金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

26

新聞購読のお申込み

2017年12月の金型生産実績

前年同月比 0.3%増の343億1,900万円

プレス型が11.6%増、ダイカスト型は9.6%増

金型生産10年の推移 金型生産1年の推移(17.12月)

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年12月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)24.8%減の4万1,533組、重量では16.1%増の1万3,737㌧、金額は0.3%増の343億1,900万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量19.3%減8,767組、重量27.2%増の7,715㌧、金額11.6%増の135億9,100万円。鍛造型は数量3.8%減の9,062組、重量7.3%増の864㌧、金額1.0%減の26億2,600万円。鋳造型は数量1.1%減の385組、重量18.7%減の248㌧、金額12.8%減の5億1,900万円。ダイカスト型は数量9.5%減の724組、重量13.1%増の1,781㌧、金額9.6%増の43億9,900万円。

プラスチック型は数量27.3%減の3,065組、重量2.0%増の2,846㌧、金額11.2%減の116億5,300万円。ガラス型は数量42.3%減の1万3,480組、重量14.7%減の110㌧、金額17.3%減の2億100万円。ゴム型は数量10.9%減の1,106組、重量6.7%増の135㌧、金額0.8%減の8億2,000万円。粉末冶金型は数量0.6%増の4,944組、重量0.0%の37㌧、金額3.2%減の5億1,000万円。

内製型は13.2%減91億5,300万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比12.5%減の7,085組、金額は前年同月比13.2%減の91億5,300万円となった。

プレス型=数量2,442組(同33.4%減)、金額31億6,300万円(同5.1%減)。鍛造型=2,850組(同7.0%増)、金額13億8,400万円(同2.4%増)。鋳造型=数量23組(同47.7%減)、金額6,200万円(同56.3%減)。ダイカスト型=数量162組(同12.9%減)、金額15億1,400万円(9.7%増)。

プラスチック型=数量569組(17.37%減)、金額26億4,900万円(33.9%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量220組(同3.1%減)、金額3億3,300万円(同12.5%増)。粉末冶金型=数量819組(31.5%増)、金額4,900万円(同44.1%増)。

金型新聞 平成30年(2018年)3月10日号

関連記事

2013年10月金型生産(数量、重量、金額)データ

12月の金型生産実績

12月の金型生産実績

前 年同月比 4.4%増の342億600万円 プレス型は9.1%減、プラ型は18.3%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年12月の金型生産実績をまとめた。それ…

ー今年を振り返ってー<br>金型の国内回帰強まる

ー今年を振り返ってー
金型の国内回帰強まる

円安が後押し 海外との住み分け明確に  金型業界は回復を続けている。2015年の1―9月累計の金型生産額は前年同期比で9・3%増の2865億円となった。まだリーマンショック前のピークに比べ8割弱の水準だが、金型メーカーが…

2013年 金型メーカーの工作機械設備投資

広がる設備強化 国内17%増、海外23%増  国内外の金型メーカーは昨2013年、日本製工作機械を約510億円設備投資した。1台当りの工作機械を仮に2000万円とすると、2550台の投資をしたことになる。目的は、金型生産…

待ちから攻めへ

待ちから攻めへ

方向見極め、変化し攻める  昨年は補助金や投資減税などアベノミクスによる諸施策が奏功し、まだら模様ながら日本の製造業を明るいものにした。円安で輸出型の大手企業を中心に業績急回復。金型業界にもその影響は波及しつつあり、複数…

トピックス

関連サイト