金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

06

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】2021年3月 0.1%増の417億4,200万円

プレス型は3.5%増、プラ型は6.9%増

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2021年3月の金型生産は、前年同月比0.1%増の417億4,200万円となった。前月比では62.4%増と大きく伸長した。数量は前年同月比0.6%増、前月比では12.3%の大幅増の4万7,152組、重量は前年同月比35.1%の大幅増、前月比でも224.7%増の2万1,224トンと大きく伸びた。

プレス用金型は、数量が前年同月比3.7%増加、金額は同3.5%の198億500万円となった。重量ベースでは同59.2%増の144億9,400万円と大きな伸びを示し、プレス用金型の大型化を窺わせる。

プラスチック用金型は数量が前年同月比3.5%増、金額では同6.9%増(前月比46.7%増)の137億900万円と大幅増。鋳造用金型も同70.0%増の10億300万円、前月比では2.5倍を超える大幅な増加となった。

一方、鍛造用金型は前月比では12.1%増加しているが、前年同月比では28.6%減の19億200万円と16カ月連続の2桁減。ゴム用金型は同18.1%減の6億5,900万円。ダイカスト用金型も同16.5%減の39億1,800万円と11カ月連続で前年を下回っているが、前月比では23.8%増と2月に続きプラスに転じた。粉末冶金用金型は同22.0%減(前月比では8.4%増)の5億4,600万円。ガラス用金型は同28.1%減の2億円となった。

金型新聞 2021年6月10日

関連記事

金型も緊急事態<br> 新型コロナ

金型も緊急事態
新型コロナ

受注相次ぎキャンセル部品調達しにくく  新型コロナウイルスの感染拡大が金型業界にも大きな影響を及ぼしている。金型新聞社が全国の金型メーカーを対象に実施したアンケート調査では、半数以上の企業が「受注が延期もしくはキャンセル…

2月の金型生産実績

2月の金型生産実績

前年同月比 5.7%増の361億1,900万円 プレス型は9.5%増、プラ型は2.7%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年2月の金型生産実績をまとめた。それに…

導入の裾野広がる
―5軸加工特集―

精度・操作性が進化  金型メーカーに5軸加工機がかなり浸透してきた。制御技術や干渉チェック機能の向上、精度アップなど工作機械が進歩し、安心して使える機能が充実してきたからだ。だが何より、CAD/CAMの進化が大きい。多く…

進化への岐路
2020年 日本の金型

 2020年の金型業界はコロナ禍に翻弄された年になった。自動車産業を始めとしたユーザーの生産減や開発遅延などにより、金型需要は減少し、景況は悪化した。一方で、これまでと同じような活動ができないことで、ビデオ会議システムや…

パンチ工業 22年3月通期見通し

売上高を上方修正 自動車関連に復調気配 パンチ工業(東京都品川区、03-6893-8007)はこのほど、2022年3月期通期の売上高が前年比18・2%増の384億円になる見通しだと発表した。15.2%増を見込んでいた従来…

関連サイト