機械や工具の最新情報など、金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

DECEMBER

08

新聞購読のお申込み

KGM経営戦略製作所 金型の肉盛補修サービス

専業メーカーと連携し提供

中小企業向けコンサルティング事業などを行うKGM経営戦略製作所(東京都千代田区、050-5532-7032)はこのほど、金型のレーザー溶接肉盛補修サービスを開始した。タイと日本国内の専業メーカーと連携し、サービスを提供する。

連携するのは、タイのDSIレーザーウェルディング社とDKNレーザー溶接(栃木県宇都宮市)。ドイツのアルファレーザー社製レーザー溶接機(平均出力300W)を設備し、最大2m×2m、重さ1.5tまでの金型に対応する。価格は2500円(税別)から。

パルスレーザーによる肉盛補修のため、溶接箇所にヒケなどの変形や、ピンホールなどが発生しにくい。また、ウェブ会議システムを活用した詳細な打ち合わせにも対応する。

金型新聞 2021年10月10日

関連記事

冨士ダイス 久保井副社長が社長に就任

冨士ダイス(東京都大田区、03-3759 -7181)はこのほど、4日1日付けで久保井恒之副社長が社長に就任する人事を発表した。西嶋守男社長は代表権のある会長に就任する。 久保井氏は、1958年生まれ、東京都出身。81年…

【人事】黒田精工

6月29日付 (敬称略、カッコ内旧職) ▽常務(取締役)金型事業部長兼長野工場長石井克則▽取締役技術本部長米川泉▽取締役管理本部長兼経理部長兼情報システム部長荻窪康裕▽顧問(常務)佐古斉文▽退任(取締役)牧元一幸 牧元氏…

【金型の底力】東京鋲螺工機 燃料電池セパレータ用金型の開発に着手

超硬金型、第2世代へセパレータ用金型に挑戦  冷間鍛造、冷間圧造用の金型を手掛ける東京鋲螺工機は、燃料電池用セパレータ用の超硬合金金型の開発に着手した。これまで超硬合金を直彫切削した金型を「Tokyo‐ACE」と名付け商…

大同特殊鋼 工具鋼2~5%値上げ

9月契約分から 生産能力上回る需要 大同特殊鋼は9月契約分から、全ての工具鋼製品で2~5%の値上げを実施する。今年1月契約分からも値上げを実施したが、それに続く2回目となる。 スクラップの高騰が続いていることに加え、自動…

ナカヤマ精密 熊本に工場増設

金型部品の生産強化 ナカヤマ精密(大阪市淀川区、06-4807-1500)は、熊本県菊陽町のテクニカルセンターに工場を増設する。精密金型部品や半導体製造装置部品の生産力を強化し、拡大する市場のニーズに応える。 新工場は敷…

トピックス

関連サイト