金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

06

新聞購読のお申込み

NTTデータエンジニアリングシステムズ 「Spase-E」新版を販売開始

UI変更で操作性向上

NTTデータエンジニアリングシステムズ(東京都大田区、03-5711-5341)は10月12日、金型向けCAMシステム「Space‐E /CAM2022」の販売を開始する。CAMエンジンを刷新し、ユーザーインターフェース(UI)を最適化するなど、20年以上振りにSpace‐Eをリニューアルした。

優れた演算ロジックのCAMエンジンを新たに採用。高品位なパスを作成でき、高精度な加工に貢献する。重切削から小物の精密加工まで対応し、複雑な曲面も高い面粗度で仕上げることが可能で、磨き作業が軽減できる。

UIも大幅に変更し、1つの画面で全機能を操作することができるなど、操作性を大幅に向上した。クリック数を減らすことで、工程参照から加工範囲の設定までの作業時間を従来に比べ、6割削減できるという。

今回は3軸仕様だけだが、来年にはモデリングや5軸機能も順次刷新していく予定で、標準価格は450万円から。オンプレミス版と、同社の「Manufacturing‐Space」のクラウド版で提供する。

金型新聞 2022年10月10日

関連記事

ワークス 直径0.1㎜のガラスレンズ金型を開発

ワークス(福岡県遠賀町、093-291-1778)は、直径0・1㎜のガラスレンズ金型を開発した。独自の微細なナノ多結晶ダイヤモンド工具で加工し実現した。これまでの最小径は0.5㎜で、世界最小クラスという。従来は難しい超小…

面取り工具を発売
三菱日立ツール

高硬度鋼に対応  三菱日立ツール(東京都墨田区、03-6890-5101)はこのほど、高硬度鋼加工に対応した面取り工具「DN2HC‐ATH」を発売した。NCによる自動機械加工を可能にし、手作業時間を低減する。  「ATH…

ヤマシタワークス 「ハイブリッド打錠用きね」が発明奨励賞を受賞

ヤマシタワークスはこのほど、薬品などの錠剤を錆びずに打錠できる「ハイブリッド打錠用杵」で、発明協会の「発明奨励賞」を受賞した。同賞は科学技術の発展と産業振興に貢献した製品や技術に贈られる賞。 受賞した製品は同社の鏡面磨き…

牧野フライス製作所 立形5軸と形彫の新型

大物金型向けを強化  牧野フライス製作所は中・大物金型向けの製品の品ぞろえを拡充する。2月24日、大型の5軸制御立形マシニングセンタ(MC)と、大型NC放電加工機を同時に発売した。インパネやバックパネルなど自動車の意匠性…

迫る金型の技術革新
岐阜大学 三田村一広特任教授に聞く

 「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)に代表されるように、「百年に一度の変革期」と言われる自動車業界。金型にとってもその影響は大きく、舵取り次第では将来の成長を左右しかねない。特に、金型へのインパ…

関連サイト