金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

28

新聞購読のお申込み

DXの本質は生産性の向上と人材育成 佐藤声喜氏(KMC社長)【特集:利益を生むDX】

多くの製造現場がDX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性を認識する一方で、DX導入に苦労している企業や製造現場も少なくない。そうした中、「製造DXソリューションカンパニー」を掲げるKMC(川崎市高津区)は、工作機械や金型に取り付けるセンサや、そこで取得したデータを活用するソフトウエア、コンサルティングを手掛け、製造現場のDX支援に力を注ぐ。DXの本質とは何か。同社を創業し、200社以上の技術コンサルで製造現場改革を支援してきた佐藤声喜氏に話を聞いた。

利益向上、新領域への挑戦可能に

KMC 代表取締役 工学博士 佐藤声喜(さとう・せいき)氏。
1956年生まれ、秋田県出身。1980年芝浦工業大学博士修士課程を修了後、三井金属鉱業に入社。90年に金型ベンチャー企業のインクスを設立した。2010年にKMCを創業し、製造業の技術コンサルやIoT・M2M関連機器・ソフトウエアを手掛ける。

DXの本質とは。

職人依存、経験、勘、五感の属人的製造から脱却し、身近なデジタル職場・職人を作ること。要は効率化による生産性向上と人材育成だ。工作機械や金型に取り付けたセンサで、現場のデータを取って、そのデータを見て分析し、改善につなげる。このサイクルを実践する現場と人材こそDXだと考えている。

金型を始めとした製造業によるDXの現状は。

すでに多くの企業がセンサなどを活用し、現場のデータを集め始めている。ただ、その生かし方が分からないという企業が少なくない。単なるDX導入は失敗を生み出し、多くの現場が苦労している。

課題は何か。

一つは人材だ。製造現場のDXで必要なのは、データ分析や解析が得意な人材ではなく、現場を良く知り、何のためにどのデータを取るのかを理解している人材だ。現場のスマート化を進めることができる“デジタル職人”こそ、これから必要な人材だろう。ただ、こうした人材はまだ少ない。

育てるためには。

道具を上手く活用すること。機械や金型の状態を把握できるセンサやセンシング技術は進化している。金型や設備IoTも同じ。こうしたツールやシステムをいち早く導入し、人材育成に活用することが重要となる。

投資に踏み切れない企業も多いのでは。

現在、少子高齢化によって、ノウハウを持った職人が減っており、このままでは現場が成り立たなくなるという危機を迎えている。生き残れるかどうかの中で費用対効果の話をしている場合だろうか。判断の遅さも課題の一つ。一刻も早く現場導入を検討すべきだ。

DXは利益向上につながるか。

利益を上げるためには、受注を増やすか、原価を下げるか。DXはこの2つに大きく貢献する。例えば、帳票をデジタル化することで集計工数を削減できるし、設備の予兆保全に活用することで実稼働率・べき動率の向上も可能になる。

また、より付加価値の高い製品やサービスの提供にもつながる。特に金型ノウハウや型保全サービスには高い付加価値があると考えていい。DXによって、こうした新たなビジネス領域への挑戦も可能になるだろう。

金型新聞 2023年2月10日

関連記事

【検証】変わる金型基金 新たな船出3<br>年金有期化で安定運用

【検証】変わる金型基金 新たな船出3
年金有期化で安定運用

 前号では、日本金型工業厚生年金基金(上田勝弘理事長、以下金型基金)の現行制度の「定額加算」と「高い予定利率」の2つの課題とその解決策を紹介した。本号では、3つ目で最大の課題でもある「終身年金」の課題と、新制度ではどのよ…

工場長に求める条件とは?! 金型メーカー経営者にアンケート【特集:工場長の条件】

チームで業務遂行する力 金型づくりが高度化し、先が読みづらい時代。だからこそ、工場長の役割がより重要になり、また求められることも変化しているのではないか。そう考え、本紙では「経営者が今の工場長に求める条件は何か」を探るた…

電極工程の自動化で9割のコスト削減に成功 キャノンモールド【特集:利益を生むDX】

DXの本質は利益を生み出すことにある。以降では、DXによって「売上げを上げて利益を生み出す」方法と「コストを下げて利益を生み出す」企業のそれぞれの取り組みを取材した。 電極の測定プログラム自動作成 精密プラスチック金型を…

ものつくり大学 西 直美教授に聞く<br>ダイカスト金型の未来

ものつくり大学 西 直美教授に聞く
ダイカスト金型の未来

成形技術の進化で変わる金型 構造部品など増える  電気自動車(EV)が金型づくりにも大きな影響を及ぼすことは間違いない。とりわけ、エンジンがなくなることでダイカスト型の減少を懸念する声も多い。元リョービで、日本ダイカスト…

ツバメックス 多田羅晋由社長インタビュー【特集:金型メーカーのコト売り戦略】

昨今、顧客の課題解決につながるソリューションやサービスなどを提供する金型メーカーが増えている。なぜ、従来の金型づくりだけでなく、自社が保有する技術を生かしたソリューションや、AI・IoTを活用したサービスなどを提供するの…

関連サイト