金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

DECEMBER

04

新聞購読のお申込み

10月の金型生産実績

前年同月比9.6%減の300億6,800万円
プレス型は26・9%減、プラ型は6・3%増
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年10月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)7・0%減の4万7,262組、重量は14・8%減の1万2,331㌧、金額は9・6%減の300億6、800万円となった。
型別の生産実績は次のとおり
プレス型は数量15.4%減の1万314組、重量24・4%減の7,315㌧、金額25・9%減の115億5,000万円。鍛造型は数量0・5%増の12,154組、重量0・6%減の815㌧、金額2・5%増の25億2,600万円。鋳造型は数量7・8%減の472組、重量4・0%減の336㌧、金額14・6%減の7億2,700万円。ダイカスト型は数量9・8%減の653組、重量11・1%増の1,257㌧、金額13・1%増の35億8,700万円。
プラスチック型は数量0・1%減の3、060組、重量7・0%増の2,364㌧、金額6・3%増の104億8,600万円。ガラス型は数量7.9%減の1万5、128組、重量4.5%減の106㌧、金額1・7%減の2億2、300万円。ゴム型は数量22.6%減の555組、重量29.1%減の95㌧、金額23.1%減の4億7,200万円。粉末冶金型は数量6.5%減の4,926組、重量4・3%減の44㌧、金額1・8%増の4億9,800万円。

内製型は6.2%減の85億2,700万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比15.9%減の6,727組、金額は前年同月比6.2%減の85億2,700万円となった。
プレス型=数量1、986組(同30.7%減)、金額29億4,500万円(17.1%減)。鍛造型=2,706組(0.1%増)、金額11億2,400万円(3.0%増)。鋳造型=数量63組(1・6%増)、金額1億8,000万円(20.3%減)。ダイカスト型=数量146組(24.8%増)、金額10億8,600万円(44・2%増)。
プラスチック型=数量660組(2.4%減)、金額29億7、500万円(6.6%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量66組(35・3%減)、金額1億5、000万円(30.9%減)。粉末冶金型=数量1,100組(26.5%減)、金額6,800万円(1.5%増)。

金型新聞 平成27年(2015年)1月10日号

関連記事

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー<br>「金型への熱い思い」

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー
「金型への熱い思い」

挑戦や協働にやりがい 技術向上し、多能工目指す  本紙では4月から5月にかけて、全国の金型メーカーで働く20代から40代までの若手従業員102人を対象に、「金型に対する熱い思い」をテーマとし仕事や会社、業界に対する意識調…

7月の金型生産実績

7月の金型生産実績

前年同月比15.3%増の316億4,800万円 プレス型は30・7%増、プラ型は11・9%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年7月の金型生産実績をまとめた。それに…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比7.0%増の345億5,500万円 プレス型は6.3%減、プラ型は19.2%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

金型12月生産実績 前年同月比 2.6%増の313億900万円

プレス型は0.3%増、プラ型は2.2%増 2021年12月の金型生産は、前年同月比2.6%増の313億900万円となった。前月比では29.6%増。数量は前年同月比6.7%増で、前月比でも10.3%増の4万3,713組、重…

工業統計から読む 日本の金型の競争力

 かつて世界一の生産額を誇り、“金型大国”と呼ばれていた日本の金型産業。ピーク時には、年間で2兆円近い金型を日本で生産していた。しかし2000年以降、自動車や電機といったセットメーカーの相次ぐ海外移転による国内需要の減少…

関連サイト