金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

13

新聞購読のお申込み

1月の金型生産実績

前年同月比 7.1%増の309億1,900万円

プレス型は14.1%増、プラ型は1.9%増

金型暦年実績(10年の推移)
金型生産〈1月〉

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年1月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)9.3%増の5万767組、重量は28.1%増の1万4,764㌧、金額は7.1%増の309億1,900万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量10.1%増の9,396組、重量37.6%増の9,175㌧、金額14.1%増の122億6,400万円。鍛造型は数量6.6%増の11,869組、重量3.9%増の719㌧、金額0.1%減の24億4,100万円。鋳造型は数量5.0%減の344組、重量2.9%増の248㌧、金額17.0%減の5億1,300万円。ダイカスト型は数量6.9%増の758組、重量10.4%増の1,704㌧、金額5.3%増の38億3,000万円。
プラスチック型は数量14.4%減の2,662組、重量3.4%増の2,651㌧、金額1.9%増の103億6,100円。ガラス型は数量10.7%増の1万8,927組、重量17.9%増の112㌧、金額1.7%減の2億2,600万円。ゴム型は数量3.4%増の1,192組、重量11.8%増の114㌧、金額22.0%増の7億2,200万円。粉末冶金型は数量29.7%増の5,619組、重量28.1%増の41㌧、金額28.6%増の5億6,200万円。

内製型は1.5%減の86億2,300万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比6.1%増の6,485組、金額は前年同月比1.5%減の86億2,300万円となった。
プレス型=数量2,378組(同16.6%増)、金額37億5,300万円(21.6%増)。鍛造型=2,568組(6.5%増)、金額11億1,500万円(12.2%増)。鋳造型=数量37組(24.5%減)、金額8,300万円(71.8%減)。ダイカスト型=数量139組(18.7%減)、金額10億7,200万円(19.1%減)。
プラスチック型=数量486組(17.1%減)、金額23億6,200万円(17.6%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量169組(148.5%増)、金額2億2,600万円(37.2%増)。粉末冶金型=数量708組(10.3%減)、金額3,600万円(18.2%減)。

金型新聞 平成28年(2016年)4月18日号

関連記事

金型取引適正化へ<br>経産省が報告書

金型取引適正化へ
経産省が報告書

分割支払いや契約書面化  金型取引の適正化に向けた動きが本格化してきた。昨年12月に経済産業省がまとめた報告書で、発注時点での分割支払いについて言及したほか、契約内容の書面化徹底を促すなど金型取引の改善に向け、原則を示し…

金型に押し寄せるCASE

 100年に一度の変革期と言われる自動車業界。それを語るときに欠かせないキーワードが「CASE」だ。「C=コネクテッド(つながる)」、「A=オートノマス(自動運転)」、「S=シェア(共有)」、「E=エレクトリック(電動化…

【金型生産実績】2021年5月 14.6%減の226億1,600万円

プレス型は27.8%減、プラ型は10.6%減 2021年5月の金型生産は、前年同月比14.6%減の226億1,600万円となった。前月比では15.6%減と落ち込んだ。数量は前年同月比35.5%増と大幅に増加したものの、前…

金型12月生産実績 前年同月比15.9%増の269億1,500万円

プレス型は45.6%増、プラ型は2.2%減 2022年1月の金型生産は、前年同月比15.9%増の269億1,500万円となった。前月比では14.2%減。数量は前年同月比6.9%増で、前月比では20.6%減の3万4,708…

2013年 金型メーカーの工作機械設備投資

広がる設備強化 国内17%増、海外23%増  国内外の金型メーカーは昨2013年、日本製工作機械を約510億円設備投資した。1台当りの工作機械を仮に2000万円とすると、2550台の投資をしたことになる。目的は、金型生産…

関連サイト