金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

26

新聞購読のお申込み

8月の金型生産実績

前年同月比5.4%増の288億400万円
プレス型は17.1%増、プラ型は10.8%減
金型生産金額の推移
金型生産数量の推移

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年8月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)8.3%増の4万9,545組、重量は6.7%増の1万1,390㌧、金額は5.4%増の288億400万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量15.5%増の9,844組、重量5.6%増の6,265㌧、金額17.1%増の114億1,200万円。鍛造型は数量0.0%の9,673組、重量1.8%減の710㌧、金額3.4%増の22億9,900万円。鋳造型は数量1.7%減の409組、重量20.7%減の245㌧、金額24.1%減の5億7,900万円。ダイカスト型は数量15.0%増の720組、重量45.0%増の1,633㌧、金額20.5%増の37億8,500万円。
プラスチック型は数量11.4%増の3,041組、重量3.5%減の2,252㌧、金額10.8%減の92億円。ガラス型は数量0.0%の1万8,865組、重量4.5%減の105㌧、金額5.1%減の2億600万円。ゴム型は数量127.9%増の1,080組、重量34.3%増の137㌧、金額63.0%増の7億4,500万円。粉末冶金型は数量32.4%増の5,913組、重量7.5%増の43㌧、金額23.8%増の5億7,800万円。

内製型は2.8%減の68億9,100万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比24.4%増の6,963組、金額は前年同月比2.8%減の68億9,100万円となった。
プレス型=数量3,046組(同77.1%増)、金額25億3,000万円(100.9%増)。鍛造型=2,437組(5.4%増)、金額10億3,400万円(0.4%増)。鋳造型=数量31組(55.7%減)、金額8,500万円(54.8%減)。ダイカスト型=数量130組(9.7%減)、金額9億9,300万円(3.9%増)。
プラスチック型=数量435組(21.5%減)、金額19億5,900万円(143.1%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量239組(175.0%増)、金額2億5,700万円(45.2%増)。粉末冶金型=数量686組(5.4%減)、金額3,300万円(17.5%減)。

金型新聞 平成27年(2015年)11月14日号

関連記事

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比7.0%増の345億5,500万円 プレス型は6.3%減、プラ型は19.2%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

【金型生産実績】2020年12月 19.7%減の305億800万円

プレス型は25.1%減、プラ型は11.9%減 2020年12月の金型生産は、前年同月比19.7%減の305億800万円となった。前月比では1.6%増加した。数量は前年同月比0.8%の微増(前月比は6.9%増)で4万953…

金型取引適正化へ<br>経産省が報告書

金型取引適正化へ
経産省が報告書

分割支払いや契約書面化  金型取引の適正化に向けた動きが本格化してきた。昨年12月に経済産業省がまとめた報告書で、発注時点での分割支払いについて言及したほか、契約内容の書面化徹底を促すなど金型取引の改善に向け、原則を示し…

重要度増す測定機器

重要度増す測定機器

職人技から計測へ 金型メーカーが測定機器の設備を充実させている。製品形状の高度化が一段と高まり、複雑・多様・緻密化され、加えて新商品導入の短縮と海外生産の比重が高くなるユーザーニーズに応えることが発端になっている。リーマ…

2022年の鍛圧機械受注見通し 3840億円に上方修正

日本鍛圧機械工業会(北野司会長、アイダエンジニアリング常務)はこのほど、2022年の鍛圧機械受注額が前年比15.8%増の3840億円になると発表した。当初予想から440億円上方修正した。国内外ともにEV(電気自動車)関連…

トピックス

関連サイト