機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

16

新聞購読のお申込み

4月の金型生産実績

前年同月比 4.7%減の295億1,100万円

ゴム型は27.5%増、プレス型は20.4%減

金型生産10年の推移 金型生産1年の推移(4月)

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員30人以上)による2017年4月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)28.2%減の3万8,941組、重量では9.9%減の1万1,356㌧、金額は4.7%減の295億1,100万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量6.2%増9,083組、重量21.4%減の5,575㌧、金額20.4%減の92億300万円。鍛造型は数量19.4%減の9,036組、重量5.1%増の821㌧、金額8.4%増の26億5,700万円。鋳造型は数量18.0%減の458組、重量11.7%減の248㌧、金額6.0%減の6億2,200万円。ダイカスト型は数量0.1%減の739組、重量5.3%減の1,572㌧、金額3.1%増の40億2,300万円。

プラスチック型は数量12.4%減の3,309組、重量13.6%増の2,855㌧、金額3.9%減像の113億6,300万円。ガラス型は数量55.3%減の1万557組、重量9.6%減の113㌧、金額5.4%減の2億4,300万円。ゴム型は数量6.4%減の1,088組、重量19.3%増の136㌧、金額27.5%増の8億8,000万円。粉末冶金型は数量2.6%減の4,671組、重量2.7%減の36㌧、金額7.4%増の5億2,100万円。

内製型は3.2%減の70億2,000万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比8.9%減の6,167組、金額は前年同月比3.2%減の70億2,000万円となった。

プレス型=数量1,741組(同19.4%減)、金額15億1,600万円(40.0%減)。鍛造型=2,794組(同2.5%減)、金額14億3,500万円(34.5%増)。鋳造型=数量47組(同46.9%増)、金額1億100万円(同46.4%増)。ダイカスト型=数量152組(7.8%増)、金額13億6,100万円(16.3%増)。

プラスチック型=数量523組(17.3%増)、金額22億4,100万円(4.9%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量202組(1.5%減)、金額3億3,000万円(同38.7%増)。粉末冶金型=数量708組(23.2%減)、金額3,500万円(同20.4%減)。

金型新聞 平成29年(2017年)7月4日号

関連記事

7月の金型生産実績

7月の金型生産実績

前年同月比 1.8%減の311億7,400万円 プレス型は16.7%減、プラ型は18.4%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年7月の金型生産実績をまとめた。それに…

金型取引適正化へ<br>経産省が報告書

金型取引適正化へ
経産省が報告書

分割支払いや契約書面化  金型取引の適正化に向けた動きが本格化してきた。昨年12月に経済産業省がまとめた報告書で、発注時点での分割支払いについて言及したほか、契約内容の書面化徹底を促すなど金型取引の改善に向け、原則を示し…

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー<br>「金型への熱い思い」

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー
「金型への熱い思い」

挑戦や協働にやりがい 技術向上し、多能工目指す  本紙では4月から5月にかけて、全国の金型メーカーで働く20代から40代までの若手従業員102人を対象に、「金型に対する熱い思い」をテーマとし仕事や会社、業界に対する意識調…

新金型産業ビジョン<br>6つのテーマから金型業界の未来を考える

新金型産業ビジョン
6つのテーマから金型業界の未来を考える

逆境乗り越え、攻め 需要の国内回帰広がる  厳しい経営環境が続いてきた日本の金型業界。 しかし、 ここに来て円安によるユーザーの国内回帰や、一部で需給バランスが改善するなど、好転の兆しも見え始めた。 過酷な時期を乗り越え…

10月の金型生産実績

10月の金型生産実績

前年同月比 5.2%増の315億7,300万円 プレス型は21.8%増、プラ型は4.2%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年10月の金型生産実績をまとめた。それに…

トピックス

関連サイト