち上げた。

貴社の強みは。

 そもそも金型補修用レーザー溶接機の導入を検討されているユーザーは、「価格」と「使いこなせるのか」という2つがネックになっている。当社の強みは、この2つの課題を解消できることだ。

具体的には。

 まず製品開発では、当社のものづくりポリシーである「 Be unique, be smart」のもと、「高品質」なのに「低価格」、「独自技術」により「簡単」を意識して取り組んでいる。

なぜ、「高品質」なのに「低価格」が可能か。

 当社は日本で設計、試作、開発し、機械加工や板金などは中国や台湾などのOEM先に製作を委託しているため、低価格が実現できる。一方で、レーザー発振器部品や電源本体は日本や欧米から調達し、最終組立や品質管理・検査は日本で徹底しているため、高品質を維持している。

では、「独自技術」により「簡単」とは。

 誰が作業しても要求品質を維持できるように独自のソフトウェアや補助機能を追加し、高いユーザビリティを実現する。

サービス面では

 当社のサービスポリシーは「モノは売らない、価値を提供する」。単に製品を売るだけでなく、当社の製品によって顧客がどんな成功を得られるかを考え、技術的なサポートや製品メンテナンスなどのサービスを提供する。

現在注力する製品は

 4月に放電被覆・肉盛装置「T-SPARK」を発売した。形彫り放電加工機の原理を応用した装置で、ダイカスト金型の焼付きや溶損の防止、湯流れの改善に活用される。レーザーを搭載したハイブリッドタイプも揃えており、これまで難しかった立壁や鋳抜きピンなど面粗度が求められる部品への処理が可能となり、適用範囲が広がった。

 また、当社はレーザー溶接用治具や周辺機器も豊富に取り扱っており、20年からはレーザー溶接用マイクロワイヤ専門のオンラインショップも開設している。

今後の展開や方向性は。

 レーザー溶接の分野でも自動化が求められているため、研究開発を進めていく。また、現場作業性にこだわった新しい補修方法も検討していくつもりだ。「直す」という再生補修技術を通じて、金型業界のさらなる発展に貢献していく。

金型新聞 2021年5月14日

関連記事

新春金型メーカー座談会
〜女性の活躍を考える〜

 製造業において、人手不足は深刻な問題となっている。困難な採用環境、熟練者の高齢化などに加え、働き方改革関連法の完全施行もあり、金型メーカー各社も対応に苦慮している。特に人手不足への対応は、生産性の向上はもとより、女性の…

己が戦力知り戦略
日本金型工業会学術顧問 /日本工業大学客員教授
横田 悦二郎氏に聞く

〜世界の需要どう取り込む〜  世界の金型需要を取り込むには何が必要か—。世界各地の金型工業会の設立に関わり、世界中の金型業界をよく知る日本金型工業会学術顧問の横田悦二郎氏は「コロナで世界の金型需要は高まるが、需要を確保す…

【ひと】ベントム工業社長・本田大介さん システム会社を立ち上げた金型経営者

システム会社立ち上げた金型経営者  クラシック音楽事務所の営業から父親が創業した鋳造・ダイカスト金型メーカーに転職。会社を受け継いだ後、工程管理を手掛けるシステム開発会社を設立した。異色の金型経営者だ。  入社した当初は…

顧客の成功考え、最適な提案 小林貞人氏(GFマシニングソリューションズ社長)【この人に聞く】

GFマシニングソリューションズ(横浜市神奈川区、045・450・1625)は今年8月、AM事業部長の小林貞人氏が社長に就任した。放電加工機やマシニングセンタ(MC)、自動化システムなどを手掛ける同社は今後、日本の金型業界…

O2 代表取締役社長CEO ・松本 晋一氏 「疎連携」で個社を成長

IBUKI を売却大企業の足りないパーツに成長を加速し100億円企業へ 7年前に買収したプラスチック金型メーカーのIBUKIを昨年、自動車部品メーカーのしげる工業に売却しました。売上利益ともに過去最高の予測、中国企業と基…

関連サイト