金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

16

新聞購読のお申込み

メキシコに金型長屋<池上金型工業>

現地に金型補修工場

プレス型、シボとも提携

車産業の拡大に先手

プラスチック金型メーカーの池上金型工業(埼玉県加須市、0480・44・8686、池上正信社長)はメキシコでの事業を強化している。昨年末、現地法人の池上メキシコが自動車メーカーの拠点が多いバヒオ地区に金型の補修を中心とする工場を稼働させた。また、プレス型メーカーやシボ加工メーカーとも提携し、補修できる金型の種類を増やしている。池上メキシコでは将来、補修だけでなく金型メーカーらが集積し、最高品質の金型を提供できる「金型長屋」にしたい考えだ。

バヒオ地区はメキシコ中南部に位置し、マツダやホンダ、フォルクスワーゲンなど自動車メーカーや一次部品メーカーの新工場が相次いで稼働しており、金型の需要が増える可能性が高い。ただ「現地で金型を作れるインフラがなく、まだユーザー側も金型を現地調達する環境にない」(池上社長)ため、まずは補修を中心に事業を強化した。
1500㎡の敷地を確保し、日本製のマシニングセンタなど約1億2000万円を投資。8人で始め、年内には13人に増員する計画だ。月30~50型程度の金型の補修や調達、組立などができる体制とする。金型の調達は池上金型の日本や中国、韓国、台湾の金型メーカーなどを活用する。
既にプレス金型メーカーの昭和精工(木田成人社長)とシボ加工メーカーの棚沢八光社(棚沢肇社長)とも提携し、補修できる範囲と金型の種類を増やした。棚沢八光社は敷地内の一部を間借りする形で進出し、シボの補修を行う。昭和精工は工場内の設備などを借りながら、自社製の金型の補修などを行う。
池上金型は1998年にイケガミモールドメキシコを設立。アメリカに近いティファナに工場を設け、月35型近くの金型補修などをできる能力を持つ。バヒオ工場と合わせ月65~85型の能力まで引き上げる考えだ。
池上メキシコの古賀良幸バヒオ工場長は「バヒオは金型製造のインフラが整うまで時間は掛かるが、自動車産業の集積地になる。今回はプレス金型とシボメーカーだけだが、池上メキシコを中心に、他種の金型メーカーや熱処理メーカーなどと協業し、将来的にはバヒオで最高品質の金型が製造できる『金型長屋』を作りたい」としている。

金型新聞 平成26年(2014年)5月14日号

関連記事

進化する金型のスマート化

 ITやセンシング技術を駆使した「金型のスマート化」が進んでいる。温度や圧力など様々なセンサを金型に取り付け、インターネットに接続することで、金型の状態がいつでもどこでも把握できるようになるほか、取得したこれらのデータを…

型技術協会 型技術者会議2021

オンラインで 10月12〜15日 型技術協会は10月12~15日にウェブ上で「型技術者会議2021オンライン会議」を開くと発表した。 オンライン会議システム「Teams」で開催する。参加人数200人。申し込み締め切り日は…

【金型の底力】キヤノンモールド世界に誇れる「見通せる工場」

世界一の金型メーカーへ 新本社工場が本格稼働 キヤノンモールドは移転を進めていた「本社・友部事業所」を7月から本格稼働させた。市内に分散していた工場を1か所に集約。自動化や人・モノの移動を減らすなどして、従来比で1.5倍…

―成形をゆく―
三扇化学(愛知県小牧市)

ユーザーと金型メーカーの間に立つ指揮者 この会社がないと困る  プラスチックやプレス成形加工メーカーにとって金型メーカーは、どんな存在なのか。今更ながら素朴な疑問に突き当たり、この4月号からプラスチック、プレス、ダイカス…

倉敷機械 5軸MCに横中ぐり機能を追加

干渉防ぎ深部まで加工 倉敷機械(新潟県長岡市、0258-35-3040)はこのほど、5軸マシニングセンタ(MC)に横中ぐり盤の機能を搭載した新型工作機械「KTR‐1200」を発売した。航空機のエンジンケースや金型など複合…

関連サイト