金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

29

新聞購読のお申込み

広州丸順 中国金型メーカーと提携

受注拡大、相互補完を目指す

丸順の連結子会社・広州丸順汽車配件が中国四川省の金型メーカー成都普什汽車摸具と中国市場における金型及び自動車部品に関する戦略的業務提携契約を締結する。

市場拡大が続く中国自動車市場において、金型及び自動車部品の両社共同での受注拡大と新規顧客の獲得を目指す。

また、広州丸順社の強みであるハイテン金型製作及びハイテン部品製造能力と成普汽模社の強みである自動車外板金型製作能力など、両社の強みを相互補完しながら競争力の向上を図るほか、生産拠点及び生産能力の相互補完にも取り組む。

成都普什汽車摸具は、中国最大級の規模を誇る国営酒造メーカー五粮液集団傘下の普什集団の完全子会社として2008 年に設立。現在は一汽グループ、ボルボ、ステランティスグループ、マツダ、長城自動車等の自動車完成車メーカーの自動車用外板金型の製作及び部品製造を手懸けている。20年12月期の売上高は、1億7252万1000人民元だった。資本金は、1億2000万人民元。丸順は、成普汽模社の前身である普什摸具社が自動車用金型事業に進出する際に、技術支援契約を締結し、03年から09年まで支援者を派遣していた。

金型新聞 2022年2月10日

関連記事

テラスレーザー 女性溶接技術者カレンダーを作成

溶接機メーカーが企画 女性活躍の推進に レーザー溶接機を手掛けるテラスレーザー(静岡市駿河区、054-270-7798)はこのほど、ものづくり現場で活躍する女性溶接技術者の写真を掲載したカレンダーを作成した。今月から配布…

丸順 組織変更・役員人事

組織変更 グループ全体の事業戦略、技術開発及び海外事業を統括する企画・開発本部を設置し、経営企画部及び事業開発部を位置付ける。 海外事業を事業戦略及び技術開発の観点から強化、管理するため海外事業本部を廃止し、その機能 を…

【人事】冨士ダイス

6月下旬 (敬称略、カッコ内旧職)  ▽取締役(執行役員)生産本部長 兼生産管理統括センター長馬渡和幸 金型新聞 2021年6月10日

鈴木 21年7–12月期決算

部品事業が好調を維持 鈴木の2021年7—12月期決算は、売上高117億4100万円(前年同期159億3100万円)となった。「収益認識に関する会計基準」の適用で、前期とは単純比較できないが、金型事業は低調な一方、部品事…

IMS社、工場スタートアップなどを支援

バングラデシュ企業との提携先を募集 製品開発支援、成形・金型の若手技術者育成事業を手掛けるIMS(大阪市平野区、06-6743-7893)は、製造業から飲食業など幅広い業種を手掛けるバングラデシュの老舗財閥企業と顧問契約…

トピックス

関連サイト