機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

JULY

23

新聞購読のお申込み

4月の金型生産実績

前年同月比3.5%増の268億6、800万円
プレス型は0・1%減、プラ型は8・7%増
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年4月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)8・6%減の5万3,756組、重量は2・2%減の1万1,207㌧、金額は3・5%増の268億6千8百万円となった。
型別の生産実績は次のとおり
プレス型は数量13.5%減の9、098組、重量0・56%減の6,539㌧、金額0・1%減の99億4,100万円。鍛造型は数量14・5%減の11,289組、重量14・2%増の709㌧、金額16・9%増の23億7,800万円。鋳造型は数量6・3%減の401組、重量4・4%減の306㌧、金額5・6%減の5億9、000万円。ダイカスト型は数量12・1%減の631組、重量4・1%減の1,020㌧、金額4・2%減の26億1,800万円。
プラスチック型は数量2・8%増の3、023組、重量7・2%増の2,373㌧、金額8・7%増の101億100万円。ガラス型は数量6.6%減の2万3,487組、重量12.5%減の119㌧、金額9・3%減の2億5、200万円。ゴム型は数量3.3%増の597組、重量9.3%減の97㌧、金額9.0%減の4億6,600万円。粉末冶金型は数量1.4%減の5,229組、重量2・2%減の44㌧、金額4・4%減の5億2,000万円。

内製型は13.0%減の54億2,400万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比10.1%減の5,734組、金額は前年同月比13.0%減の54億2,400万円となった。
プレス型=数量1、154組(同30.1%減)、金額10億2,200万円(52.9%減)。鍛造型=2,419組(0.4%減)、金額9億7,100万円(16.6%増)。鋳造型=数量43組(0・4%減)、金額1億900万円(94.6%増)。ダイカスト型=数量119組(17.8%増)、金額6億5,000万円(0・5%減)。
プラスチック型=数量522組(17.8%減)、金額24億800万円(8.2%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(-)。ゴム型=数量97組(27・6%増)、金額2億200万円(17.4%増)。粉末冶金型=数量1,020組(2.5%増)、金額6,100万円(17.3%増)。

金型新聞 平成26年(2014年)7月2日号

関連記事

工業統計から読む 日本の金型の競争力

 かつて世界一の生産額を誇り、“金型大国”と呼ばれていた日本の金型産業。ピーク時には、年間で2兆円近い金型を日本で生産していた。しかし2000年以降、自動車や電機といったセットメーカーの相次ぐ海外移転による国内需要の減少…

7月の金型生産実績

7月の金型生産実績

前年同月比15.3%増の316億4,800万円 プレス型は30・7%増、プラ型は11・9%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年7月の金型生産実績をまとめた。それに…

汎用機で技能伝承

汎用機で技能伝承

若手に金型づくりの基礎 NC操作、発想力育む  金型メーカーで汎用機を社員教育に活用する動きが広がっている。黒田精工では汎用機を設備した研修施設を新設。昭和精工やチバダイスでも汎用機をベースとした人材育成に力を入れている…

3月の金型生産実績

3月の金型生産実績

前年同月比11.6%増の385億3,100万円 プレス型は9・1%増、プラ型は8・8%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年3月の金型生産実績をまとめた。それによる…

【国内金型メーカーアンケート】「足元の業況と未来を拓く次の一手」<br>6割がリーマン超え

【国内金型メーカーアンケート】「足元の業況と未来を拓く次の一手」
6割がリーマン超え

課題はさらなる顧客開拓  金型新聞はこのほど、国内の金型メーカー112社に「足元の業況と未来を拓く次の一手」についてアンケート調査を実施した。その結果、60%を超す会社が、自動車業界の好調などを背景に、好調だったリーマン…

トピックス

関連サイト