機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

05

新聞購読のお申込み

がんばれ!日本の金型産業特集
タムラエジア 田村 知之 社長

ニーズに応える策 考え抜く
技術_R
技術力と設計開発力で提案

医療や電設用のチューブやフィルムなどのプラスチック押出金型を手掛けるタムラエジアは、高い加工技術力で顧客の信頼を得てきた会社だ。部品加工屋として創業後、ある押出機メーカーの仕事を受注してから徐々に金型加工も引き受けるようになり、15年前に押出金型に特化した。

とくに「磨き」の技術に強みをもつ。押出では、樹脂が均等に流れることが高品質な製品に繋がるため、金型の表面には高い面品位が求められる。同社では、磨き工程専用の部屋を設け、機械では追い込めない下磨きから鏡面仕上げまで幾重にも渡る工程を手作業で仕上げている。

また、もともとの部品加工屋としてのノウハウを活かして、ハステロイやインコネルなどの難削材加工ができる技術力も強みのひとつだ。

こうした高い加工技術力をもつ一方で、田村社長は「これからの時代、切粉を出しているだけでは成長できない」と危機を抱き、設計に力を入れつつある。上流工程である設計から手掛けることで、品質やコスト、スピードなどでより付加価値の高い金型を提供していく考えだ。

そのために、すべての従業員にCAD/CAMを持たせたり、三次元測定器を設備して生産管理の徹底化を図るなど、設計から組立まで一貫生産できる体制を整える。

「何を求めているか、どういうものを作れば良いかを常に考えることが大切」と話す田村社長。高い技術力と設計開発力で提案型企業を目指し、さらなるユーザーの信頼を勝ち取っていく。

人_R
エンジニアへの道は隗から

付加価値の高い金型づくりをしていくために、人材は特に重要だ。人材不足が叫ばれて久しい金型業界だが、田村社長は「人が来てくれたからありがたいではなく、しっかり選ばないといけない」と採用から力を入れる。

とくに重視するのは「コミュニケーション能力」だ。提案型企業を目指す同社にとって、ただ依頼された仕事だけをこなすのではなく、顧客とコミュニケーションを取り、最適なものを作ることが不可欠だからだ。

こうした考えは、社名にも込められている。海外で「エンジニア」といえば、プロフェッショナルな技術者の称号として位置付けられている。同社でも高い技術力はもちろん、提案力や交渉力などの高い対応力も身に付けた「エンジニア」として、従来の職人像を超えた人材の育成に取り組む。

そうした目標を持つ田村社長が、社員を指導するうえで大事にしているのは、「基本的なこと以外は教えない」ことだ。「全てを教えてしまうと言われたことだけのなりがち。たとえ遠回りになったとしても、途中の風景を見ることが確実に将来の成長に繋がる」と話す。

また、社員のレベルアップを図るために、勉強会などを積極的に行い、幅広い知識を付けさせている。たとえば、製品や素材メーカーなどを招いた講演会を開き、金型づくりのヒントとなるものを学ぶ機会を設けている。社員一人一人の成長が、会社としての成長に繋がり、金型メーカーとして発展し続けることを目指す。


会社メモ
田村知之社長_R

代表者=代表取締役 田村 知之氏
創立=1967年2月
所在地=東京都大田区東糀谷6-4-17 OTAテクノCORE101
資本金=500万円
TEL=03・5735・3501
FAX=03・5735・3502
URL=http://www.tamuraejer.com
従業員数=7人
事業内容=押出金型・異形金型・その他精密金型の設計開発、金属・非鉄金属の切削加工など
主な設備=マシニングセンタ(大阪機工など)3台、研削盤(岡本工作機械)2台、NCフライス(オークマ)1台、旋盤2台、三次元測定器(ファロー)1台など。

金型新聞 平成27年(2015年)6月4日号

関連記事

形彫2機種発売
ソディック

大型と精密部品向けAI活用や新電源搭載  ソディックは形彫り放電加工機のシリーズ拡充を図っている。このほど、自動車の大型部品や、精密部品向けの放電加工機2機種を発売した。  大型部品向けの「AG200L」は、従来のC型コ…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比 0.4%減の345億3,500万円 プレス型は4.4%増、プラ型は6.3%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

DMG森精機 金型エクセレンスセンタが始動
5軸加工機を販売強化

加工から計測まで提案  DMG森精機は5月22日、伊賀事業所(三重県伊賀市)で行われた「伊賀イノベーションデー2018」で、金型専門チームの『金型エクセレンスセンタ』を立ち上げ、5軸加工機の販売を強化する。金型分野におい…

成形不良を出さない生産システムの確立
岐阜大学 王志剛副学長に聞く、スマート金型開発の行方

 岐阜大学が2018年に3カ年の研究開発である「スマート金型開発拠点事業」を始めた。労働人口減少時代を想定し、従来にはない高効率な生産システムの確立を目指し、金型を使った量産システムの不良率ゼロを目標に掲げる。同事業は文…

産学連携など研修
金型工業会 東部支部

 日本金型工業会東部支部(鈴木教義支部長、鈴木社長)は5月17日、上野精養軒(東京都台東区)で第7回定時総会を開いた。昨年度の事業報告や決算報告、今年度の事業計画や予算案など全議案が承認された。  今年度は、部会活動や委…

トピックス

関連サイト