機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

23

新聞購読のお申込み

6月の金型生産実績

前年同月比 3.7%減の331億9,500万円

プレス型は10.5%減、プラ型は2.4%増

金型暦年実績(10年の推移)

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年6月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)5.1%減の4万8,707組、重量は0.9%増の1万3,085㌧、
金額は3.7%減の331億9,500万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量20.1%減の9,109組、重量3.6%増の7,348㌧、金額10.5%減の120億8,400万円。鍛造型は数量17.8%減の9,797組、重量11.6%減の765㌧、金額8.4%減の24億5,400万円。鋳造型は数量0.3%減の424組、重量12.9%減の228㌧、金額1.3%増の4億5,800万円。ダイカスト型は数量7.5%減の644組、重量4.1%増の1,743㌧、金額4.8%増の42億9,800万円。

プラスチック型は数量6.4%増の3,468組、重量2.1%減の2,714㌧、金額2.4%増の123億1,500円。ガラス型は数量10.5%増の1万9,077組、重量2.4%増の126㌧、金額6.5%減の2億4,400万円。ゴム型は数量13.3%増の1,378組、重量14.2%減の121㌧、金額10.7%減の7億8,000万円。粉末冶金型は数量5.9%減の4,810組、重量5.0%減の38㌧、金額32.7%減の5億2,700万円。

内製型は17.5%減の85億9,100万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比14.6%減の6,812組、金額は前年同月比17.5%減の85億9,100万円となった。

プレス型=数量2,253組(同30.2%減)、金額24億5,400万円(38.4%減)。鍛造型=2,839組(5.4%増)、金額12億7,600万円(8.6%増)。鋳造型=数量45組(15.4%増)、金額8,900万円(11.3%増)。ダイカスト型=数量173組(15.3%増)、金額16億1,700万円(13.8%増)。

プラスチック型=数量511組(21.1%増)、金額28億6,200万円(15.9%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量192組(17.9%減)、金額2億5,800万円(14.3%減)。粉末冶金型=数量799組(18.8%減)、金額3,500万円(32.7%減)。

金型新聞 平成28年(2016年)9月10日号

関連記事

1月の金型生産実績

1月の金型生産実績

前年同月比3.9%増の265億1,300万円 プレス型は6・3%増、プラ型は6・3%減   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年1月の金型生産実績をまとめた。それによ…

9月の金型生産実績

9月の金型生産実績

前年同月比 0.4%減の345億3,500万円 プレス型は4.4%増、プラ型は6.3%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年9月の金型生産実績をまとめた。それによる…

3月の金型生産実績

3月の金型生産実績

前年同月比11.6%増の385億3,100万円 プレス型は9・1%増、プラ型は8・8%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年3月の金型生産実績をまとめた。それによる…

ー今年を振り返ってー<br>金型の国内回帰強まる

ー今年を振り返ってー
金型の国内回帰強まる

円安が後押し 海外との住み分け明確に  金型業界は回復を続けている。2015年の1―9月累計の金型生産額は前年同期比で9・3%増の2865億円となった。まだリーマンショック前のピークに比べ8割弱の水準だが、金型メーカーが…

汎用機で技能伝承

汎用機で技能伝承

若手に金型づくりの基礎 NC操作、発想力育む  金型メーカーで汎用機を社員教育に活用する動きが広がっている。黒田精工では汎用機を設備した研修施設を新設。昭和精工やチバダイスでも汎用機をベースとした人材育成に力を入れている…

トピックス

関連サイト