機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

search menu

MAY

16

新聞購読のお申込み

次世代車で変わる型作り
冨山 隆アライアンス・グローバルダイレクターに聞く

 厳しくなる世界各国の燃費規制に対応するため電気自動車(EV)を始めとする、次世代自動車の浸透スピードは加速している。加えて、自動運転も次世代技術として注目を集めている。こうした自動車の変化は金型にどう影響するのか。電動化で「車体、バッテリー、モータの3つが重要な要素になる」と話す、日産自動車の冨山隆アライアンス・グローバルダイレクターに、電動化や自動運転で金型がどう変わるのか、金型メーカーに必要なことなどを聞いた。

 1985年日産自動車入社、99年車両生産技術本部プレス技術部型設計課主担、2004年同本部プレス技術部主管、12年日産自動車九州工務部部長、15年タイ日産自動車出向、17年現職。

マルチ素材の車体が主流に

金型に関係が大きい車体の動向から教えていただけませんか?

 電動化に伴いバッテリー重量が重くなり、車両重量が重くなる中、航続距離を延ばすには車体の軽量化は不可欠になっている。欧州ではオールアルミや、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)ボディーの車もあるが、大衆車として販売するには高すぎる。また、コスト面だけでなく、単純に軽くすればいいわけではない。構造部には強度が必要だし、ハイテン材、アルミ、ホットプレス、CFRPなど部位ごとに最適な素材を配置するマルチマテリアルボディが今後主流になるだろう。

どんな素材が増えていくのでしょうか?

 コストが下がればアルミ使用量はもっと増えると思う。しかし、技術の進化によってどうなるかは断言できない。また、金型に直接関係ないが、マルチマテリアル化に伴い、接合技術の果たす役割も大きい。エンジニアはどこにどんな素材を使いたいかは、頭にある。しかし、接合が制約になっていることも少なくない。どんな素材が増えるにせよ、それを実現させるための投資が莫大になるので、金型メーカー1社で全ての技術をカバーするのは難しいと言わざるを得ない。技術動向を見極めつつ、ハイテン、アルミなど金型メーカー各社が専門性を持っていくことが必要と考える。

モータやバッテリー要求性のからくる金型の変化は?

 モータで使われるコイルなど構成部品の精度が安定しなければエネルギー消費に不効率が生じる。これまで以上に高い精度で部品のバラつきを減らす精密な金型が必要になると思う。バッテリーでは、まだ確立されていないが、全個体電池が主流になっていっていくだろう。液状バッテリーに対して大容量のエネルギーの実現、配置も自由になりデザインへの柔軟性も高まるからだ。

自動運転も注目されるが、そこで要求される金型技術は?

 自動運転に必要な多くのセンサやレンズを配置させるための新たな金型技術が増えるのは間違いない。いかにセンサやレンズを目立たなくさせ、デザインを活かすか。レーザーを透過させる薄肉成形や、ガラスや樹脂にレンズを埋め込むなどの技術も必要になってくるだろう。

「金型の履歴書」必要 知見提供する力

電動化、自動運転で金型も変わりそうですが、どんな技術が必要になっていくのでしょうか?

 プレスでは一発OKの金型がずっと求められてきた。これは今後も変わらない。ただそれを実現するための技術は変わる。かつては匠と言われる職人が技能で対応していた。最近では解析技術が発達し、成形結果との相関を見極めながら金型づくりを進めている。しかし、それでもやり直し工数はゼロにはなっていない。今後は、成形品に対してだけではなく、金型の作り方まで含めた部分の解析が必要になると思う。

具体的に教えて欲しいのですが?

 現状では金型づくりの過程が解析結果にどう影響しているのかなど、全く分からない部分が存在している。カッターパスをどう出して、どう仕上げたのか。工程の一つ一つが解析にどう影響しているのかという分析まで必要になる。エンジニアが意図した金型づくりの規格を定義し、それ通りに作成工程にて作られているのか、そこまで追求し、シミュレーションとの相関精度を高めていく必要があると考える。

金型メーカーに求めることは?

 解析に加えて、トレーサビリティがキーワードだと思う。この部品や金型がどういう素性なのか。図面情報だけでなく、先に言った解析とも関連するが、作り方まで含めた「金型の履歴書」のようなものが将来は必要になると思う。自動車メーカーとしては、安全性能を保証する意味と同様に、金型づくりでもそうしたデータは重要になると思う。

どういうことでしょうか?

 例えば莫大な加工や金型のキーとなる情報のビッグデータを人工知能(AI)で解析すれば、金型づくりの最適化や精度向上に役立つはずだ。一方で、解析したデータをもとに、それをブラッシュアップしたり、他の金型に展開したりする技術とコラボできる職人の育成も必要だ。このようなデータや知見を提供できる金型メーカーは今後強くなれると思う。こうした情報やデータは知的財産でもあるので、それ自体でビジネス展開も可能になるのではないか。

金型しんぶん 2019年6月7日

関連記事

挑む金型新時代<br>日本金型工業会 会長 小出悟氏

挑む金型新時代
日本金型工業会 会長 小出悟氏

次代を担う人財作り 金型マスターが道開く  平成31年の新年を迎えるにあたり、会員の皆様を始め関連官公庁、関連団体の皆々様に謹んで新春のお喜びを申し上げます。  日本の経済はリーマンショック後10年を過ごし、それ以前の水…

切削油をオーダーメイド
サンコーオイル

 「お客様が求める油を作りたい」と語るのは、サンコーオイルの菅大祐専務。同社ではユーザーが求める価格帯や性能、さらには環境への影響まで考慮し、オーダーメイドで切削油の製造を行い、好評を得ている。  切削油のオーダーメイド…

この人に聞く
ヨロズ 志藤 昭彦会長

 サスペンションやリヤビームなど自動車用プレス部品を手掛けるヨロズは2023年をめどに、プレス金型の生産能力を年1600型から2400型の1.5倍に引き上げる。生産増強に合わせて、金型を中心に生産設備の外販を始める一方、…

この人に聞く 2014 C&Gシステムズ 塩田 聖一社長

この人に聞く 2014 C&Gシステムズ 塩田 聖一社長

金型は成長産業 「金型は世界的には成長産業」―。そう話すのはCAD/CAMメーカー、C&Gシステムズの塩田聖一社長。コンピューターエンジニアリング(CE)とグラフィックプロダクツ(GP)の合併から4年半、年平均の成長率1…

金型磨きロボット開発<br>近畿大学・理工学部 原田 孝教授

金型磨きロボット開発
近畿大学・理工学部 原田 孝教授

パラレルで力制御、高速・高精度  金型を自動で磨くロボットはかねてから望まれ、機械メーカーや研究機関が開発に挑んできた。近畿大学理工学部の原田孝教授もそのひとり。昨年、パラレルリンクやDDモータにより微妙な力加減を緻密に…

トピックス

関連サイト
一般社団法人日本工作機械工業会
日本機械工具工業会
一般社団法人日本工作機器工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学測定機工業会
全国作業工具工業組合
日本精密機械工業会
日本工作機械輸入協会 jmtia
日本金型工業会 jmtia