金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

07

新聞購読のお申込み

金型12月生産実績 前年同月比15.9%増の269億1,500万円

プレス型は45.6%増、プラ型は2.2%減

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2022年1月の金型生産は、前年同月比15.9%増の269億1,500万円となった。前月比では14.2%減。数量は前年同月比6.9%増で、前月比では20.6%減の3万4,708組、重量は前年同月比65.2%増、前月比では12.6%増の1万3,864トンとなった。

プレス用金型の金額は119億6,600万円で前年同月比45.6%増と大きく伸びた。前月比では10.4%の減少となった。数量も前年同月比で9.6%増、重量ベースでは同120.8%増と大きく昨年を上回った。

プラスチック用金型は、金額は89億6,800万円で、前年同月比で2.2%減、前月比では16.7%減となった。数量は前年同月比12.9%減(前月比では21.4%の減少)、重量は同13.1%増(前月比では11.6%の減)と苦戦した。

ダイカスト用金型は前年同月比11.8%増の29億9,000万円。粉末冶金用金型は同26.4%増の4億700万円と増加。一方、鍛造用金型は、同3.6%減の15億900万円、鋳造用金型も同6.1%減の3億5,500万円と減少した。ゴム用金型も同20.9%減の5億5,300万円、ガラス用金型も同13.0%減の1億6,800万円と減少した。

日本産機新聞 2022年4月10日

関連記事

2023年鍛圧機械受注見通し 前年並みの3715億円

日本鍛圧機械工業会(北野司会長・アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2023年の鍛圧機械受注額が前年並みの3715億円になると発表した。国内外ともに電気自動車(EV)関連や、半導体製造装置関連、省エネ設備関連向けの設…

2021年の金型生産額 20年比3.9%減の3443億7900万円

鍛造やダイカストは回復 経済産業省が発表した機械統計によると、2021年の金型生産額は3.9%減の3443億7900万円だった。4年連続で前年を下回った。 8型種のうち鍛造型やダイカスト型などの3型種で回復したが、プレス…

ネットワーク化進む  金型関連企業

ネットワーク化進む 金型関連企業

「力」合わせる時 技術交流、共同受注 技術力を誇る日本の金型メーカーが、連携・組織化なりチーム・ネットワーク化を始めている。何れも好調な滑り出しで、20人以下の事業所が89%(2012年工業統計)を占める業界に新たな事業…

6月の金型生産実績

6月の金型生産実績

前年同月比18.4%増の343億8,900万円 プレス型は17.8%増、プラ型は16.6%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年6月の金型生産実績をまとめた。それに…

新型コロナ<br>受注、生産への対策は

新型コロナ
受注、生産への対策は

 コロナウイルスによる影響が広がる中で、金型メーカーはどう考え、どのような対策をとっているのか。新規開拓、他分野に進出、資金確保、働き方の見直しなど様々な手を打ち始めている。受注、生産面でそれぞれの対策と、今回のコロナ禍…

関連サイト