金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

06

新聞購読のお申込み

9月金型生産実績 前年同月比11.4%増の348億8600万円

プレス用金型は29.1%増、プラ用金型は5.1%増

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2022年9月の金型生産は、前年同月比11.4%増の348億8,600万円と大幅に増えた。前月比では36.0%増とこちらも大幅増。数量は前年同月比4.1%減、前月比でも1.5%減の3万7,785組、重量は前年同月比7.3%増となり、前月比でも28.7%増の1万3,511トンとなった。前年同月比でも前月比でも増加しており、回復基調に入ったか。

プレス用金型の金額は174億6,500万円で前年同月比29.1%増と大幅な伸長。前月比では81.0%の大幅増で、前月減少した反動か。数量も前年同月比で6.0%の増、前月比でも25.4%の大幅増。重量ベースでは前年同月比14.0%増、前月比で48.1%の増。9月はプレス金型がけん引した。

プラスチック用金型は、金額が108億5,800万円で前年同月比5.1%増となった。前月比では1.0%の微減。数量は前年同月比1.2%減(前月比では5.1%の増加)、重量は同1.6%増(前月比では5.4%減)となった。

ダイカスト用金型は前年同月比10.4%減の33億300万円、鍛造用金型も同5.6%減の16億4,400万円。

粉末冶金用金型も同37.1%減の3億6,400万円、鋳造用金型は同38.5%減の3億7,500万円で前年同月から大きく減少した。

ゴム用金型は同8.5%増の6億7,600万円、ガラス用金型は同1.5%増の2億100万円と前年を上回った。

金型新聞 2022年12月10日

関連記事

新型コロナ<br>受注、生産への対策は

新型コロナ
受注、生産への対策は

 コロナウイルスによる影響が広がる中で、金型メーカーはどう考え、どのような対策をとっているのか。新規開拓、他分野に進出、資金確保、働き方の見直しなど様々な手を打ち始めている。受注、生産面でそれぞれの対策と、今回のコロナ禍…

10月の金型生産実績

10月の金型生産実績

前年同月比9.6%減の300億6,800万円 プレス型は26・9%減、プラ型は6・3%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年10月の金型生産実績をまとめた。それによ…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比 0.4%減の345億3,500万円 プレス型は4.4%増、プラ型は6.3%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

導入の裾野広がる
―5軸加工特集―

精度・操作性が進化  金型メーカーに5軸加工機がかなり浸透してきた。制御技術や干渉チェック機能の向上、精度アップなど工作機械が進歩し、安心して使える機能が充実してきたからだ。だが何より、CAD/CAMの進化が大きい。多く…

ー測定機器ー<br>精度・スピードが進化、活用領域が拡大

ー測定機器ー
精度・スピードが進化、活用領域が拡大

付加価値生み差別化  金型メーカーのなかで、測定を重視する動きが広がっている。かつては「生産に貢献しないもの」とされてきた測定だが、測定技術の進歩によって品質の安定化や、生産性の向上など活用の領域が広がりつつあるからだ。…

関連サイト